ビーナスベッドのオンラインショップへ

羽毛布団・毛布・タオルケットはどの順番が暖かい?コツや寝具の組み合わせを紹介

公開日:2021.02.25

更新日:2023.03.16

掛け布団 107,600 views

寒い季節によく使う寝具に、羽毛布団や毛布、タオルケットなどがありますが、使用する寝具の組み合わせや掛ける順番を変えるだけで、暖かさや肌触りが変わります。この記事では、暖かさを感じられる寝具の掛け方の順番や寝具の特徴、順番を決めるコツ、注意点などを解説します。快適な睡眠環境を整える際に役立ててください。


※当サイトで紹介している商品の中には一部アフィリエイト広告を利用しているものがあります。


羽毛布団と毛布の掛ける順番で保温力は変わる

羽毛布団と毛布は、冬の寒さ対策に使用する定番の組み合わせです。体感温度にあわせて、布団や毛布の枚数を増やして寝る人も多いでしょう。しかし、寝具の重みで寝返りを打てない、重ねすぎて暑く感じるなどの逆効果で、かえって眠れなくなるケースも少なくありません

暖かさを求めるだけでは質の高い睡眠は得られません。快適な睡眠環境を整えるためには、寝具を掛ける順番が重要です。なぜ、寝具を掛ける順番を重視する必要があるのでしょうか。

快適な睡眠環境を整えられない理由

よく眠れないと感じる理由は、「寝床内環境(しんしょうないかんきょう)」に配慮していないためです。寝床内環境とは、寝具を掛けたときに人が眠りやすいと感じる温度や湿度を指します。これまで、睡眠環境を示す明確な数値はありませんでした。

人が眠りやすいと感じる温度は32~34℃、湿度は45~55%

そこで、日本睡眠科学研究所は独自に実験を重ね、快適に睡眠がとれる理想的な温度と湿度を導き出しました。人が眠りやすいと感じる温度は32~34℃湿度は45~55%です。寒くも暑くもない、ちょうどよい睡眠環境を整えるためには、寝床内環境を考慮した寝具選びが重要なポイントになります。

参考: 02 寝室環境・寝床内の研究|日本睡眠科学研究所


羽毛布団・毛布・タオルケットの特徴

適切な睡眠環境を整えるためには寝具選びが重要になってきます。寝具にはさまざまな種類があり、それぞれ異なる素材で作られています。ここでは、代表的な寝具である羽毛布団・毛布・タオルケットの特徴について解説します。

掛け布団

一般的な掛け布団として羽毛布団があげられますが、ほかにも真綿布団や綿布団、合繊布団があります。それぞれの特徴を解説します。

羽毛布団

羽毛布団は羽毛を詰めて作られており、保温性・吸透湿性・放湿性などに優れています。人の体温で羽毛と羽毛の間にある空気が温められると、心地よい暖かさを感じられ、寝汗をかいても湿気を放出するためサラッとした寝心地を維持できます。また、持ち運びやすい軽さ、手入れがしやすいなどの特徴があります。

保温性・吸透湿性・放湿性などに優れ、心地よい暖かさを感じられる「羽毛布団」

真綿布団

真綿布団は軽く、吸透湿性や放湿性に優れた掛け布団です。羽毛布団にはやや劣りますが、保温性・耐久性・手入れのしやすさに優れています。真綿は綿の一種と思われがちですが、実際はガの繭から作られる動物性繊維を綿状に加工したものです。一般的に絹やシルクと呼ばれる、高級素材によって作られています。

綿布団

綿布団は吸透湿性に優れていますが、羽毛布団や真綿布団に比べて保温性・耐久性・軽さ・手入れのしやすさは劣ります。詰め物に使われている素材は、綿(コットン)です。真綿布団が動物性繊維なのに対し、綿は植物性繊維で作られています。

合繊布団(ポリエステル)

合繊布団は、ポリエステル製の綿が詰められており、軽さや手入れのしやすさに優れています。上記で解説した布団に比べ、保温性・吸透湿性・放湿性は劣りますが、軽くて暖かいため需要が高いです。

