ビーナスベッドのオンラインショップへ

おすすめのポケットコイルマットレス10選!選び方や他のコイルマットレスとの違いも紹介

公開日:2023.11.15

更新日:2024.02.05

おすすめ商品 900 views

ポケットコイルマットレスは、コイルスプリングの独立構造を特徴とするマットレスのことです。程よい弾力があり、寝心地がいいという評判があります。

本記事では、おすすめのポケットコイルマットレスと選び方、ボンネルコイルマットレスとの違いなどを紹介しています。マットレスを探している方は、参考にしてみてください。


※当サイトで紹介している商品の中には一部アフィリエイト広告を利用しているものがあります。


【厳選】おすすめのポケットコイルマットレス3選!

まずは、ベッド・寝具の専門店ビーナスベッドが自信を持っておすすめできるポケットマットレスをご紹介していきます。後半にもおすすめのポケットコイルマットレスを紹介していますが、中でも厳選したものを3つピックアップしているので、「早くおすすめを知りたい!」という方はチェックしてみてください。

NELLマットレス

「NELLマットレス」は「株式会社Morght」と老舗マットレス会社が共同開発したポケットコイルマットレスです。腰部分に硬めのポケットコイルを配置することで睡眠中の自然な寝返りをサポートしてくれるので、寝ている間に体にかかる負荷を軽減してくれます。また、薄いウレタンと不織布を交互に重ねた詰め物を使用ているので、通気性がよく、寝ている間の深部体温を下げ、気持ちのよい眠りを実現してくれます。

商品が到着してから120日のトライアル期間が設けられているのも嬉しいポイントです。特に、マットレスは実際に何日間か試してみないと寝心地などがわからないので、自分に合うマットレスを探している人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

区分 ポケットコイルマットレス
サイズ シングル:95×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
クイーン:160×195cm
キング:190×195cm
価格 シングル:75,000円
セミダブル:90,000円
ダブル:105,000円
クイーン:130,000円
キング:150,000円
厚み 21cm
硬さ ふつう
お試し期間 120日間
保証期間 10年間

POINT

※現在「NELL マットレス」シングル~キングまでの全サイズが15%OFF(最大22,500円 割引)になる「新生活SALE」を開催しているので、気になる方はこのタイミングで購入するのがおすすめです!

▽ 開催期間 ▽
2024年2月9日(金) 00:00 ~
2024年3月24日(日) 23:59

COUPON

現在、当サイトをご覧になっている方限定で「NELLマットレス」10%OFF のスペシャルクーポンを発行していただいています。

※ 商品を購入する際、カート画面で次のクーポンコードを入力してください!

venusbed

POINT

※現在、クーポンコード入力で「NELL マットレス」シングル~キングまでの全サイズが15%OFF(最大22,500円 割引)になる「“Happy New Life” SALE 2023」を開催しているので、気になる方はこのタイミングで購入するのがおすすめです!

▽ 開催期間 ▽
2023/2/10(金)12:00 ~ 2023/3/26(日)23:59

※ 商品を購入する際、カート画面で次のクーポンコードをコピーして貼り付けてください!

happynewlife2023

POINT

※当サイトをご覧になっている方限定で「NELL マットレス」全サイズ10%OFFのスペシャルクーポンを発行していただいています。(最大15,000円 割引)

商品を購入する際、カート画面で次のクーポンコードをコピーして貼り付けてください!


venusbed

  • 弊社のスタッフが実際にNELLマットレスを試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

サータ ペディック 30th アニバーサリーDX

全米ホテルのベッドシェアトップクラスのブランド

全米ホテルベッドシェアトップクラスを誇るSerta(サータ)。日本での販売30年を記念したマットレスをベストプライスでお届けいたします。3ゾーンポケットコイル交互配列、耐久性を考慮した2種類のコイル、3列のヘルシーエアーレット、体圧を分散する7層構造など、サータの持てる技術を詰め込んだ日本製のマットレスです。

