ビーナスベッドのオンラインショップへ

マイクロファイバークロスでベッド下のホコリ対策|ベッド下の掃除法・グッズ教えます!

2020.07.22お役立ち情報

Pocket
LINEで送る

マイクロファイバークロスとは、極細の繊維を使用して作られた掃除用の道具のことです。ベッドを購入する際に、ベッド下にホコリが気になる人は多いです。この記事では、ベッド下の掃除の方法やマイクロファイバークロスの使い方などを紹介します。ベッド下のほこりのない快適な寝室にしましょう。

マイクロファイバークロスとは?

マイクロファイバークロスとは、ナイロンやポリエステルを原料とした拭き掃除用のクロスのことです。最大の特徴は8マイクロメートル以下ともいわれる極細の繊維です。静電気が発生しやすくホコリをしっかりと吸着します。

静電気が発生しやすくホコリをしっかりと吸着しやすい拭き掃除用のマイクロファイバークロス

マイクロファイバークロスでできること

マイクロファイバークロスは、水で濡らし固く絞って拭くだけで簡単に使えます。ここでは、具体的にマイクロファイバークロスでできることを解説します。

水で濡らし固く絞って拭くだけで簡単に使えるマイクロファイバークロス

ホコリが拭き取れる

フローリングや網戸などのホコリがしっかりと拭き取れます。フローリングは水拭きをすることで、落ちにくい黒ずみが取れる効果もあります。網戸など汚れがひどい場所は、使い古しのものを使いホコリなどを落とした後で、別のクロスで仕上げをするなどがおすすめです。

手アカ汚れが拭き取れる

マイクロファイバーで水拭きすれば、手垢汚れが綺麗に拭き取れます。手で触れる機会の多い窓や鏡などには手アカがたくさん付着しています。家具・家電・テーブルなどについた手垢も拭き取れます。

水アカ汚れが拭き取れる

蛇口・シンク・お風呂の鏡などの水アカが、綺麗に拭き取れます。蛇口・シンク・お風呂の鏡などについた水アカは、こすってもなかなか取れにくいです。クロスで水拭きした後で、雑巾などで乾拭きすると綺麗になります。

油汚れが拭き取れる

キッチンやテーブルに付着した油汚れが拭き取れます。油汚れは、水拭きするだけでも綺麗に落ちますが、汚れがひどい場合は台所用の中性洗剤を1滴たらしてから拭き取ると、さらに綺麗に拭き取れます。

マイクロファイバークロスの性質

マイクロファイバークロスの性質について解説します。

吸水性がよく乾きやすい

マイクロファイバークロスは、繊維のなかに隙間があることが特徴です。この隙間に水を溜め込めるため、吸水性に優れています。逆に、吸湿性が低く速乾性があるため、絞るだけですぐに乾きます。

汚れ・ホコリがしっかり取れる

マイクロファイバーを使えば、汚れ・ホコリがしっかり取れます。マイクロファイバーの繊維の断面はとがっており、そのとがった断面で汚れを絡め取ります。絡めとった汚れを繊維の隙間でしっかりとらえるため、洗剤を使わなくても綺麗に掃除できます。

繰返し洗って使える

マイクロファイバークロスは、水洗いすることで繰り返し使用できます。製品によっては耐久性が低いものもありますが、正しい手入れをすれば長く使用できます。使用後にきちんと洗い、乾かしましょう。

熱に弱い

マイクロファイバーは、熱に弱いため、料理するときなど火を使う際には注意が必要です。コンロ・オーブン・ストーブなどのそばには置かないようにしましょう。洗った後に乾燥機にかけるのもやめておきましょう。

柔らかいものには傷がつきやすい

マイクロファイバーの繊維は尖っていることから、柔らかいものに使用すると傷がつきやすいです。漆器などの塗り物は傷がつく可能性があるため、マイクロファイバークロスの使用は避けましょう。床材など堅いものは傷がつきにくいですが、こすり過ぎには注意です。

