ビーナスベッドのオンラインショップへ

理想の枕の高さとは?サイズや選ぶ際のポイントも解説

公開日:2020.01.15

更新日:2024.03.05

246,527 views

朝起きると、肩がこったり疲れが取れなかったりと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。睡眠時間は十分なのに疲れが取れない場合は、枕の高さに原因があるのかもしれません。

この記事では、枕の適切な高さやおすすめのサイズ、納得できる枕選びのポイントまで解説します。快適な睡眠に、ぜひ役立ててください。


※当サイトで紹介している商品の中には一部アフィリエイト広告を利用しているものがあります。


よく眠れないのは枕のせいかも?

よく眠れない原因の一つに、枕が合っていないという可能性があります。毎日高さの合わない枕で眠っていると、首や肩にどんどんストレスをため込むことになります。

では、枕の最適な高さとはどのくらいなのでしょうか。また、合わない枕を使い続けると、どのような不調が起こるのかを知ることも大切です。

枕の理想的な高さとは?

枕の理想的な高さは、枕なしで仰向けに寝た時、布団と首筋の間にできるすき間の高さです。横向きに眠るという人は、首と背骨がまっすぐ床と平行になるような高さが理想です。
横向き寝が多い人は、肩幅がある分仰向けで寝た時よりも少し高い枕を選ぶとよいでしょう。

仰向けの場合
横向きの場合

ただし、枕の高さは個人によって好みが分かれます。低すぎたり高すぎたりする枕のほうが、違和感を感じないという人も多いのです。理想の高さの枕で寝てみた時に違和感がある場合は、今まで使っていた枕の高さに慣れてしまったためかもしれません。

どうしても低すぎると感じる場合は、枕の下に折りたたんだタオルなどを敷いて、高さ調節をしてみるとよいでしょう。


枕の高さが原因で起きる不調

枕が合わないと、さまざまな不調を引き起こします。ここでは、どのような不調が起こるのかを挙げていきます。

枕の高さが原因で起きる不調を挙げていきます。

頭痛

合わない枕を使っていると、頭痛の症状が起こることも少なくありません。頭痛が起こる原因は、頭部と胸部の中間にある頸部の圧迫と関係しています。枕が合わないことで頸部が圧迫され、交感神経の緊張を引き起こします。その結果、脳への血流が悪くなり、脳内の血液の不足が生じてしまうため、頭痛が起こりやすくなるのです。

硬すぎる枕や低すぎる枕を使っている場合は、頭痛が起こりやすくなるため注意しましょう。

肩こり

肩こりを解消するためにマッサージをしたり、シップをはったりしてもなかなかよくならないという経験はないでしょうか。そういった場合、枕の高さが合わないことで、肩こりの症状を引き起こしているのかもしれません。

高い枕を使うと、顎が引けた姿勢になるため、首すじや肩などの筋肉に余分な力が入ります。筋肉が緊張することによって、肩こりが治らないという可能性も考えられます。

いびき

いびきをかく人のイメージとして、「太っている人」「体格がいい人」などの印象を持っている人も多いでしょう。しかし、実は体格だけが原因ではないのです。鼻炎などの持病を除いた場合、「枕の高さが合わない」ことも原因の一つとなっている可能性があります。

特に枕が高すぎる場合、気道を圧迫するので、いびきをかく原因となります。このような場合は、自分にあった高さの枕に変えてみましょう。

適切な高さを測る方法とは?

枕の高さを測るにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは、枕の適切な高さを測る方法について紹介していきます。

の適切な高さを測る方法についてご紹介

首のカーブの深さを知る

まずは、首のカーブの深さを知ることが大切です。首のカーブの深さを測るために、まず壁を背にして直立します。その際、若干顎を引いて、無理やり壁に頭をつけないようにしましょう。直立したら、壁から首の一番深いカーブ部分の距離を測ります

高さの平均は、男性の場合は5~6cm程度、女性の場合は3~4cm程度となっています。

首のカーブの深さに2cm足す

測った首の深さに、2cm足した高さが理想的な枕の高さとなります。その理由は、寝た時に少し枕が沈んでしまうので、2cmプラスすることでちょうどよい高さになるからです。ただし、枕やベッドのマットレスの柔らかさによって異なることもあります。もし、違和感がある場合、微調整をするとよいでしょう。

枕の高さを調節する

測った高さに枕を調整して、実際に寝てみましょう。その際、目線が真上よりもやや斜め前を向いていれば、理想的な高さです。もし、目線が前を向きすぎている場合は、枕の高さが高すぎます。反対に、斜め後ろに反り気味という場合は、位置が低いので調整していきましょう。調整する時は、いきなり大幅に調整するのではなく、1cm程度ごとに微調整していくことが大切です。


枕を選ぶ際のポイントとは?

