ビーナスベッドのオンラインショップへ

おすすめのポケットコイルマットレスは?特徴・品質の見極め方・長持ちさせる方法も解説

公開日:2020.05.13

更新日:2021.07.30

お役立ち情報
Pocket
LINEで送る

ポケットコイルマットレスとは、コイルスプリングの独立構造を特徴とするマットレスです。この記事では、ポケットコイルマットレスの特徴、メリットとデメリット、ボンネルコイルやノンコイルのマットレスとの違いを解説します。

さらに、良質なポケットコイルマットレスの選び方、長持ちさせるお手入れについても紹介しているので、マットレス選びに悩んでいる人はぜひ参考にしてください。


ポケットコイルマットレスとは?

ポケットコイルマットレスとは、コイルスプリングを一つひとつ不織布の袋に入れて独立させた構造のマットレスです。袋に入れた状態のコイルを立てて並べており、面ではなく点で身体を支えます。コイルが一つずつ独立した構造になっているため、他のコイルの動きに連動しにくいことが特徴です。

コイルが一つずつ独立した構造になっているポケットコイルマットレス。

ポケットコイルマットレスのメリット

ポケットコイルマットレスは、どのような寝心地なのでしょうか。ここでは、メリットを解説します。

体圧分散性が高く身体に負担がかかりにくい

点で身体を支えるポケットコイルマットレスは、かかる重さが大きい部分は深く、小さい部分は浅く沈むという特徴があります。そのため、腰や背中など身体の重い部分への負担を軽減する「体圧分散性」が高いです。また、身体の自然なラインに程良くフィットし、理想的な寝姿勢に導きます。

点で身体を支えるポケットコイルマットレスは、腰や背中など身体の重い部分への負担を軽減する「体圧分散性」が高い。

弾力性があり寝心地がいい

高反発マットレスなどは身体をしっかりと支えますが、寝心地が少し硬いと感じる人もいます。ポケットコイルマットレスは、身体の重さごとに程良い弾力性で支えるため、寝心地がいいことが特徴です。

ポケットコイルマットレスは程良い弾力性で支えるため、寝心地がいいことが特徴。

寝返りがうちやすい

適度な弾力があるため、自然に立つようなラインに身体をキープします。腰部分だけが沈むため、寝姿勢が「く」の字になりません。そのため、寝返りがうちやすく、睡眠中の負担を軽減します。

ポケットコイルは寝返りがうちやすく、睡眠中の負担を軽減してくれる。

一緒に寝ていても振動が伝わりにくい

コイル同士が独立しているため、振動が隣の人に影響せず、睡眠を妨げないこともメリットです。パートナーの寝返りが多い場合や、就寝時間の違いなどのストレスも軽減できるでしょう。

ポケットコイルマットレスのデメリット

ポケットコイルマットレスのデメリットを解説します。購入する前に確認しておきましょう。

コイルの数が少ないと耐久性が低い

点で支える独立構造により、お尻など重い部位を支えるコイルには特に負荷がかかります。そのため、コイルの数が少ないと負荷がより大きくなってしまい、耐久性の低下につながります。

湿気対策が必要

一つひとつのコイルを不織布の袋に入れた構造で、あまり通気性に優れていないことがデメリットです。日本は湿度の高い環境のため、こまめに湿気を逃がすなどの劣化防止対策が必要となるでしょう。

処分が大変

スプリングが多いため非常に重く、移動させるだけでも労力がかかります。スプリングマットレスに共通することですが、構造上分解することもできません。粗大ごみの対象外であることもあり、処分には手間がかかります。

ポケットコイルとボンネルコイルとの違いは何?

ボンネルコイルはポケットコイルと違い、スプリング同士が連結されています。そのため、独立した点ではなく面で身体を支える構造です。ポケットコイルと比較すると、一般的に硬めの寝心地となっています。

連結により負荷を分けあうため耐久性が高く、袋に入っていないので通気性もいいことがメリットです。しかし、連結構造ゆえに振動が全体に伝わりやすく、横揺れしやすいというデメリットもあります。

ノンコイル系(低反発・高反発)マットレスとの違いは?

ノンコイル系マットレスとは、ウレタンフォームやファイバーを使用したスプリングのないマットレスです。大きく分けると、低反発と高反発があります。

低反発マットレスは包み込まれるような寝心地が魅力ですが、寝返りがうちにくいことがデメリットです。また、高反発マットレスは硬めの寝心地でしっかりと身体を支えますが、自然なカーブへのフィット感が少ないと感じる人もいます。

質のいいポケットコイルマットレスの選び方

ポケットコイルマットレスの選び方を紹介します。寝心地が良く、長持ちするものを選びましょう。

ポケットコイルマットレスは、ポケットコイルの数が多いほど耐久性や体圧分散性が増す。

コイルの種類・品質の見方

購入の際は、コイルの種類や配列などを調べ、品質のいいものを選びましょう。コイルの線材は太いほど寝心地がしっかりします。一般的には1.9mmの線径が「ふつう」の寝心地です。ポケットコイルの数が多いほど耐久性や体圧分散性が増します。同じ間隔で並べる「並行配列」より、隙間を埋めるように並べる「交互配列」のほうがコイルの数は多くなるでしょう。

