ビーナスベッドのオンラインショップへ

敷きパッドをコインランドリーで洗濯する手順をご紹介!衛生的で快適な状態を保とう

公開日:2022.03.08

更新日:2023.03.16

寝具 54,600 views

敷きパッドをマットレスなどに敷くと寝心地がよくなるため、利用している人もいるのではないでしょうか。しかし、使い続けるうちに汚れや衛生面が気になる場合もあります。敷きパッドはさまざまな方法によりお手入れが可能です。

そのなかでコインランドリーでのお手入れ方法が気になる人もいるでしょう。この記事では、敷きパッドをコインランドリーで洗濯をする方法や注意点をご説明します。


※当サイトで紹介している商品の中には一部アフィリエイト広告を利用しているものがあります。


敷きパッドは定期的な洗濯や手入れが必要

敷きパッドは定期的な洗濯や手入れが必要です。人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれており、敷きパッドにも汗が付着します。また、湿気、皮脂、フケなどが敷きパッドの衛生面に影響します。敷きパッドに汗が付着すると、ニオイや黄ばみのもとになります。

また、汗には皮脂が含まれており、湿気とともにダニやカビの発生の原因になってしまいます。ダニやカビが発生すると敷きパッドの劣化も早くなるため、敷きパッドは定期的な洗濯やお手入れが必要です。

敷きパッドに汗が付着すると、ニオイや黄ばみのもとになります。

敷きパッドは洗濯できるの?

敷きパッドはサイズが大きいため、洗濯できるのか悩んでいる人もいるでしょう。ここでは、敷きパッドの洗濯について説明します。

洗濯できる敷きパッドの素材

敷きパッドは、素材により自宅の洗濯機やコインランドリーで洗濯ができないものがあります。洗濯機やコインランドリーが利用できるのは、表示ラベルで「洗濯可能」となっているものです。素材がポリエステルやコットンなどであれば洗濯機で洗濯できます。

表示ラベルが「洗濯不可」となっている場合は、クリーニングにだしてください。洗濯ができない素材には、ウールやシルク、真綿、キルティング加工がなされているものがあります。以上のように、「洗濯可能」となっていれば基本的に洗濯機やコインランドリーでの洗濯が可能です。

「洗濯可能」となっていれば基本的に洗濯機やコインランドリーでの洗濯が可能です。
洗濯可能表示
表示ラベルが「洗濯不可」となっている場合は、クリーニングにだしてください。
洗濯不可表示

乾燥機の利用には注意が必要

敷きパッドを乾かす場合は、基本的に乾燥機の利用を控えましょう。乾燥機で敷きパッドを乾燥させると、製品そのものが縮んだり中綿がよれたりして、使えなくなる可能性があります。

自宅の洗濯機やコインランドリーで敷きパッドを洗濯した場合は、乾燥機を使わず自然乾燥をしてください。コインランドリーであれば、大容量の乾燥機もありますが、自宅に持ち帰って乾燥させましょう。なお、敷きパッドの乾かし方は後述します。

乾燥機で敷きパッドを乾燥させると、製品そのものが縮んだり中綿がよれたりして、使えなくなる可能性があります。

コインランドリーで敷きパッドを洗濯する手順

ここからは、コインランドリーで敷きパッドを洗濯する手順を紹介します。敷きパッドを洗濯するときは、以下の4つの手順に従って行います。

敷きパッドの洗濯表示を確認する

洗濯の前に、敷きパッドの表示ラベルで洗濯ができるかどうかを確認しましょう。表示ラベルを確認して、洗濯桶や洗濯機のマークがあれば洗濯機やコインランドリーでの洗濯が可能です。また、表示ラベルでは、手洗いができるかどうかも確認してみてください。

手洗いが不可となっていれば、洗濯機やコインランドリーは使えません。その場合は、クリーニングにだしましょう。

洗濯の前に、敷きパッドの表示ラベルで洗濯ができるかどうかを確認しましょう。

ホコリや落とせる汚れを取り除く

敷きパッドを洗濯する前の準備として、落とせそうなホコリや髪の毛やフケなどを取り除きます。先にホコリや髪の毛、フケを落とすことで、敷きパッドが洗濯後にきれいになりやすくなります。ホコリやゴミなどは、コロコロローラー(粘着テープ)やハンドクリーナーなどで取り除いてみてください。