枕を選ぶ際のポイントを4つ紹介します。買い替えを検討している人は、実際に枕を見に行って試してみることをおすすめします。

横向きに寝ても圧迫感がないこと

横向きで寝た時に、どこにも圧迫感がないことは重要なポイントです。通常、仰向けでちょうどいい高さに合わせても、そのまま横向きで寝てみると高さが合いません。横向きでもちょうどよい高さかどうかをチェックするポイントは、肩がつぶれていないか、頬が圧迫されていないか、呼吸が苦しくないかどうかです。

枕を選ぶ際、横向きで寝た時にどこにも圧迫感がないことは重要なポイント

仰向けと横向きに寝た場合の、それぞれの高さを測ってみて、ちょうどいい高さを見つけましょう。また、枕の柔らかさを変えることで、仰向けと横向きでも合うものが見つかるかもしれません。

寝返りがしやすいこと

誰でも眠っている間は寝返りをします。そこで、「寝返りがしやすい」ということも枕選びのポイントです。横向きになっても枕から頭が落ちることなく、肩先までをしっかりと支えてくれるかを確認しましょう。

小さすぎる枕は寝返りをしにくいだけでなく、頭が枕から落ちてしまい寝違えの原因となることがあります。枕の横幅は頭3つ分程度を目安とし、奥行きがしっかりとある枕を選ぶことが大切です。

高さと形状が自分にあっているかどうか

枕を選ぶ際は、高さと形状が自分に合っているかどうかを確認しましょう。枕の形状は、主に4つのタイプに分けられます。「標準・長方形型」は昔からあるタイプです。また、「首元安定型」なら頭をしっかり支えてくれます。「頸椎支持・横向き型」は、自分に合った寝心地を探しやすい枕です。「オーダー型」なら、自分に合わせた枕に調整できます。

枕を選ぶ際は、高さと形状が自分に合っているかどうかを確認しましょう。

肩こりやいびきの予防にも

自分に合った枕を選ぶことで、肩こりや頭痛、いびきなど、体の不調を防ぐことができます。特に朝目が覚めた時、しっかり寝た気がしない、肩こりや頭痛を感じるなどの不調を感じる場合、快眠できていないのかもしれません。快眠するためには枕選びが大切です。枕の高さを合わせることで、体の不調をなくしましょう。

日本人の身体にフィットしやすいおすすめ枕

首と肩のことだけを考えたダブル枕

ダブル枕は、2種類の枕を適切に組み合わせて首・肩のケアを徹底追求した枕です。

首を支える「サポートピロー」と頭を支える「ヘッドピロー」の2種類の枕が別々のアプローチで首と肩の負担を最小限にして快眠へ導いてくれます。

アメリカや韓国などでヒットした同形状の枕を、日本人の身体に合うように研究し綿密に再設計された商品なので、様々な性別・体格の人にフィットしやすく、ギフトにもおすすめです。

「ダブル枕」の特長

  1. 首・肩の疲労を感じている人
  2. 目覚めたあとに疲れが残っている人
  3. 自分に合う枕が見つからない人
  4. 今の枕に満足していない人
  • 弊社のスタッフが実際にダブル枕を試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

高さが選べる快眠健康枕はこちら

【丸洗いOK!】最高の眠りで脳をとからだを整える!
ブレインスリープピロー

最高の睡眠のための「黄金の90分」を生み出す3つの独自のテクノロジーを追求した枕

「ブレインスリープピロー」は美肌やダイエットに関係する成長ホルモンが分泌される 「黄金の90分」と呼ばれる時間を良質な眠りにすることを目的に作られた枕です。1年の中でも気候が変わりやすい四季を持つ日本において、最適な「黄金の90分」を生み出すために「頭を冷やす」「オーダーメイドを超えるフィット感」「常に清潔に使える枕」という3つのポイントにこだわっています。

お手入れもお家のシャワーで洗えて、風通しのいい場所に15分置いておくだけと非常に簡単なのも嬉しいポイントです。様々な体格の方に合わせて、「Low」「Standard」「High」の3種類の高さから選べますので、日中に疲れを感じやすかったり眠りに関するお悩みがある人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

こんな方におすすめ!