一番荷重のかかる腰や臀部の部分、腰かけるケースの多い両サイド2列には少し太めのポケットコイルを配列しており、バランスの良い荷重分散と腰掛け時の落ち込み防止、耐久性の向上を実現しています。

この商品の詳細はこちら

ビーナスベッド 国産ポケットコイルマットレス

「国産ポケットコイルマットレス」は当店「ビーナスベッド」で人気No.1のオリジナルマットレスです。体を「点」で支えてくれるので、体圧が分散されリラックスした状態の寝姿勢を保つことができ、背中や腰、肩などへの負担が軽減されます。また、 構造的に振動が伝わりにくいため、大切な方の眠りを妨げにくいのも特長です。

硬鋼線よりも規格が厳しいピアノ線のスプリングを使用し、強度や品質を高めました。詰め物にはウレタンフォームや防臭・防菌加工を施した綿などを使用し、側生地は肌触りのいい綿100%となっています。

区分 ポケットコイルマットレス
サイズ セミシングル:80×195cm
シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
ワイドダブル:150×195cm
クイーン:160×195cm
キング:180×195cm
+各種ロングサイズ(長さ207cm)のご用意もあります。
価格 セミシングル:36,900円
シングル:44,800円
セミダブル:52,800円
ダブル:59,800円
ワイドダブル:68,800円
クイーン:73,800円
キング:77,800円
厚み 20cm
硬さ ふつう
お試し期間 なし
保証期間 なし
  • 快眠ハック」様のこちらの記事で「国産ポケットコイルマットレス」のレビューが紹介されました!

ポケットコイルマットレスって?

コイルを使用したマットレスは、大きく「ポケットコイルマットレス」と「ボンネルコイルマットレス」の2種類に分けられます。

厳密には、「高密度連続スプリングマットレス」と呼ばれるものもありますが、これはフランスベッドが開発した独自のマットレスなので、基本的には 「ポケットコイルマットレス」と「ボンネルコイルマットレス」の2種類だと思っておいて問題ありません。

ポケットコイルマットレスは、コイルスプリングが独立しているマットレスです。ひとつひとつのコイルが不織布に包まれており、身体を面ではなく点で支えてくれます。コイル同士が連結されていないため、他のコイルの動きに連動しにくいという特徴があります。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスのメリットとは?

ポケットコイルマットレスは、体圧分散性が高く身体に負担がかかりづらいというメリットがあります。マットレスが点で身体を支えてくれるため、身体の重みに応じて沈み込みが変わります。体重が重くかかる部分が深く、軽い部分は浅く沈むため、身体にフィットして圧力を分散してくれるのが特徴です。

また、ポケットコイルマットレスには程よい弾力性があります。弾力性があると身体を重さに支えてくれ、寝返りが打ちやすくなります。コイルがひとつひとつ独立しているため、寝返りを打ったり2人で寝たりしても振動が伝わりづらいのがメリットです。

体圧分散性

ポケットコイルマットレスのデメリットとは?

ポケットコイルマットレスはひとつひとつのコイルが点で支えているため、コイルの密度が少ないと耐久性が低いというデメリットがあります。特にお尻など身体の重い部分を支えるところは、コイルへの負荷がかかりやすくなるため注意が必要です。

またコイルを不織布の袋に入れた構造であるため、通気性に優れていません。カビなどを防ぐために頻繁に部屋の空気を入れ替えたり、マットレスを干したりすることが大切です。


ポケットコイルとボンネルコイルとの違い

ここでは、ポケットコイルとボンネルコイルの違いを説明します。

ボンネルコイルとは

ボンネルコイルはコイル同士が連結されています。そのためマットレスへの負荷が分散されやすく、ポケットコイルより耐久性を期待できます。また、ポケットコイルと比較すると、一般的に寝心地が硬めです。

