ビーナスベッドのオンラインショップへ

カビの生えた部屋で寝るとどうなる?身体へのリスクとカビ対策などについて詳しく解説

公開日:2023.04.28

更新日:2023.11.13

睡眠 10,900 views

梅雨などの湿気が多い時期になると、部屋にカビが生えるのではないかと気になる人は多いのではないでしょうか。なかには、カビが生えた部屋で寝ると、身体にどのような影響があるのか不安に感じている人もいるでしょう。空気中に浮遊しているカビの胞子は、吸引するとアレルギーや感染症などの健康被害につながる可能性があるので注意が必要です。

そこで今回は、カビが生えた部屋で寝るリスクと、カビの発生を抑える方法を紹介します。カビの除去方法も紹介しているので、すでにカビが生えている場合も、ぜひ参考にしてみてください。


※当サイトで紹介している商品の中には一部アフィリエイト広告を利用しているものがあります。


カビの部屋で寝ると身体にどんなリスクがある?

カビが繁殖した部屋で寝ると、空気中に漂うカビの胞子を吸い込むことで、アレルギー疾患や感染症などを引き起こす可能性があります。具体的には、以下のような疾患が挙げられます。

  • アレルギー性鼻炎
  • 夏型過敏性肺炎
  • シックハウス症候群
  • 気管支肺アスペルギルス症
  • 真菌感染症 など

咳や鼻水、のどの痛みなどの症状が見られる場合は、部屋に繁殖したカビが原因となっていることが考えられます。このように、カビは健康被害につながるため、部屋にカビの繁殖がある場合は適切な方法で除去しなければなりません。

空気中に漂うカビの胞子を吸い込むことで、アレルギー疾患や感染症などを引き起こす可能性があります。

そもそもカビとは

カビは、酵母やキノコと同じく真菌と呼ばれる微生物の一種であり、約10万種類以上あるといわれています。カビは糸のような「菌糸」と「胞子」から成り立っており、胞子を空気中にまき散らすことで繁殖します。なかには、人体に影響がないカビも存在しますが、病気の原因となる種類もあるので注意が必要です。


カビが発生しやすい条件

カビは湿度・温度・栄養分の条件がそろったときに繁殖が進みます。カビの繁殖を抑えるには、発生条件がそろわない環境をつくることが大切です。ここからは、カビが発生しやすい条件を見ていきましょう。

①湿度

カビが発生しやすい湿度は70%といわれていますが、60%以上でも発生する可能性が十分にあります。さらに湿度が80%を超えると、繁殖スピードは高まるといわれています。梅雨など湿気が部屋にこもりやすい時期は、カビの繁殖が広がりやすいため、換気などの対策が必須です。

カビが発生しやすい湿度は70%といわれています。

②温度

カビが発生しやすい温度は、15~30℃とされており、季節を問わず繁殖する恐れがあります。なかでも25~28℃が最も繁殖に適した温度といわれているため、梅雨から秋口の時期は特に注意が必要です。

③栄養分

カビは食べかすやほこり、ダニなどを栄養分として繁殖します。髪の毛や皮脂なども栄養分になるため、汚れがたまるとカビが繁殖するリスクが高まります。カビの繁殖を抑えるには、栄養分を与えないように定期的に掃除することが大切です。

要注意!カビが発生しやすい場所5選

家には、カビの発生条件を満たす箇所が多くあります。ここでは、カビが発生しやすい場所を紹介します。

水回り

トイレや洗面所、キッチン、お風呂といった水回りは、カビが発生しやすい場所の一つです。他の場所よりも湿度が高くなりやすく、石鹸かすや食べかす、皮脂といった栄養分も豊富にあります。カビの発生条件がそろわないように、定期的に換気や掃除をすることが大切です。

トイレや洗面所、キッチン、お風呂といった水回りは、カビが発生しやすい場所の一つです。

収納部

クローゼットや押し入れなどの収納は、締め切っていることが多いため、温度や湿度が高くなる傾向があります。また、収納しているものが多いほど掃除が行き渡らず、カビの栄養となるほこりがたまりやすくなります。