毛布

毛布は、「合成繊維(合繊)」と「天然繊維」の2種類があります。代表的な合繊毛布はポリエステルやアクリルなどです。軽くて手触りがよいうえに、シワになりにくく扱いやすいという特徴があります。一方、天然繊維には、綿(コットン)やウール、カシミヤなどがあげられます。とくに肌触りがよく、吸湿性や保温性に優れています

毛布には「合成繊維(合繊)」と「天然繊維」の2種類があります

タオルケット

タオルケットは、綿100%の天然素材が使用されているものが多いです。綿は保温性・吸水性・放湿性に優れているため、サラッとした肌触りのよさを感じられます。また、洗濯もできるため、手入れがしやすく、いつも清潔な状態を保てます。毛布を掛けるには暑い場合に便利な寝具です。

タオルケットは、綿100%の天然素材が使用されているものが多い

羽毛布団・毛布・タオルケットの順番を決める際のコツ

ここでは、寝具を掛ける順番を決めるコツを解説します。コツを知っていれば、冬だけでなく、1年を通して適切な寝具の組み合わせや掛け方がわかります。

羽毛布団の保温効果を高めるにはタオルケットを活用する

羽毛布団は保温性に優れた寝具ですが、より保温効果を高めるならタオルケットの活用がおすすめです。羽毛布団は、人の体温によって布団内部の空気が温められ、暖かさを感じます。タオルケットを羽毛布団の上に掛けることで、布団内部の暖気を閉じ込め、外部の冷気を遮断する役割を果たします。

布団や毛布の素材によって掛ける順番は異なる

ウールなどの天然素材を使用した毛布は布団の下に掛けたほうが暖かさや肌触りのよさを感じられる

上述したように、羽毛布団の保温効果を高めるには、上にタオルケットを掛ける必要があります。ただし、必ずしも布団が下のほうが暖かさを感じられるとは言い切れません。羽毛布団以外の布団を使用する場合は、毛布などの上に布団を掛けたほうが保温効果は高まります。

とくに、ウールなどの天然素材を使用した毛布は、保温性や吸放湿性に優れているため、布団の下に掛けたほうが暖かさや肌触りのよさを感じられます。


羽毛布団・毛布・タオルケットを掛けるおすすめの順番

睡眠環境を整えるためには、寝具をどの順番で掛ければよいのでしょうか。ここでは、羽毛布団・毛布・タオルケットを掛けるおすすめの順番について解説します。以下を参考にして、冬の寒さ対策に備えましょう。

冬場におすすめの順番

冬場の寒さ対策におすすめの掛け方は、下から天然素材の毛布・羽毛布団・タオルケットの順番です。上記でも解説したように、天然素材の毛布は肌触りがよく、保温性や吸放湿性に優れています。毛布の特性を活かすには、肌に直接触れるように最初に掛ける必要があります。

次に、羽毛布団を掛け、羽毛布団の保温効果をより高めるために最後にタオルケットを掛けましょう。この順番で寝具を掛ければ、それぞれの特徴を最大限に活かすことができます。

それでも寒い場合は敷きパッドや暖房器具を活用する

上述した順番で寝具を掛けても、気温の低さや体感温度の違いにより、寒いと感じる人もいるかもしれません。そんなときは、敷きパッドや電気毛布などの暖房器具を活用することをおすすめします。

敷きパッドは肌に直接触れるため、素材選びが肝心

敷きパッドは肌に直接触れるため、素材選びが肝心です。肌触りのよさや吸湿性、吸水性が優れた敷きパッドを選びましょう。暖かさだけを重視して選んだ場合、布団内部に湿気がこもって蒸れやすくなるので注意が必要です。

電気毛布などの暖房器具を使用する際の注意点

寝具を掛けても寒いと感じる場合は、電気毛布などの暖房器具の活用が効果的です。ただし、一晩中スイッチを入れっぱなしで寝ないように注意しましょう。暖房器具を使用したまま眠ると、体温が下がりにくくなるため睡眠の質が落ちたり、脱水症状や低温やけどなどを起こしたりする可能性があります。