ボンネルコイル

ポケットコイルとボンネルコイルの比較

ポケットコイルとボンネルコイルは、以下のような違いがあります。


ポケットコイルボンネルコイル
振動の伝わりやすさ伝わりにくい伝わりやすい
体圧分散性高め低め
耐久性低め高め

それぞれの違いを把握して好みのものを選ぶとよいでしょう。

ボンネルコイルが合う人

ボンネルコイルは、点ではなく面で身体を支えているため安定感があります。そのため、腰痛に悩む方や体重の重い大柄な方におすすめです。またボンネルコイルは通気性がよいという特徴があります。暑がりで汗をかきやすい小さな子供や、硬めの寝心地が好みの方はボンネルコイルを選ぶとよいでしょう。

ポケットコイルと高密度連続スプリング®との違い

ボンネルコイルのデメリットを改善したマットレスに、高密度連続スプリング®という種類があります。高密度連続スプリング®は、国内で唯一フランスベッドだけが生産しているスプリングです。

ここでは、ポケットコイルと高密度連続スプリング®を比較してみましょう。

高密度連続スプリング®とは

高密度連続スプリング®とは、一列がつながった鋼線によって高密度に編み込まれたスプリング(コイル)のことです。ボンネルコイルマットレスの揺れや体圧分散性の低さを改善した製品で、耐久性が高いという特徴があります。

ポケットコイルと高密度連続スプリング®の比較

ポケットコイルと高密度スプリング®を比べると、以下のような違いがあります。


ポケットコイル高密度連続スプリング®
振動の伝わりやすさ伝わりにくいやや伝わりやすい
体圧分散性高めやや高め
耐久性低めとても高め

高密度連続スプリング®はボンネルコイルのデメリットを改善し、特に耐久性に優れているマットレスです。

高密度連続スプリング®が合う人

高密度連続スプリング®は通気性がよく、耐久性が高いというメリットがあります。そのため、マットレスの蒸れが気になる方やしっかりとした寝心地が好きな方に適しているマットレスです。

ポケットコイルやボンネルコイルのマットレスと比べると価格が高いため、予算に余裕がある方は高密度連続スプリング®を検討するとよいでしょう。

ポケットコイルマットレスに関する3つの疑問

ポケットコイルマットレスを選ぶにあたって、気になる3つの疑問について解説します。

通気性が悪い?

ポケットコイルマットレスを購入するにあたって、通気性の悪さが気になる方がいるかもしれません。ポケットコイルマットレスのコイルはひとつひとつ布に包まれているため、ボンネルコイルなどと比べると通気性が劣ります。

カビなどを防ぐために、定期的な裏返しや屋内での陰干しなど湿気対策を行うことが重要です。

また、ポケットコイルマットレスの中には、マットレスの側面に通気性を高める通気孔が付いているタイプもあります。通気孔が付いているタイプを選べば、通気性のデメリットは解消されるでしょう。

マットレスを干す

すのこベッドと相性が悪い?

すのこベッドの注意書きに、「マットレスのコイルがすのこの間に入ることで破損する」などと書かれていることがあります。

確かにコイルの直径がすのこの隙間よりも小さい場合、コイルが隙間に入り込んでしまう可能性はゼロではありません。しかし、一部のコイルだけに過剰な重みがかかるといったことは考えにくいため、一般的な使い方をしていればあまり起きない現象といえるでしょう。

日本人はポケットコイルが好き?

ポケットコイルマットレスは、日本人になじみやすい傾向があります。ボンネルコイルの場合、コイルが連結しているために揺れを感じやすいというデメリットがあります。日本人の中にはボンネルコイルの揺れが受け入れにくいという方がいて、ポケットコイルを好む方が多いです。

質のいいポケットコイルマットレスの条件

ここでは、質のいいポケットコイルマットレスを選ぶにあたって確認すべき条件を8つ紹介します。

①コイルの密度

ポケットコイルマットレスは、コイルで身体を支えています。そのためコイルの数が多いほど荷重分散性が高くなる傾向があります。コイルの数が少なければ、身体を十分に支えきれない可能性があります。耐久面を重視するのであれば、コイルの数が多いものを選ぶのがおすすめです。シングルサイズであれば、コイル数が450個以上のものを選ぶとよいでしょう。