マイクロファイバークロスの使い方・お手入れ法

マイクロファイバークロスの使い方・お手入れ方法について解説します。

マイクロファイバークロスの使い方とお手入れ方法をご紹介

よく洗って乾かす

マイクロファイバークロスは、中性洗剤を使い、手洗いまたは洗濯機で洗いましょう。洗濯機を使用する場合は、他の衣類を傷つけないように洗濯ネットを使うことをおすすめします。よく洗い、よく水気を絞って乾かしましょう。

乾燥機は使わず陰干しにする

洗濯後は、乾燥機を使わず陰干しにします。乾燥機の使用がよくない理由は、熱に弱いためです。直射日光の熱も生地の劣化の原因となるため、注意が必要です。

柔軟剤は使わない

洗濯後に、柔軟剤は使わないようにしましょう。マイクロファイバークロスに柔軟剤を使うと、生地はふんわりした状態になりますが、吸水力が衰えてしまいます。

臭いが気になったら漂白する

臭いが気になる場合は、酸素系漂白剤を使用して漂白しましょう。40℃くらいのお湯に酸素系漂白剤を溶かし、マイクロファイバークロスを20分漬け置きします。水ですすぐなど、通常の手入れを行い、しっかり乾かしましょう。

マイクロファイバークロスを使ったベッド下の掃除法

マイクロファイバークロスを使ったベッド下の掃除法を解説します。ベッド下に掃除機のヘッドが入るくらいのスペースがあるベッドであれば、掃除が簡単です。

1.家具のホコリを取る

掃除は上から下へ順に進めていくのが基本です。ベッド下の掃除をする前に、ハンディモップなどを使用し、家具の上にたまったホコリを取り除くことから始めましょう。

掃除は上から下へ順に進めていくのが基本です

2.ベッド下のホコリを取る

柄の長いフロアモップなどを使用し、ベッド下のホコリを取っていきます。その際、ホコリが立たないように気を付けて、丁寧に拭き取ることがポイントです。

柄の長いフロアモップなどを使用し、ベッド下のホコリを取る

3.ベッド下に掃除機をかける

ベッド下に掃除機をかけて仕上げを行ないます。ホコリが立たないように気をつけましょう。掃除機以外にも、ロボット掃除機を使用すると便利です。ロボット掃除機を使用する際には、ベッドの高さに気をつけましょう。

ベッド下に掃除機をかけて仕上げを行う

ベッド下の掃除におすすめのマイクロファイバークロス3選

マイクロファイバークロスは雑巾として扱えます。ベッド下の掃除に便利なフロアモップにマイクロファイバークロスをつけて使用しましょう。ここでは、おすすめのマイクロファイバークロスを3つ紹介します。

スコッチブライト マイクロファイバーモップ|スリーエムジャパン

ヘッドが180度回転し、立てて使用もできるため、隙間の汚れも拭き取れます。2種類のファイバーでホコリも簡単にとれ、から拭きと水拭きの両方が1本でできます。

激落ちクロス|レック

洗剤を使用せずに汚れを落とせるクロスです。高密度かつ高品質な超極細繊維を使用しており、油汚れやホコリ、水滴をすばやく拭き取れます。から拭きと水拭きの両方で使用できます。

マイクロファイバー クリーニングクロス|Amazonベーシック

ソフトな素材で、日常的な部屋の掃除以外にも、洗車など幅広く使用できます。吸水性が失われないため、繰り返し洗って使用できます。

掃除機のヘッドが入る高さのベッドを選びましょう!

マイクロファイバークロスは、極細の繊維でできていることから、ベッド下の汚れやホコリもすばやくふきとれます。掃除機のヘッドが入る高さのベッドを選ぶことで、掃除がしやすくなり、ベッド下にホコリがたまるのを簡単に防げます。

日本最大級のベッドショールームをもつ専門店「ビーナスベッド」では、さまざまなデザイン、機能のベッドを用意しています。ベッド下の掃除が必要のないベッドもたくさん揃えています。ぜひ、ベッド選びにご利用ください。