  1. 夜寝ても日中眠くて仕方ない方
  2. 朝起きても疲れが取れない方
  3. 集中力が続かない方
  4. 最近記憶力が悪くなったように感じる方
  5. 自分に合う枕が見つからない方
  • 弊社のスタッフが実際にブレインスリープピローを試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

高さ調節可能なおすすめ快眠枕5選

自然な寝返りをサポートする
高反発まくらモットン

「モットン枕」は日本人の首の形や体型を徹底して研究し、睡眠時の首への負担を減らすことにこだわって開発された高反発枕です。

モットン枕に採用している次世代高反発ウレタンフォーム「ナノスリー」には「自然な寝返りをサポートする反発力」「体圧を効率よく分散する」「高い通気性」という特長があり、さらに2way設計×高さ調整シートで最大50通りもの高さ調整が可能です。

90日交換・返品保証期間が設けられているので枕の寝心地が合うか心配な方も安心して気軽に試すことが出来るのも嬉しいポイントです。

こんな方におすすめ!

  1. 首の痛みや肩こりが気になっている人
  2. 自分に合った枕の高さが分からない人
  3. 細かい高さ調整のできる枕を探している人
  4. フィット感のある枕を探している人
  5. 標準~硬めの寝心地が好きな人
  • 弊社のスタッフが実際にモットン枕を試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

一般医療機器 Recovery Sleep 枕
カバー+本体セット

「Recovery Sleep 枕」は、血行促進・疲労軽減が期待できる一般医療機器の新しいリカバリー枕です。枕カバーに練り込まれた鉱石の機能によって身体の熱を吸収し赤外線として輻射、温熱効果をもたらす仕組みが最大の特長です。

枕本体は寝返りと呼吸をサポートしてくれる月型設計で、仰向け寝・横向け寝のどちらでも快適な寝姿勢を保てます。

厳選された3種類の中材は7つの部屋に配置されており、高さを調整して自分好みにカスタマイズすることも可能です。洗濯ネットに入れて洗濯機で洗えるのも嬉しいポイントです。

「Recovery Sleep 枕」の特長

  1. 特殊素材「Recovery Sleep®」を使用した心地よさを生む枕カバー
  2. 7つの部屋に分かれた高さ調整可能なセミオーダー枕
  3. 選び抜かれた3つの中材で刺激を最小限に
  4. 月型設計で寝返りと呼吸を手厚くサポート
  5. 枕職人が日本製にこだわって一つ一つ手作業で設計
  6. 丸洗いOKで清潔さをキープ
  • 弊社のスタッフが実際にRecovery Sleep枕を試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!
Luxesleep SLEEP+PILLOW低反発ピローの商品ページはこちら

Luxesleep SLEEP+PILLOW 低反発ピロー

頭・首・背中まで上半身を包み込み、横向き寝、仰向き寝と様々な寝姿勢に対応。上半身全体を枕が支えることで、首や肩に集中しがちな負担を軽減します。3分割に分かれた厚み約1cmの高さ調整シートが計8枚付属しており、セミオーダー感覚でご自身に合った枕へ。 ※高反発タイプもあります。

スリープメディカルピロー(枕)の商品ページはこちら

スリープメディカルピロー

睡眠でお困りの方のお悩みを受けて理想の枕を開発したいというコンセプトのもと、愛媛大学と愛媛の企業が開発したスリープメディカルピロー。素材(パイプ・わた)の違いにより硬め、柔らかめをお選びいただけます。身体に合わせて自在に高さを調節でき、カスタマイズする喜びとともに快適な睡眠を手にしてください。

美しさを育てる枕 ジムナストプラスの商品ページはこちら

美しさを育てる枕 ジムナストプラス

「ジムナストプラス」は、眠りを考えた6つの構造からなる枕です。パイプ素材、コルマビーズ素材、クリア―パイプ素材、ポリエステルわた素材を、部分に合わせて使用。6つに分けられた部分それぞれの高さ、硬さ、素材の種類を調整し、理想的な曲線を作り出すことにより、首と頭をバランスよくサポートできる枕に仕上げました。

まとめ

枕が原因で起こる体の不調や理想の高さ、枕選びのポイントなどについて紹介しました。快眠のためには、枕だけでなく自分に合った布団やマットレス選びも大切です。

ビーナスベッド 」 では、専門店がこだわったデザインや機能のオリジナルベッドをはじめ、国産、海外ブランドなどのベッドを数多く取りそろえています。睡眠の質を上げるマットレスをはじめ、枕や寝具まで豊富な品揃えが特徴です。快適な眠りを手に入れたいという人は、ぜひ一度ご相談ください。