カビの繫殖を抑えるには定期的な掃除はもちろんのこと、クローゼットや押し入れの扉を開けて空気を入れ替えたり、収納量を調整したりすることが大切です。

寝具類

マットレスや敷き布団などの寝具類も、カビが発生しやすいので注意が必要です。マットレスや敷き布団には、寝汗や昼夜の気温で発生する結露が染み込んでいます。また、髪の毛や皮脂、ほこりなどの栄養分も蓄積されると、カビが繁殖しやすい条件がそろってしまいます。

カビを発生させないためにも、少なくとも週に1度は干し、髪の毛やほこりなどを取り除きましょう。

家具の裏側

タンスや食器棚などの家具の裏側にも、カビが繁殖している恐れがあります。家具の裏側は通気性が悪いうえに、掃除がしにくいため、カビが好む湿気や栄養分がたまりやすい環境です。家具を壁から離して空気の通り道をつくったり、家具の裏を定期的に掃除をしたりすることで、カビの繁殖が抑えられるでしょう。

天然のい草でできている畳は、カビが発生しやすい場所の代表例です。天然のい草には、湿気を取り込む性質があるため、湿度が高いほどたくさんの湿気を吸収し続けてしまいます。加えて、食べかすや皮脂が畳に蓄積されることで、カビにとって快適な環境となってしまうのです。

畳にカビが繁殖しないようにするには、定期的に部屋の換気をしたり掃除で汚れを取り除いたりすることが大切です。


カビを予防するための対策

カビの繁殖を予防するには、湿気や栄養分となる汚れを取り除くことが大切です。ここでは、カビを予防するための対策を紹介します。

定期的に掃除をする

カビは、食べかすや髪の毛、皮脂、ほこりなどを栄養分とします。そのため、小まめな掃除で汚れを取り除くと、カビの繁殖を抑えることにつながります。床や壁などだけでなく、見落としやすい家具の裏側や隙間も忘れずに掃除しましょう。

定期的に掃除をしましょう。

風通しを良くしておく

カビの予防には、風通しを良くして室内の湿度を下げることも大切です。

締め切った部屋や空気に触れる部分が少ない家具の裏側は、湿気がたまり、カビの繁殖に適した環境となってしまいます。定期的に換気をして空気を入れ替えたり、家具を壁から離して空気の通り道をつくったりすることで、湿気がたまらないようにしましょう。

寝具類を週1回程度干す

マットレスや敷き布団を干す頻度は、週に1回程度が理想的です。空気にさらすことで、こもった湿気を取り除く効果が期待できます。

重くて干せない場合は、布団乾燥機を活用するのがおすすめです。ただし、寝具を干したり布団乾燥機を使ったりするだけでは、カビの栄養となる髪の毛やダニの死骸が残ってしまうことがあります。髪の毛やダニの死骸は、掃除機や布団クリーナーを活用して忘れずに取り除きましょう。

布団乾燥機の効果や使い方は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

フケ・アカ・髪の毛・ダニの糞・死骸などが水溶性であるため、ドライクリーニングでは効果が得られません。布団の素材によっては、水洗いができないものがあるため、素材の確認は必ず行いましょう

カビ対策用のアイテムを使用する

除湿シートや除湿剤といったカビ対策用のアイテムを活用するのもよいでしょう。例えば、マットレスや敷き布団の下に除湿シートを敷くと、汗などの湿気を吸い込んでくれるため、カビ予防に効果的です。カビ対策用のアイテムを使えば、布団を干したり掃除したりする負担の軽減にもつながるでしょう。

通気性が良い寝具を選ぶ

マットレスや敷き布団は、湿気がたまりやすく、日々のお手入れも簡単ではありません。布団を定期的に干すことに負担を感じている人は、通気性のよい寝具を使いましょう。通気性のよい寝具を選ぶと、お手入れの負担を減らしながらカビの繁殖も抑えられるでしょう。

マットレスを選ぶ際は、高反発ファイバータイプやスプリングタイプを中心に探すのがおすすめです。通気性の良いマットレスの特徴や選び方は、こちらの記事で紹介しています。

カビが生えたときはどうすればいい?