暖房器具を使用する際は、就寝時間の1時間前にスイッチを入れて布団内部を温めます。布団に入るタイミングでスイッチを切れば、消し忘れを防げます。

電気毛布を使用したまま眠ると、体温が下がりにくくなるため睡眠の質が落ちたり、脱水症状や低温やけどなどを起こしたりする可能性がある

室温別に最適な寝具の組み合わせ

人は、寝具にある程度の重みを感じたほうが熟睡できると言われています。理由は、寝具の重みで布団が肌に密着し、布団内部に体温が伝わって保温性が高まるためです。また、幸せホルモンの呼び名で知られる「セロトニン」が増加する傾向が高く、赤ちゃんが母親に抱きしめられるような安心感を得る人も少なくありません。

理想的な寝具の重量は、体重の8~12%程度です。たとえば、体重が50kgの人に最適な寝具の総重量は、4~6kgとなります。また、室温によって最適な寝具の組み合わせが変わります。以下で室温別に最適な寝具の組み合わせを紹介します。

参考:重いブランケット(布団)で睡眠の質UP!?理論と実験データ|株式会社篠原化学

室温5℃前後(真綿布団×羽毛布団)

冬場の5℃前後の室温環境で最適な寝具の組み合わせは、真綿布団と羽毛布団です。吸湿性・放湿性の高い真綿布団の上に、より保温性が高い羽毛布団を掛けます。総重量の目安は、2.2~2.3kg程度です。

室温10℃前後(綿毛布×羽毛布団)

冬や夏に比べ、春や秋は寝具選びに悩みやすい季節です。やや寒いと感じる10℃前後の室温に最適な寝具の組み合わせは、綿毛布と羽毛布団です。肌触りがよく密着性のある綿毛布の上に、保温性の高い羽毛布団を掛けます。総重量の目安は、2~2.3kg程度です。

春や秋のやや寒いと感じる室温に最適な寝具の組み合わせは、綿毛布と羽毛布団

室温15℃前後(羽毛布団のみ)

春から夏、夏から秋にかかる時期や夏場にエアコンを使用する時期など、室温が15℃前後の室内では、軽くて保温性が優れている羽毛布団1枚で十分です。総重量の目安は、1.2~1.3kg程度です。

春から夏、夏から秋にかかる時期や夏場にエアコンを使用する時期は、軽くて保温性が優れている羽毛布団1枚で十分

室温25℃以上(綿毛布 or タオルケット)

室温が25℃以上の夏場は、綿毛布もしくはタオルケット1枚あれば十分です。手足が冷える人は綿毛布を、寝汗をよくかく人や暑がりの人はタオルケットを選ぶとよいでしょう。素材の種類にもよりますが、寝具の総重量の目安は0.7~1kg程度です。

室温が25℃以上の夏場は、綿毛布もしくはタオルケット1枚あれば十分

おすすめの羽毛布団・毛布・タオルケットをご紹介

羽毛布団

暁 -AKATSUKI- 羽毛布団

暁 -AKATSUKI- 羽毛布団

あたたかくて軽い羽毛布団をお手頃価格で欲しい」という声をもとに、寝具専門店ビーナスベッドが開発したオリジナル羽毛布団です。ダウン率やダウンパワーが異なるスタンダード・プレミアム・グランドプレミアムの3ランクがあり、品質面・価格面の両方から自分にぴったりなタイプの羽毛布団を選ぶことができます。

側生地に採用された「立体キルト」は保温性に優れながらも重すぎない、ちょうどいいキルトです。また、薬剤を使用しない安心の防ダニ加工や細菌の増殖を抑制する抗菌・防臭加工、花粉が付きにくく、落ちやすい防汚加工も施されています。

厳しい品質チェックをクリアしている安心の日本製で、便利な収納ケース付きなのも嬉しいポイントです。

POINT

※2022年10月現在、販売開始を記念して暁 -AKATSUKI- 羽毛布団20%OFFキャンペーン実施中!気になる方はこの機会に購入するのがおすすめです。

毛布

吸湿発熱ふわふわマイクロファイバー 毛布

吸湿発熱ふわふわマイクロファイバー 毛布

極細マイクロファイバー繊維のふわふわで心地よい肌触りが特長の毛布です。汗などの湿気を吸収し熱に変える繊維が温度を調節してくれるので、寒い時期でも保温効果が長続きし、快適な温度で体を包み込んでくれます。

