ビーナスベッドのオンラインショップへ

羽毛布団の収納前に!正しい干し方・手入れ方法は?収納時の注意点も解説

公開日:2020.01.10

更新日:2021.11.12

お役立ち情報 185,809 views
Pocket
LINEで送る

寒い冬に活躍する羽毛布団ですが、暖かい時期になると使用しなくなりますよね。夏の間は、収納しておく人が多いのではないでしょうか。その際に、正しい方法で収納しなければ、布団の劣化を招いてしまうことがあります。

この記事では、羽毛布団を収納する前の準備や干す時のポイント、正しい収納方法を紹介します。収納の方法によって羽毛布団の寿命も変わるため、良い状態で長く使用するためにぜひ役立ててください。


羽毛布団を収納する前にすること

収納する前には、汚れを落としたり、乾燥させたりするなど、準備が必要です。ここでは、どのような準備が必要なのか説明します。

布団カバーを洗濯する

布団カバーは直接肌が触れることから、ワンシーズン使用すると汗や皮脂がついて汚れています。そのため、必ず布団カバーを外して洗濯をしましょう。洗濯せずに汚れたまま収納すると、側生地にも汚れがうつってしまう可能性があります。また、羽毛自体が劣化したり雑菌が繁殖したりする原因になるため注意が必要です。

羽毛布団を収納する前には必ず布団カバーを外して洗濯をしましょう

汚れがあればクリーニングする

布団カバーをしていても、ワンシーズン使用した羽毛布団にはダニやカビ、花粉といった目には見えない汚れがたくさんついています。そのため、年に1回程度クリーニングに出すことがおすすめです。自宅の洗濯機で洗えるタイプもありますが、羽毛が折れてしまうのでクリーニングのほうが安心です。

自分でクリーニング店に持って行ってもいいですが、羽毛布団は大きくかさばるので持っていくのには意外と手間がかかってしまいます。そういった場合には、布団の宅配クリーニングサービスがおすすめです。

宅配クリーニングサービスは、注文後に送られてくる「配送キット」に自分の羽毛布団を入れて集荷の依頼をかけるだけで、自宅まで取りに来てくれて羽毛布団のクリーニングをしてくれるサービスです。おすすめの宅配クリーニングサービスを紹介するので、クリーニングを検討している方はぜひチェックしてみてください。

しももとクリーニング

「しももとクリーニング」は完全個別洗いを採用しているので、他のお客様の布団と一緒に洗われることがありません。そのため、衛生面の配慮だけでなく、 布団と布団が擦れることによる生地の破れも心配ありません。

また、無添加せっけんを使用しているため、お子様やアレルギー体質の方でも安心です。他店ではなかなか取り扱うことのできない、オーガニック布団やシルク生地の高級布団のクリーニング実績があり、どんな布団でも安心して任せることができます。

注文した後に送られてくる「配送キット」に布団を入れて荷物の集荷依頼をするだけでクリーニングをしてもらえるので、忙しい方やクリーニング方法が分からない人に大変おすすめなサービスです。気になる方はぜひ一度試してみてください。

しももとクリーニングの特長

  1. 業界でも珍しい「完全個別洗い」を採用
  2. 無添加せっけん使用
  3. 他店では洗えない布団も対応可能
  4. 日本最後の名水と言われる「四万十川」の源流水を使用
  5. 工場直結だからできる高品質低価格
公式サイトを見る

収納前に布団をしっかり乾燥させる

湿気が残った状態にならないように、しっかり中まで乾燥させてから収納しましょう。湿気が残ったまま収納すると、カビやダニの繁殖にもつながります。十分に乾燥させるには、晴れている日に干したり、布団乾燥機を使用したりするのがおすすめです。布団の干し方のポイントは後半で詳しく解説します。

押し入れのカビ除去・掃除をする

羽毛布団を綺麗にするほかにも、押し入れの中を整理して、いらないものは捨てておきましょう。長期間押し入れの中に入れていた物はカビやダニの繁殖の原因にもなります。すでに押し入れにカビが生えている場合は除去しておくことも大切です。カビがそこまでひどくない場合は、雑巾で拭き取ることで除去できます。

しかし、カビの色が目立つほどひどい場合は、台所用漂白剤を使用して除去する方法があります。その場合は、押し入れの材質を傷めないように注意が必要です。

押し入れを十分に乾燥させる

カビの繁殖を防ぐためにも、押し入れを十分に乾燥させておくことが必要です。襖の両側を開けて風の通り道をつくり、布団乾燥機や扇風機で風を送り込みます。押し入れに湿気がたまりやすい場合は、除湿剤を使うと湿気を吸い取ってくれます。除湿剤には、シートタイプや棒状タイプなどがあるので、自宅の押し入れに合ったものを選びましょう。

羽毛布団を干す時のポイントは?

羽毛布団を干す時のポイントをわかりやすく説明します。

羽毛布団は日の当たる場所ではなく日陰の風通しが良いところに干します

日陰で干す

羽毛布団は日の当たる場所ではなく、日陰の風通しが良いところに干します。また、雨の日の翌日など湿気が多い時は避けましょう。干してしまうとかえって湿気を吸って、逆効果になってしまいます。時間は10〜15時頃の日中で、2〜3時間程度が最適です。途中で一度裏返して、全体的に乾燥させるようにします。たとえば、片面につき1時間ずつ干すと、両面をしっかり乾燥させられます。

日に当たる場合はカバーをかける

マンションなどで干せるスペースが限られていて、日陰に干せないケースもあります。その場合は、日に当たる場所に干しても問題ありません。しかし、干すときは布団カバーを必ずつけたままにしておきましょう。直射日光によって側生地が劣化する可能性があるからです。また、外に干して何かに引っ掛けてしまうと側生地に穴が開き、羽毛が出てきてしまうこともあるので注意しましょう。

室内で干しても大丈夫?