カビが生えた部屋で寝ると、健康被害につながるため、可能な限り早く対処することが大切です。最後にカビが生えたときの対処法を紹介します。

市販のカビ剤を使用する

部屋の壁や床にカビが生えたときは、除菌用のアルコールを使って落とせる場合があります。自分でカビを除去する場合は、胞子を吸引したりカビ剤で手がかぶれたりしないように、マスクと手袋を必ずつけましょう。アルコールを使ったカビ除去の手順は以下の通りです。

  1. 窓を開けて換気をする
  2. カビに消毒用アルコールを吹きかける
  3. 3~5分ほど放置する
  4. 乾いた雑巾で拭き取る
  5. 乾燥させる

アルコールは水に弱いため、濡れた雑巾で拭くと効果が薄まってしまいます。アルコールを使っても落ちない場合は、除菌効果の高い漂白剤を使いましょう。ただし、漂白剤は色落ちの原因となる場合もあるので、使用する場所や素材との相性は必ず確認しましょう。

ハウスクリーニングにお願いする

カビが広範囲に繁殖している場合や、自分で除去が難しい場合は、ハウスクリーニングを依頼しましょう。無理にカビを取り除こうとして胞子を吸ったり、対処できず放置したりすると、健康被害につながる可能性があります。カビの除去だけでなく、防カビ処理も行ってくれる業者を選ぶと、再び繁殖するリスクも抑えられるでしょう。

布団クリーニングへ依頼をする

布団のカビがひどい場合はクリーニング業者や買い替えも検討しましょう。布団をクリーニングに出す際は、寝具の取り扱いやカビの除去に対応している店舗かどうか事前に確認することが大切です。 また、「宅配クリーニング」に依頼すれば、自分で重い布団を持ち運びする手間がかからず大変便利です。

カジタク(布団クリーニング)

KAJITAKU(保管付ふとん丸洗い3点パック)

「カジタク」の布団クリーニングは満足度97%・安心のイオングループが運営している家事の宅配サービスです。申込みも集荷も自宅で簡単に出来て、返却後は新品のようなふわふわ仕上がりの布団をすぐに使えます。

1点1点丁寧に検品・シミ抜き等行い、それぞれにあった洗濯方法でクリーニング。丸ごと水洗いでしっかり殺菌洗浄、70℃の高温乾燥でダニやアレルゲン物質も除去してくれるので、布団のダニでお困りの方やアレルギー体質の方にもおすすめです。

+1,100円で最長9ヶ月、温度・湿度管理された専用保管倉庫で保管してくれるオプションを利用すればオフシーズンの布団の湿気・カビ発生の心配もなく、家の収納スペースを有効活用できます。また、万が一仕上がりに満足できなかった場合でも到着から14日以内に連絡すれば無料で再仕上げしてくれる保証制度もあって、とても便利で安心です。

カジタクが選ばれる4つのポイント

  1. 自宅引き取りで持ち込みの手間なし
  2. 羽毛布団もふわふわな仕上がりに
  3. 最長9ヶ月保管のオプションあり
  4. 返却から14日以内なら無料で再仕上げ

※当サイトをご覧になっている方限定で5%OFFのスペシャルクーポンを発行していただいています。

申し込みをする際にカート画面で次のクーポンコードをコピーして貼り付けてください!

venusbed5

カジタク (布団クリーニング) はこちら

まとめ

カビが生えた部屋で寝ると、空気中に漂うカビの胞子を吸い込むことで、アレルギー疾患や感染症などの健康被害を引き起こす可能性があります。そのため、定期的に掃除や換気をしたり寝具を干したりして、カビの繁殖を予防することが大切です。

カビの繁殖が見られた場合は、除菌用のアルコールや漂白剤を使って除去したり、ハウスクリーニングに依頼したりするなど、健康被害につながる前に早めに対処しましょう。

おすすめ記事

  • 腰痛におすすめのマットレスとは?選び方や注意ポイントも紹介
  • 枕なしで寝るのはOK?メリット・デメリットや質のよい睡眠環境を整えるコツを解説
  • 寝る前のコーヒーは睡眠改善に効果的?よりよい睡眠のために知っておきたい正しい飲み方
  • 横向き寝の人におすすめなマットレスとは?正しい選び方やおすすめ商品を紹介
  • マットレスにそのまま寝るのはNG?何を敷くのが正解?原因と対処法を解説
  • 寝ている時にビクッとなるのはどうして?原因と対策を紹介
  • 寝具専門店がおすすめする高反発マットレス8選!比較ランキングや選び方も紹介
  • ストレートネックの改善におすすめの枕7選|枕選びのポイントも紹介