②コイルの配列

マットレスの寝心地を、コイルの配列方法で調節している場合があります。配列には、「並行配列」と「交互配列」があります。

「並行配列」はコイルを並行に並べたマットレスです。ソフトな寝心地になりやすいという特徴があります。一方「交互配列」はコイルを隙間なく交互に配列するため、寝心地が硬めです。

スプリングの配列の種類

③コイルの線種

マットレスを選ぶときは、コイルの線種を確認してみるとよいでしょう。ポケットコイルのバネには「硬鋼線(こうこうせん)」と「ピアノ線」の2種類があります。一般的にピアノ線のほうが、硬鋼線より耐久性が高い傾向がありますが、硬鋼線でも質の良いものを選べば、耐久性は十分といえるでしょう。

線種は「SWRH 72 B C」といった形で表現されています。

例えば「SWRH 72 B C」の場合、以下の意味を表します。

SWRH硬鋼線(SWRH)を使用
72反発力(数値が高くなればなるほど反発力が高い)
B耐久性(AよりBのほうが耐久性が高い)
C強度(AよりB、BよりCのほうが強度が高い)

④コイルの線径

コイルの線径とは、バネの太さのことです。線径が太いほど反発力が高まり、しっかりとした寝心地になります。逆に細ければ細いほど荷重に対してしなやかに反応します。「線径2.0mm以上あれば太い線径」と捉えるとよいでしょう。寝心地は線径だけでなくコイルの密度や配列にもよって異なりますが、選ぶ際の基準のひとつとして確認してみてください。

⑤コイル高

コイル高とは、ポケットコイル自体の高さのことです。コイル高が高くなればなるほど、体圧分散性が高くなります。ふんわりした寝心地を好む方は、コイル高が高いマットレスを選ぶとよいでしょう。

一般的にはコイル高が140〜170mmであれば、標準的な高さといえます。170cmより高ければクッション性が高く、140cmより低ければ底つきを感じやすくなります。

⑥コイルの巻き数

コイルの巻き数とは、バネが巻かれている回数のことです。コイルが巻かれる間隔はマットレスの硬さに影響します。巻の間隔が狭いほどやわらかく、広がるほど硬くなる傾向があります。ふんわりとしたマットレスを好む方は、コイルの巻の間隔が狭いマットレスを選ぶとよいでしょう。

⑦コイルの圧縮率

コイルの圧縮率は、バネをポケットに入れるときに圧縮される割合です。コイルの圧縮率が高いほど、耐久性が高くなります。価格が低いポケットコイルマットレスは圧縮率も10%台と低めになっていることが多いです。安いマットレスは、バネの圧縮率を弱めてコイルを高く見せている可能性があります。

コイルの圧縮

⑧保証期間・内容

マットレスを購入する際は、保証期間と保証内容・保証可能条件もしっかりとチェックしておくとよいでしょう。保証内容や条件によっては購入時のレシートが必要であったり、特定の部品のみを保証対象としている場合があります。

店舗によってはマットレスを試す期間が設けられているケースもあるため、購入の失敗を避けたい方は「お試し期間」を活用するのもおすすめです。

ポケットコイルマットレスの仕様の違いもチェックしよう

ポケットコイルマットレスを購入する際は、以下のような仕様の違いを確認しておきましょう。

片面仕様or両面仕様

マットレスには、片面・両面の仕様の違いがあります。片面仕様は裏面に詰め物がないためコストが抑えられるという特徴があります。

一方両面仕様は表と裏をローテーションして寝る面を変えられるため、長期間の使用が可能です。裏面にも詰め物がある分、底つきを感じにくいというメリットもあります。

ゾーニング仕様

ゾーニングとは、マットレス面の場所によって硬さを変える仕様のことです。マットレスの端を強化するために、外側に硬いコイルが配置されている場合があります。

例えばマットレスによっては、中央に太めのコイルを集中させることで、負担のかかりやすい腰部分の反発力を高める工夫がされています。また、マットレスの外周付近に太めのコイルを使って端部分の沈み込みを抑えるのも、ゾーニング仕様の効果です。ゾーニング構造によって、2人で寝ても寝心地の良さを保ちやすくなるというメリットがあります。