とろけるタッチの布団を包める毛布 の商品ページはこちら

とろけるタッチの布団を包める毛布

春や秋の冷え込む日には毛布として、冬は布団カバーとして仕えてあったかぬくぬく使用に。寒くなる季節に1枚あれば重宝すること間違いない、なめらかで極上の肌触りの冬寝具です。
サイズ展開:S/SD/D

自宅で洗えるオリジナルふんわり綿毛布のご紹介

オリジナルふんわり綿毛布

綿100%の毛布で、季節を問わず使用できます。柔らかくてふんわりした触り心地は、快適な睡眠をサポートするでしょう。自宅で洗濯可能なため、頻繁に手入れをしたい人にもおすすめです。

肌にやさしい国産シルク毛布のご紹介

肌にやさしい国産シルク毛布

国産のシルク100%でできており、優しい肌触りが魅力の毛布です。放湿性と吸湿性を備えているため、寝床を暖かく、適度な湿度に調節できます。心地よい睡眠時間を確保するために、ぜひ取り入れたい贅沢な毛布です。なお、自宅での洗濯はできませんが、ドライクリーニングに対応しています。

タオルケット

今治タオルブランド 綿100% Misty ミスティ タオルケット

今治タオルブランド 綿100% Misty ミスティ タオルケット

軽やかでふわっと柔らかい肌触りが特長のタオルケット。撚りが少ない「甘撚り」糸を使用しているから、肌触りよく仕上がっています。厳しい品質基準をクリアした「今治タオルブランド」認定のタオルケットです。

今治産 綿100% ワッフルタオルケット Brera ブレラの商品ページはこちら

今治産 綿100% ワッフルタオルケット Brera ブレラ

ワッフル織りの凸凹により、しっかりと厚みがありながらもふんわりと軽い「ブレラ」。洗うたびに綿本来の自然な風合いと柔らかさが際立ちます。大判サイズでベッドカバーとしてやソファカバーなどマルチカバーとしても使える、アンティークな印象が特徴的なタオルケットです。

まとめ

寝具には、羽毛布団・毛布・タオルケットなどのさまざまな種類があり、組み合わせや掛ける順番によって、暖かさの感じ方が異なります。羽毛布団を使用する場合でも、毛布とタオルケットのどちらを選ぶのか、毛布の素材の種類によっても掛ける順番は変わります。ただし、布団が古くなれば、本来の保温性や吸放湿性を発揮できません。

ビーナスベッドは、50年以上の歴史がある日本最大級のベッドショールームをもつ専門店です。専門店がこだわったデザイン・機能のオリジナルベッドをはじめ、国産・海外ブランドベッドを取り揃えています。睡眠の質を上げるマットレス・枕・寝具などの種類も豊富です。寝具選びで困ったときは、専門アドバイザーに相談できます。羽毛布団や布団の買い替えの際に参考にしてください。

おすすめ記事

  • 腰痛におすすめのマットレスとは?選び方や注意ポイントも紹介
  • 枕なしで寝るのはOK?メリット・デメリットや質のよい睡眠環境を整えるコツを解説
  • 寝る前のコーヒーは睡眠改善に効果的?よりよい睡眠のために知っておきたい正しい飲み方
  • 横向き寝の人におすすめなマットレスとは?正しい選び方やおすすめ商品を紹介
  • マットレスにそのまま寝るのはNG?何を敷くのが正解?原因と対処法を解説
  • 寝ている時にビクッとなるのはどうして?原因と対策を紹介
  • 寝具専門店がおすすめする高反発マットレス8選!比較ランキングや選び方も紹介
  • ストレートネックの改善におすすめの枕7選|枕選びのポイントも紹介

寝具専門店おすすめのマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレスは、 硬めのウレタンフォームがしっかりと身体を支えつつ、厚み2cmの中綿入りキルティングカバーによりフィット感のある寝心地を実現したマットレスです。