寝具専門店おすすめのマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレスは、 硬めのウレタンフォームがしっかりと身体を支えつつ、厚み2cmの中綿入りキルティングカバーによりフィット感のある寝心地を実現したマットレスです。

業界トップクラスの反発力73%の高弾性ウレタンが自然な寝返りをサポートしてくれるため、肩こりや腰痛、寝起きの疲れなどのお悩みをお持ちの方にもおすすめです。

キルティングカバーは夏面(吸汗速乾わた使用)と冬面(吸湿発熱わた使用)に分かれているため、1年中快適にご使用いただけます。防ダニ・抗菌・防臭加工を施しており、耐久性も高く、ロール状に三つ折りが可能など、マットレスに欲しい機能を全て詰め込んだ高品質・高機能マットレスに仕上がっています。圧縮梱包でお届けしますので、搬入の心配もいりません。

雲のやすらぎプレミアムマットレス

「雲のやすらぎプレミアムマットレス」 は「リモートワークで腰痛になった」「寝ても疲れがとれない」などのお悩みのある方におすすめな極厚17cm・5層構造のマットレスです。

まるで浮いているような寝心地の秘密は腰・背中・お尻などの負担を徹底研究してつくられた独自の体圧分散製法。また、夏は通気性・防ダニ・抗菌・防臭、冬は抜群の弾力・保温力・吸収力を発揮してくれるリバーシブル設計で、オールシーズン快適。安心の日本製で、へたりにくさ99.9%も実証済。さらにカバーも取り外して洗える新機能を搭載。

寝具業界では最長水準の100日間の返金保証キャンペーンも実施中。まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

エマ・マットレス

商品リンク

「エマ・マットレス」は「寝ている時に腰の痛みで目が覚める」「寝るまでに時間がかかる」「十分に寝ていても疲れを感じる」といった悩みをお持ちの方におすすめなマットレスで、体圧分散性の高さと、通気性の良さが特徴です。寝返りもしやすいので身体の一点に負荷がかかることも少なくなります。

「エマ・マットレス」には100日のお試し期間が設けられているので気軽に試すことが出来るのもポイントです。耐用年数が高く、10年保証も付いているので、安心して購入することができます。

NELLマットレス

「NELLマットレス」は「株式会社Morght」と老舗マットレス会社が共同開発したポケットコイルマットレスです。腰部分に硬めのポケットコイルを配置することで睡眠中の自然な寝返りをサポートしてくれるので、寝ている間に体にかかる負荷を軽減してくれます。また、薄いウレタンと不織布を交互に重ねた詰め物を使用ているので、通気性がよく、寝ている間の深部体温を下げ、気持ちのよい眠りを実現してくれます。

商品が到着してから120日のトライアル期間が設けられているのも嬉しいポイントです。特に、マットレスは実際に何日間か試してみないと寝心地などがわからないので、自分に合うマットレスを探している人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

SOMRESTA マットレス PREMIUM

商品リンク

「SOMRESTAマットレスPREMIUM」は欧米有名ブランドにも劣らない高品質で、日本人に合った寝心地と豊富な機能を持ったプレミアム高反発マットレスです。

高い吸放湿性や消臭・抗菌防臭・防ダニ・低ホルムアルデヒドなどマットレスにあると安心の機能がたくさん詰め込まれています。キルティングカバーも外して洗うことが可能なので、衛生的に使用することができるのも嬉しいポイントです。また、日本のメーカーが企画から生産指示、輸入、直売まで一貫して行うため余計なコストが全てカットされており、 高品質でありながらお買い求め易いお値段になっています。

睡眠不足や不眠、腰痛、肩こり、寝つきが悪い、しっかり寝たはずなのに翌朝疲れている、などのお悩みがある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す