マットレスのゾーニング
マットレスのゾーニング

圧縮梱包or非圧縮梱包

マットレスは、届けられる際の梱包の違いによって商品の価格が変わります。梱包の方法には「圧縮梱包」と「非圧縮梱包」があります。

「圧縮梱包」はマットレスを圧縮して小さく梱包する方法です。サイズが小さくなるため、配送コストを下げられるというメリットがあります。

「非圧縮梱包」は圧縮しない分、配送コストを抑えられずコスパが悪いという特徴があります。一方で圧縮できないパーツを搭載できるうえ、届いたときから本来のハリを保っているというメリットがあります。

ポケットコイルマットレスを選ぶ時のポイント

ここでは、ポケットコイルマットレスを選ぶときのポイントを解説します。

性別の違い

マットレスは、素材やメーカーによって硬さが異なります。性別によって身体のラインの違いがあるため、男女でマットレスの硬さの好みが分かれることが多いです。

一般的には柔らかめのマットレスは女性に向いていて、硬めのマットレスは男性に向いていると言われています。

寝姿勢の違い

マットレスによって沈み込みの深さが異なるため、寝姿勢によって合うタイプが異なります。横向きで寝ることが多い方は柔らかめが向いていて、仰向き寝が多い方は硬めが向いています。自分がよく寝る姿勢からマットレスの硬さを選ぶというのも、ひとつの方法です。

おすすめは「ふつう~少し硬め」

マットレスの硬さを選ぶ際に迷った場合は、「ふつう〜少し硬め」を選ぶとよいでしょう。

一般的には日本人の体型・感覚的には硬いマットレスが好まれる傾向があります。柔らかすぎた場合、あとから硬めに調整するのは難しいかもしれません。硬すぎる場合は、マットレスの上に敷きパッドなどを敷いて調節することが可能です。

正しい寝姿勢で寝られるか

店頭でマットレスを選ぶ場合、可能であれば実際に横になって寝心地を確認するのがおすすめです。実際に寝て見ることで、自分好みの硬さや素材がわかるでしょう。柔らかさやフィット感だけでなく、正しい寝姿勢がとれているかもチェックするのがおすすめです。

ショールーム

ポケットコイルマットレス採用の有名メーカー3選

ここでは、ポケットコイルを採用している有名なマットレスのメーカーを3つ紹介します。

SIMMONS(シモンズ)

Simmons(シモンズ)はアメリカの高級マットレスブランドです。世界で初めてポケットコイルマットレスを販売しました。日本のホテルでも「シモンズ製ベッド」を売りにしているところを見かけたことがある方もいるでしょう。

Simmonsは、睡眠中の身体を支えて正しい姿勢で眠れるマットレスを追及しています。また環境問題にも取り組んでいて、処分に困らない素材を使用しています。

https://www.simmons.co.jp/

Serta(サータ)

Serta(サータ)は「快適な眠り」と「健康の追求」の2つをコンセプトにしたアメリカの高級マットレスブランドです。ヒルトンホテルをはじめとした高級ホテルでも使用されています。

「ファイヤーブロッカー」という燃えにくい特殊素材を搭載しているモデルも多数あり、全米トップクラスの人気を誇ります。

https://www.serta-japan.jp/

日本ベッド

日本ベッドはその名の通り、日本のマットレスブランドです。

帝国ホテルで働いていた創業者がイギリスへ渡ったときに、当時の日本にはなかったベッドで眠る習慣に感銘を受けて寝具の開発を始めたのが始まりです。日本の生活に合うようベッドとマットレスを組み合わせたスタイルを研究し、1926年に創業しました。

https://www.nihonbed.com/

おすすめのポケットコイルマットレス7選!