業界トップクラスの反発力73%の高弾性ウレタンが自然な寝返りをサポートしてくれるため、肩こりや腰痛、寝起きの疲れなどのお悩みをお持ちの方にもおすすめです。

キルティングカバーは夏面(吸汗速乾わた使用)と冬面(吸湿発熱わた使用)に分かれているため、1年中快適にご使用いただけます。防ダニ・抗菌・防臭加工を施しており、耐久性も高く、ロール状に三つ折りが可能など、マットレスに欲しい機能を全て詰め込んだ高品質・高機能マットレスに仕上がっています。圧縮梱包でお届けしますので、搬入の心配もいりません。

セール情報

現在先行販売記念として、下記の期間限定で「NERUSIA高弾性ウレタンマットレス」全サイズが20%OFF になるセールを実施しています。最大90日間の返品返金保証もありますので、気になる方はこのタイミングで購入するのがおすすめです!

▽ 開催期間 ▽
2024年1月19日(金) 00:00 ~ 2024年2月29日(木) 09:59

雲のやすらぎプレミアムマットレス

「雲のやすらぎプレミアムマットレス」 は「リモートワークで腰痛になった」「寝ても疲れがとれない」などのお悩みのある方におすすめな極厚17cm・5層構造のマットレスです。

まるで浮いているような寝心地の秘密は腰・背中・お尻などの負担を徹底研究してつくられた独自の体圧分散製法。また、夏は通気性・防ダニ・抗菌・防臭、冬は抜群の弾力・保温力・吸収力を発揮してくれるリバーシブル設計で、オールシーズン快適。安心の日本製で、へたりにくさ99.9%も実証済。さらにカバーも取り外して洗える新機能を搭載。

寝具業界では最長水準の100日間の返金保証キャンペーンも実施中。まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

POINT

※2023年1月31日(火)までの期間限定で「雲のやすらぎプレミアムマットレス」を含むセットが 最大半額 となる「新春快眠フェア」を開催しているので、気になる方はこのタイミングで購入するのがおすすめです!

エマ・マットレス

商品リンク

「エマ・マットレス」は「寝ている時に腰の痛みで目が覚める」「寝るまでに時間がかかる」「十分に寝ていても疲れを感じる」といった悩みをお持ちの方におすすめなマットレスで、体圧分散性の高さと、通気性の良さが特徴です。寝返りもしやすいので身体の一点に負荷がかかることも少なくなります。

「エマ・マットレス」には100日のお試し期間が設けられているので気軽に試すことが出来るのもポイントです。耐用年数が高く、10年保証も付いているので、安心して購入することができます。

NELLマットレス

「NELLマットレス」は「株式会社Morght」と老舗マットレス会社が共同開発したポケットコイルマットレスです。腰部分に硬めのポケットコイルを配置することで睡眠中の自然な寝返りをサポートしてくれるので、寝ている間に体にかかる負荷を軽減してくれます。また、薄いウレタンと不織布を交互に重ねた詰め物を使用ているので、通気性がよく、寝ている間の深部体温を下げ、気持ちのよい眠りを実現してくれます。

商品が到着してから120日のトライアル期間が設けられているのも嬉しいポイントです。特に、マットレスは実際に何日間か試してみないと寝心地などがわからないので、自分に合うマットレスを探している人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

SOMRESTA マットレス PREMIUM

商品リンク

「SOMRESTAマットレスPREMIUM」は欧米有名ブランドにも劣らない高品質で、日本人に合った寝心地と豊富な機能を持ったプレミアム高反発マットレスです。

高い吸放湿性や消臭・抗菌防臭・防ダニ・低ホルムアルデヒドなどマットレスにあると安心の機能がたくさん詰め込まれています。キルティングカバーも外して洗うことが可能なので、衛生的に使用することができるのも嬉しいポイントです。また、日本のメーカーが企画から生産指示、輸入、直売まで一貫して行うため余計なコストが全てカットされており、 高品質でありながらお買い求め易いお値段になっています。

睡眠不足や不眠、腰痛、肩こり、寝つきが悪い、しっかり寝たはずなのに翌朝疲れている、などのお悩みがある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す