シミ汚れがあるときは、スプレータイプの漂白剤を吹きかけたり液体洗剤を薄めて含ませたりするといいでしょう。素材によっては漂白剤が使えない敷きパッドもあるので、あらかじめ洗濯表示の確認が必要となります。

敷きパッドを洗濯する前の準備として、落とせそうなホコリや髪の毛やフケなどを取り除きます。
シミ汚れがあるときは、スプレータイプの漂白剤を吹きかけたり液体洗剤を薄めて含ませたりするといいでしょう。

洗濯機やコインランドリーのドラム容量を確認する

敷きパッドには重量のあるものや厚手のものがあるため、自宅の洗濯機やコインランドリーのドラムに入るかどうか、事前に確認する必要があります。目安としてドラムの容量が7㎏以上であれば、ほとんどの敷きパッドが問題なく洗濯できるでしょう。ダブルサイズの敷きパッドも5~7kg位のドラム容量なら洗濯できます。

ただし、敷きパッドの中材に厚みがあると7㎏前後のドラムに入らないことがあります。その場合は、コインランドリーの大容量のドラムを使ってみてください。

敷きパッドには重量のあるものや厚手のものがあるため、コインランドリーのドラムに入るか、事前に確認しましょう。

敷きパッドを洗濯ネットに入れて洗濯する

敷きパッドを洗う際は、汚れている部分が外側になるように丸めてから洗濯ネットに入れましょう。ドラムに入れるときは、普段、利用している面を下にすると汚れが落ちやすくなります。洗濯モードが選べるときは、「弱洗い」にすることで敷きパッドへのダメージを少なくします。

敷きパッドを洗う際は、汚れている部分が外側になるように丸めてから洗濯ネットに入れましょう。

洗濯した敷きパッドの乾かし方

洗濯後は、干し方を工夫することで乾燥機を使わなくても早く乾かすことができます。ここでは、外で干す場合と室内で干す場合について説明します。

外で干す場合

外で干す場合は、2本の物干し竿を平行に並べて敷きパッドがM字型になるように干すと早く乾きます。敷きパッドに重さがあるときは、布団ばさみなどを使って固定しましょう。

外で干す場合は、2本の物干し竿を平行に並べて敷きパッドがM字型になるように干すと早く乾きます。
M字 干し方

室内で干す場合

室内で干すときは、ハンガーを使って敷きパッドが重ならないように隙間をつくると早く乾きやすいです。ピンチハンガーを使う際も、ジグザグに間隔をあけて折って干しましょう。さらにサーキュレーターや扇風機で風を当てると、乾きやすくなります。空気の通り道を意識して干してみましょう。

室内で干すときは、ハンガーを使って敷きパッドが重ならないように隙間をつくると早く乾きやすいです。

敷きパッドをコインランドリーで洗えないときの対処方法

ここからは、敷きパッドをコインランドリーで洗えないときの対処方法を紹介します。敷きパッドがコインランドリーで洗えない場合は、クリーニングにだしてください。たとえば、ウールなどの素材は水洗いをすると型崩れを起こすため、クリーニングにだしましょう。

敷きパッドがコインランドリーで洗えない場合は、クリーニングにだしてください。

しかし、敷きパッドをクリーニングにだすと、割高な料金になることがあります。できるだけ費用をかけずにお手入れしたいときは、足踏み洗いをしてみましょう。足踏み洗いは、敷きパッドを屏風のように折りたたんで浴槽に入れます。たたんだ敷きパッドが浸るくらいの洗剤液を浸して、浴槽の中でまんべんなく踏みます。

すすぐときは、きれいな水に取り替えて洗う際と同じ要領で浴槽の中で足踏みをしてください。すすぎの回数は2回が目安です。すすいだ後は、浴槽の縁にかけて自然に水を切りましょう。

なお、素材により足踏み洗い(水洗い)ができない場合があるため、表示ラベルを確認しておきましょう。

敷きパッドを洗濯する頻度は?