また、ソフトな寝心地の円筒型や樽型、しっかりした寝心地の円錐型、しっかりしつつソフト感もある砂時計型など、コイルの形状も寝心地のポイントです。さらに、コイルに焼き入れ処理を施してあるものは耐久性がアップします。

通気性の良さ・防ダニ・防臭加工があるか

重量のあるマットレスは、なかなか屋外に干せません。そのため、定期的な裏返しや屋内での陰干しで湿気対策をします。通気性のいい作りであることはもちろん、裏返しやすいかもポイントに選びましょう。湿気がこもるとダニや臭いが出やすいため、防ダニ・防臭加工がしてあると安心です。

正しい姿勢で仰向け・横向きで寝られるか

店頭でマットレスを選ぶなら、実際に横になって寝心地を確認してみましょう。柔らかさやフィット感だけでなく、正しい寝姿勢がとれているかもチェックします。仰向けの場合は立っているときに近い、自然なカーブを保った状態、横向きの場合は背骨がまっすぐで歪まない状態が正しい寝姿勢です。

店頭でポケットコイルマットレスを選ぶなら、実際に横になって寝心地を確認するとよい。

良質な詰め物・側生地を使っているかも重要

スプリングと身体の間に入る詰め物や側生地の品質も重要です。詰め物に使われる一般的な素材はラテックスやウレタンで、より厚みや密度があるほうが良質とされています。最も表になる側生地は、クッション性のあるキルトやなめらかなヴィスコースなど、肌あたりの良さを基準にしましょう。

ポケットコイルマットレスを長持ちさせるためのポイント

マットレスの快適な寝心地をキープするお手入れについてまとめました。お手入れの際の参考にしてください。

定期的に干す

湿気は寝心地の悪化や臭いの原因になりやすいです。マットレスは定期的に干して湿気をためないようにしましょう。移動させるのが難しければ、壁に立てかけて陰干しするだけでも違いが出ます。

ポケットコイルマットレスは定期的に干して湿気をためないようにしましょう。

表・裏を1ヶ月ごとに入れ替える

マットレスを定期的に裏返すことは湿気対策だけでなく、コイルにかかる負荷を分散して寝心地を保つことにもつながります。入れ替えの際には上下も逆になるよう返しましょう。頻度は約1ヶ月が目安です。

ベッドパッド・マットレスプロテクターを使用する

ベッドパッドは中綿の入った厚みのある布で、シーツとマットレスの間に敷き、マットレスへ寝汗が染み込むのを防ぎます。洗濯できるため、衛生面でも安心な湿気対策です。また、マットレスプロテクターは防水や防ダニ加工の素材でマットレスを包み込むもので、汚れやダニ、カビの防止に役立ちます。

マットレスの保護にはベッドパッド・マットレスプロテクターを使用するのが効果的。

除湿シートを敷く

除湿シートは、吸湿に優れた素材でできたシートで、ベッドの床板とマットレスの間に敷きます。マットレスから放湿しきれなかった湿気を吸い込んでくれるアイテムです。センサーで湿気のたまり具合がわかるものが多く、干せば繰り返し使えて便利です。洗濯できるタイプを選ぶと、衛生面でもより安心でしょう。

おすすめのポケットコイルマットレス

国産ポケットコイルマットレスはお手頃価格で高品質なものを使いたい人におすすめなマットレスです。

国産ポケットコイルマットレス

購入者の満足度96%という人気のマットレスです。硬鋼線よりも規格が厳しいピアノ線のスプリングを使用し、強度や品質を高めました。詰め物にはウレタンフォームや防臭・防菌加工を施した綿などを使用し、側生地は肌触りのいい綿100%となっています。お手頃価格で高品質なものを使いたい人におすすめです。

サータマットレス「ペディック 30th アニバーサリーDX」はこちら

サータ・ペディック 30th アニバーサリーDX

全米ホテルベッドシェアNO.1を誇るSerta(サータ)。日本での販売30年を記念したマットレスをベストプライスでお届けいたします。3ゾーンポケットコイル交互配列。一番加重のかかる腰臀部と腰掛けるケースの多い両サイド2列に少し太めの線形2.0mmコイルを配置し補強する事でバランスの良い加重分散と耐久性アップを実現しています。

まとめ

ポケットコイルマットレスの特徴や品質の見分け方、お手入れ方法について解説しました。 「 ビーナスベッド 」 のショールームでは、国産・海外ブランドのさまざまなベッドを常時100台以上取り揃えています。良質の睡眠をもたらすポケットコイルマットレスはもちろん、枕などの寝具も豊富です。

ショールームの快眠アドバイザーとネットショップの専門スタッフが、50年以上の歴史によるノウハウで寝具選びをサポートします。 充実のネットショップや日本最大級のショールームで、最高に快適なポケットコイルマットレスを見つけてください。

また、 当店ではベッドやマットレスをご購入いただくと、設置場所までの移動と開梱、組立設置、大量に出るダンボールや発泡スチロールなどの梱包資材の処分まで、配送員が全ての作業を無料で行います。 時間の節約にもなり、組立に自信がない方も安心です。新しいベッド・マットレスを購入し、今まで使っていたベッドやマットレスが要らなくなった方向けの『ご不要ベッド・マットレス引取りオプション(有料)』もあります。

オンラインショップでは専門のスタッフがマットレス選びをお手伝いしますので、ぜひご利用ください。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す