マンションのルールやスペースの問題などで、屋外には干せないという人もいるでしょう。室内でも湿気が少なく、風通しの良い場所であれば干しても大丈夫です。しかし、羽毛布団を広げて干すためのスペースを確保しておかなければなりません。また、犬や猫などのペットを室内飼っている人は、布団に噛みついたり汚したりする恐れがあるため注意が必要です。


羽毛布団の収納方法と注意点

収納前の準備ができたら、汚れや湿気がつく前に収納していきましょう。ここでは、具体的な収納方法と気をつけるべき点を紹介します。

羽毛布団の畳み方

中の羽毛を傷めないように、正しい方法で畳みましょう。ここでは、シングルサイズの場合の畳み方を紹介します。

【3等分して畳む方法】
1)縦方向に3つ折りに細く畳む
2)横からさらに3等分して畳む

【コンパクトに畳む方法】
1)細長く半分に折り畳む
2)片方から巻いていきコンパクトに畳む

羽毛布団を畳むときは、中の羽毛を傷めないように正しい方法で畳みましょう

このように、シングルサイズには2つの畳み方がありますが、空気を抜くために強く叩いてしまうと羽毛が傷んででしまいます。そのため、ぎゅーっとゆっくりとおさえて空気を抜くのがポイントです。また、1人で作業すると途中で布団が広がってしまうこともあるため、2人で作業をするとスムーズです。

通気性の良い袋やケースに入れる

羽毛布団を畳んだあとは、通気性の良い専用の収納袋や収納ケースに入れます。収納袋に入れる際は、ほこりが入らないように丁寧に収納することを意識しましょう。収納袋の素材は、不織布素材や綿だと通気性が良いためおすすめです。また、使用しなくなったシーツを利用するのも良いでしょう。

羽毛布団を畳んだあとは通気性の良い専用の収納袋や収納ケースに入れます

収納袋の口は2~3cm開けておく

収納袋に入れる際は、ファスナーを2〜3cm程度開けたままにしておきます。少し開けておくことで、湿気がこもるのを防げます。また、収納袋に防虫剤を入れる際は、臭いがきつくないものを選びましょう。これは、羽毛布団に匂いがうつることを防ぐためです。こうしておけば、湿気やにおいなどを抑えられます。

圧縮袋の使用はNG

基本的に、圧縮袋は使用してはいけません。圧縮袋に入れてしまうと、羽毛が傷んでしまい、元の状態に戻らなくなってしまうからです。羽毛布団は、羽毛が空気を含むことにより、暖かさやふわふわ感を保っています。

羽毛がつぶれてしまうと、そのような羽毛の質感が失われてしまいます。そのため、長く使いたいと考えている場合は、圧縮袋を使用せずに収納しましょう。

押し入れに入れる順番に気を付ける

押し入れに入れるときは順番にも気をつける必要があります。できるだけ押し入れの上の方にしまうようにしましょう。上に重たいものはのせず、一番上に置くことがベストです。羽毛布団の上に物をのせてしまうと、羽毛がつぶれる原因になります。羽毛布団をつぶさずに収納できるスペースを確保しておきましょう。

羽毛布団を収納するときはできるだけ押し入れの上の方にしまうようにしましょう

羽毛布団の買い替えを検討中なら「昭和西川」がおすすめ!

昭和西川ストアONLINE

昭和西川ストアONLINE

安心と豊富な品揃えの老舗寝具メーカーの公式ショッピングサイト!

羽毛布団をお探しなら「羽毛布団と言えば西川」といわれるほどの老舗メーカー、昭和西川株式会社の公式通販サイト「昭和西川ストアONLINE」を覗いてみるのはいかがでしょうか。

31,000万枚以上の販売実績を誇るレビュー4.5以上の日本製ドイツ産グース90%の「コンフォートマイスター羽毛布団」 や、1組で3way・365日快眠可能なフランス産ホワイトダック90%使用の「2枚合わせ羽毛ふとん」 は高品質でおすすめです。

羽毛布団の他にもCMでおなじみのタマゴ型の点で支える「ムアツふとん」など、ロングセラーの人気商品からタオルやホームウエア、ギフトなど幅広い商品を取り揃えてあります。

おすすめPOINT

  1. 全品送料無料、新規会員登録で500PTプレゼント
  2. キャンペーン、ラッピング無料などサービス面も充実
  3. 商品についての質問や相談にもスタッフが丁寧に対応してくれて安心
公式サイトを見る

まとめ

羽毛布団は長く使い続けるためにも、正しく収納することが大切です。収納する際は、事前に布団やシーツ、押し入れの汚れをすべて綺麗にしておきましょう。

ビーナスベッド 」 では、羽毛布団をはじめとして、睡眠の質の向上を期待できるさまざまな寝具を用意しています。また、お買い物の際は専門アドバイザーが案内するので、お気軽に相談いただけます。50年以上の歴史のあるベッド専門店を、ぜひご利用ください。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す