源ベッド 夜香ハイグレード2 日本製ポケットコイルマットレス

源ベッドの「夜香ハイグレード2」は反発力・耐久性がアップし、より寝返りがしやすくなった日本製ポケットコイルマットレスです。

硬さ違いの3種類の寝心地から選ぶことができ、23cmの厚みでしっかり身体を支えます。端部分は落ち込みにくく設計され、振動も伝わりにくい構造なので、2枚並べての使用もおすすめです。

2色から選べる表地は肌触り優しく、側地には通気性抜群の「one AIR メッシュ」生地、詰め物には防ダニ・抗菌防臭綿「マイティトップ」を採用し、厳しい耐久試験にも合格した安全・安心品質です。両面仕様でローテーションが可能なのも嬉しいポイントです。

GOKUMIN プレミアムスプリングマットレス

GOKUMIN プレミアムスプリングマットレスは、高密度32D・硬め180Nの高反発ウレタンを贅沢にクッション材に使用した厚み20cmのポケットコイルマットレスです。

高密度に配置した496個※の高品質ポケットコイルがきめ細やかに身体を支え、包まれるような寝心地を実現しています。さらに4辺全周に高強度コイルを配置したエッジサポートにより耐久性が増し、どこに腰掛けても型くずれせず、立ち上がりやすい構造となっています。

※シングルサイズでの使用個数

表生地は抗菌・防臭加工付きのプレミアムニット、側生地には通気性抜群のエアメッシュを採用しています。安全安心の低ホルムアルデヒド仕様で、8年間品質保証がついているのも嬉しいポイントです。

雲のやすらぎ 極マットレス

雲のやすらぎ 極マットレスは極厚27cm・13層、完全日本製でこだわりが詰まった高反発ポケットコイルマットレスです。中身の「クラウドMAXウレタン」と「プレミアム高反発コイル」が効率よく体圧分散し、雲の上のような寝心地と寝返り抜群の耐久性を実現しています。

側面にはエアレットを装備し、通気性にも優れています。さらに中綿には防ダニ・防臭作用を持つマイティトップを採用し、衛生面で安心なのも嬉しいポイントです。初めての方限定で60日間返金保証キャンペーンも実施中なので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

ピロートップ仕様 ポケットコイルマットレス HOLLOW(ホロウ)

HOLLOW(ホロウ)は、身体に優しくフィットする5層のピロートップと身体をしっかり支える7層クッションを組み合わせた高級スイートルーム仕様のポケットコイルマットレスです 。

雲のようなふかふかの表面と理想の寝姿勢をつくるポケットコイル(並行配列)が特長で、23cmもの厚みがあるため、底付き感もありません。また、表面はメッシュ生地を使用しているためムレにくくオールシーズン快適です。

ISO9001取得、耐久テスト80,000回クリアなど品質・耐久性にもこだわっており、高品質でありながらリーズナブルな価格帯なのも嬉しいポイントです。

公式サイトはこちら

圧縮ロール ポケットコイルマットレス

身体を点で支えて理想的な寝姿勢をサポートするポケットコイルマットレスです。1つ1つの独立したポケットコイルが心地良い弾力と横揺れの少なさ、優れた耐久性を実現しています。

中材にはポケットコイルの他に綿・ウレタンフォーム・フェルトが使用されており、寝た時に腰や背中を優しく受け止めてくれる上質な寝心地を生み出します。

搬入経路を選ばないコンパクトな圧縮梱包で開封や設置が簡単に行える上に、高品質・低価格なのも嬉しいポイントです。

公式サイトはこちら

neruco 高密度ポケットコイルマットレス

neruco 高密度ポケットコイルマットレスは、ホテルライクな上質な寝心地とリーズナブルな価格が魅力なポケットコイルマットレスです。

20cmの贅沢な厚みの中には、高品質コイルを用いた512個※のポケットコイルが高密度に敷き詰められており、高い体圧分散性とソフトな寝心地を実現しています。

※シングルサイズでの使用個数

表生地には伸縮性のあるニット生地、側生地には通気性抜群な立体メッシュを採用しています。耐久性試験やホルムアルデヒド検査にも合格した安全品質に加えて、安心の5年保証付きなのも嬉しいポイントです。