おすすめ記事

  • 腰痛におすすめのマットレスとは?選び方や注意ポイントも紹介
  • 枕なしで寝るのはOK?メリット・デメリットや質のよい睡眠環境を整えるコツを解説
  • 寝る前のコーヒーは睡眠改善に効果的?よりよい睡眠のために知っておきたい正しい飲み方
  • 横向き寝の人におすすめなマットレスとは?正しい選び方やおすすめ商品を紹介
  • マットレスにそのまま寝るのはNG?何を敷くのが正解?原因と対処法を解説
  • 寝ている時にビクッとなるのはどうして?原因と対策を紹介
  • 寝具専門店がおすすめする高反発マットレス8選!比較ランキングや選び方も紹介
  • ストレートネックの改善におすすめの枕7選|枕選びのポイントも紹介

寝具専門店おすすめのマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレスは、 硬めのウレタンフォームがしっかりと身体を支えつつ、厚み2cmの中綿入りキルティングカバーによりフィット感のある寝心地を実現したマットレスです。

業界トップクラスの反発力73%の高弾性ウレタンが自然な寝返りをサポートしてくれるため、肩こりや腰痛、寝起きの疲れなどのお悩みをお持ちの方にもおすすめです。

キルティングカバーは夏面(吸汗速乾わた使用)と冬面(吸湿発熱わた使用)に分かれているため、1年中快適にご使用いただけます。防ダニ・抗菌・防臭加工を施しており、耐久性も高く、ロール状に三つ折りが可能など、マットレスに欲しい機能を全て詰め込んだ高品質・高機能マットレスに仕上がっています。圧縮梱包でお届けしますので、搬入の心配もいりません。

雲のやすらぎプレミアムマットレス

「雲のやすらぎプレミアムマットレス」 は「リモートワークで腰痛になった」「寝ても疲れがとれない」などのお悩みのある方におすすめな極厚17cm・5層構造のマットレスです。

まるで浮いているような寝心地の秘密は腰・背中・お尻などの負担を徹底研究してつくられた独自の体圧分散製法。また、夏は通気性・防ダニ・抗菌・防臭、冬は抜群の弾力・保温力・吸収力を発揮してくれるリバーシブル設計で、オールシーズン快適。安心の日本製で、へたりにくさ99.9%も実証済。さらにカバーも取り外して洗える新機能を搭載。

寝具業界では最長水準の100日間の返金保証キャンペーンも実施中。まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

エマ・マットレス

商品リンク

「エマ・マットレス」は「寝ている時に腰の痛みで目が覚める」「寝るまでに時間がかかる」「十分に寝ていても疲れを感じる」といった悩みをお持ちの方におすすめなマットレスで、体圧分散性の高さと、通気性の良さが特徴です。寝返りもしやすいので身体の一点に負荷がかかることも少なくなります。

「エマ・マットレス」には100日のお試し期間が設けられているので気軽に試すことが出来るのもポイントです。耐用年数が高く、10年保証も付いているので、安心して購入することができます。

NELLマットレス

「NELLマットレス」は「株式会社Morght」と老舗マットレス会社が共同開発したポケットコイルマットレスです。腰部分に硬めのポケットコイルを配置することで睡眠中の自然な寝返りをサポートしてくれるので、寝ている間に体にかかる負荷を軽減してくれます。また、薄いウレタンと不織布を交互に重ねた詰め物を使用ているので、通気性がよく、寝ている間の深部体温を下げ、気持ちのよい眠りを実現してくれます。

商品が到着してから120日のトライアル期間が設けられているのも嬉しいポイントです。特に、マットレスは実際に何日間か試してみないと寝心地などがわからないので、自分に合うマットレスを探している人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

SOMRESTA マットレス PREMIUM

商品リンク

「SOMRESTAマットレスPREMIUM」は欧米有名ブランドにも劣らない高品質で、日本人に合った寝心地と豊富な機能を持ったプレミアム高反発マットレスです。

高い吸放湿性や消臭・抗菌防臭・防ダニ・低ホルムアルデヒドなどマットレスにあると安心の機能がたくさん詰め込まれています。キルティングカバーも外して洗うことが可能なので、衛生的に使用することができるのも嬉しいポイントです。また、日本のメーカーが企画から生産指示、輸入、直売まで一貫して行うため余計なコストが全てカットされており、 高品質でありながらお買い求め易いお値段になっています。

睡眠不足や不眠、腰痛、肩こり、寝つきが悪い、しっかり寝たはずなのに翌朝疲れている、などのお悩みがある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す