国産ポケットコイルマットレス
プレジール プレミアム

身体へのフィット感を追求した当店オリジナルの国産ポケットコイルマットレスです。

コイルに「焼き入れ」という熱処理を行わないことで独特なしなやかさに、片面計36mmのウレタン層によってよりふっくらとした贅沢な寝心地に仕上がっています。通気孔がマットレスの左右に付いているため内部に湿気がこもりにくく、耐久性にも優れています。

側生地には竹繊維入りのニット生地、詰め物にはテイジンのマイティトップⅡ®と東洋紡のコンフォロフト®わたを採用しており、防ダニ・抗菌防臭機能があるため、アレルギーの方でも安心なのも嬉しいポイントです。

特長

ポケットコイルマットレスはどうやって処分する?

マットレスはかさばるため、処分の方法に困る方がいるかもしれません。ポケットコイルマットレスを処分したい場合は、基本的には住んでいる自治体指定の方法に従いましょう。一般的には、粗大ゴミとして出すケースが多いです。

また、買い替えする場合は販売店や業者に引き取りをしてもらえる場合があります。

ポケットコイルマットレスの湿気対策も忘れずに

ポケットコイルマットレスは、コイルがひとつずつ不織布に包まれているため、マットレス単体での通気性には優れていません。

カビなどを防止するために、すのこベッドを活用したり除湿シートを併用したりするなど、湿気対策を行うことをおすすめします。

マットレス一体型の脚付きマットレスもおすすめ

マットレスを購入する際には、マットレスとベッドフレームが一体となった脚付きマットレスを検討するのもおすすめです。脚付きマットレスを買えば、ベッドフレームとマットレスを同時購入する手間がかかりません。別々に購入するより予算を抑えやすくなるため、ベッド関連の購入費を抑えたい方は検討してみるとよいでしょう。

脚付きマットレスであれば、厚みがありながらもリーズブルな価格で提供してくれる「タンスのゲン」や厚さ10cmの高反発ウレタンが使われている「アイリスオーヤマ」の「アイリスプラザ」などがおすすめです。

良質な睡眠を得るなら枕の購入も検討しよう

マットレスだけが質の良いものに変わっても、枕が合っていなければ快眠できない可能性があります。良質な睡眠を得たい方は、枕の購入も検討してみてください。

日本の寝具ブランドである「西川」は、体圧を分散させる寝具や医師がすすめる健康枕など、様々なこだわりのもと寝具を開発しています。海外ブランドの枕を選びたい方には、NASAの技術から生まれた低反発素材を開発する寝具ブランド「TEMPUR®️」がおすすめです。

ベッド・マットレスの通販ならビーナスベッドにお任せ!

ベッド・マットレスの購入を考えている方は、ビーナスベッドで選ぶのがおすすめです。国産マットレスから海外マットレスまで、多数の商品を揃えています。サイズや素材から探すこともでき、お気に入りのマットレスを見つけられるでしょう。

まとめ

おすすめのポケットコイルマットレスや、ポケットコイルマットレスを選ぶ際のポイントを解説しました。マットレスはメーカーや種類によって大きく異なります。ポケットコイルマットレスを選ぶときはコイルの密度や片面・両面仕様などに注目して探してみることをおすすめします。

おすすめ記事

  • 腰痛におすすめのマットレスとは?選び方や注意ポイントも紹介
  • 枕なしで寝るのはOK?メリット・デメリットや質のよい睡眠環境を整えるコツを解説
  • 寝る前のコーヒーは睡眠改善に効果的?よりよい睡眠のために知っておきたい正しい飲み方
  • 横向き寝の人におすすめなマットレスとは?正しい選び方やおすすめ商品を紹介
  • マットレスにそのまま寝るのはNG?何を敷くのが正解?原因と対処法を解説
  • 寝ている時にビクッとなるのはどうして?原因と対策を紹介
  • 寝具専門店がおすすめする高反発マットレス8選!比較ランキングや選び方も紹介
  • ストレートネックの改善におすすめの枕7選|枕選びのポイントも紹介

寝具専門店おすすめのマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレスは、 硬めのウレタンフォームがしっかりと身体を支えつつ、厚み2cmの中綿入りキルティングカバーによりフィット感のある寝心地を実現したマットレスです。

業界トップクラスの反発力73%の高弾性ウレタンが自然な寝返りをサポートしてくれるため、肩こりや腰痛、寝起きの疲れなどのお悩みをお持ちの方にもおすすめです。

キルティングカバーは夏面(吸汗速乾わた使用)と冬面(吸湿発熱わた使用)に分かれているため、1年中快適にご使用いただけます。防ダニ・抗菌・防臭加工を施しており、耐久性も高く、ロール状に三つ折りが可能など、マットレスに欲しい機能を全て詰め込んだ高品質・高機能マットレスに仕上がっています。圧縮梱包でお届けしますので、搬入の心配もいりません。

雲のやすらぎプレミアムマットレス

「雲のやすらぎプレミアムマットレス」 は「リモートワークで腰痛になった」「寝ても疲れがとれない」などのお悩みのある方におすすめな極厚17cm・5層構造のマットレスです。

まるで浮いているような寝心地の秘密は腰・背中・お尻などの負担を徹底研究してつくられた独自の体圧分散製法。また、夏は通気性・防ダニ・抗菌・防臭、冬は抜群の弾力・保温力・吸収力を発揮してくれるリバーシブル設計で、オールシーズン快適。安心の日本製で、へたりにくさ99.9%も実証済。さらにカバーも取り外して洗える新機能を搭載。

寝具業界では最長水準の100日間の返金保証キャンペーンも実施中。まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

エマ・マットレス

商品リンク

「エマ・マットレス」は「寝ている時に腰の痛みで目が覚める」「寝るまでに時間がかかる」「十分に寝ていても疲れを感じる」といった悩みをお持ちの方におすすめなマットレスで、体圧分散性の高さと、通気性の良さが特徴です。寝返りもしやすいので身体の一点に負荷がかかることも少なくなります。

「エマ・マットレス」には100日のお試し期間が設けられているので気軽に試すことが出来るのもポイントです。耐用年数が高く、10年保証も付いているので、安心して購入することができます。

NELLマットレス

「NELLマットレス」は「株式会社Morght」と老舗マットレス会社が共同開発したポケットコイルマットレスです。腰部分に硬めのポケットコイルを配置することで睡眠中の自然な寝返りをサポートしてくれるので、寝ている間に体にかかる負荷を軽減してくれます。また、薄いウレタンと不織布を交互に重ねた詰め物を使用ているので、通気性がよく、寝ている間の深部体温を下げ、気持ちのよい眠りを実現してくれます。

商品が到着してから120日のトライアル期間が設けられているのも嬉しいポイントです。特に、マットレスは実際に何日間か試してみないと寝心地などがわからないので、自分に合うマットレスを探している人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

SOMRESTA マットレス PREMIUM

商品リンク

「SOMRESTAマットレスPREMIUM」は欧米有名ブランドにも劣らない高品質で、日本人に合った寝心地と豊富な機能を持ったプレミアム高反発マットレスです。

高い吸放湿性や消臭・抗菌防臭・防ダニ・低ホルムアルデヒドなどマットレスにあると安心の機能がたくさん詰め込まれています。キルティングカバーも外して洗うことが可能なので、衛生的に使用することができるのも嬉しいポイントです。また、日本のメーカーが企画から生産指示、輸入、直売まで一貫して行うため余計なコストが全てカットされており、 高品質でありながらお買い求め易いお値段になっています。

睡眠不足や不眠、腰痛、肩こり、寝つきが悪い、しっかり寝たはずなのに翌朝疲れている、などのお悩みがある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す