敷きパッドは定期的なお手入れが必要ですが、洗濯をする頻度が気になるところです。ここでは、敷きパッドの洗濯頻度について説明します。

敷きパッドに直接寝ている場合

敷きパッドに直接寝ているときは、1〜2週間に1度は洗濯をしてください。敷きパッドに直接寝ると、汗や皮脂、フケなどの汚れが付着しやすいため、こまめな洗濯が必要です。

敷きパッドに直接寝ると、汗や皮脂、フケなどの汚れが付着しやすいため、こまめな洗濯が必要です。

敷きパッドの上にシーツを敷いている場合

敷きパッドの上にシーツを敷いている場合は、2〜3か月に1回のペースで洗濯をしましょう。一般的に敷きパッドは直接寝ることを想定していますが、手入れの頻度を少なくしたいときはシーツをかけて利用してみてください。ただし、シーツを利用するときは、シーツの洗濯を週1〜2回のペースで行いましょう。

季節により洗濯の頻度を検討する

敷きパッドは季節により洗濯の頻度を考えることも大事です。夏場は寝ているときの汗の量が多いため、1週間に1回の洗濯が理想的です。また、子供は汗をかきやすいため、お子さんが敷きパッドを使っているときは汚れなどをこまめにチェックしましょう。

冬場は夏場に比べると就寝中の汗の量は少ないものの、汚れ具合を確認して2週間に1回は洗濯をしたいところです。季節を問わず、シーツを利用している場合は2か月に1回は洗濯をしておきましょう。洗濯をしない日は掛け布団を外して、敷きパッドの湿気を取り除くとお手入れがしやすくなります。

敷きパッドの中わたの素材ごとに注意したいこと

敷きパッドはさまざまな中わた素材のものがあり、その素材によって特徴が異なります。以下で素材ごとの注意点を紹介します。お手入れの際の参考にしてください。

ポリエステル

ポリエステル70%、綿30%などの素材は洗濯のときに摩擦で毛玉ができることがあります。洗濯の際は、洗濯ネットに入れて洗いましょう。ポリエステル素材は安価なものが多く、購入しやすい反面、洗濯で繊維が縮んで中材がダマになりやすい点に注意が必要です。

ポリエステルは洗濯のときに摩擦で毛玉ができることがあるため、洗濯ネットに入れて洗いましょう。

綿

綿は乾くまでに時間がかかるため、時間に余裕を持って洗濯をしましょう。綿は扱いやすく汗を吸収してくれる点がメリットですが、洗濯によって中材がダマになることがあります。

綿は乾くまでに時間がかかるため、時間に余裕を持って洗濯をしましょう。

麻は洗った後に硬くゴワつきがでるため、柔軟剤に対応しているコインランドリーを選んでください。自宅で洗濯する際も柔軟剤を使いましょう。素材の特徴として、洗濯後に吸湿性や吸水性が低下することがあります。

麻は洗った後に硬くゴワつきがでるため、柔軟剤に対応しているコインランドリーを選んでください。

日ごろからできる敷きパッドのお手入れ方法

敷きパッドは1週間から数か月おきの洗濯が必要ですが、日ごろからお手入れすることで綺麗な状態を保つことができます。日ごろのお手入れでは、除菌スプレーや消臭スプレーを吹きかけることで菌やニオイの発生を防ぐことが可能です。敷きパッドから20cmくらい離して軽く湿るくらいまで吹きかけましょう。

ニオイや汚れが気になっても、すぐに洗濯ができないときも除菌スプレーや消臭スプレーを活用して、お手入れをしてください。

ニオイや汚れが気になっても、すぐに洗濯ができないときも除菌スプレーや消臭スプレーを活用して、お手入れをしてください。

まとめ

敷きパッドは自宅の洗濯機やコインランドリーで洗濯できます。素材やサイズによりコインランドリーも使えない場合は、クリーニングにだしましょう。また、日ごろからお手入れをすることで常に綺麗な状態を保つことが可能です。

なお、ビーナスベッドでは敷きパッドなどの寝具を豊富に取り揃えております。日本最大級のベッドショールームを持っており、専門アドバイザーがご案内いたします。この機会にビーナスベッドの寝具などをご覧ください。

おすすめ記事

  • 腰痛におすすめのマットレスとは?選び方や注意ポイントも紹介
  • 枕なしで寝るのはOK?メリット・デメリットや質のよい睡眠環境を整えるコツを解説
  • 寝る前のコーヒーは睡眠改善に効果的?よりよい睡眠のために知っておきたい正しい飲み方
  • 横向き寝の人におすすめなマットレスとは?正しい選び方やおすすめ商品を紹介
  • マットレスにそのまま寝るのはNG?何を敷くのが正解?原因と対処法を解説
  • 寝ている時にビクッとなるのはどうして?原因と対策を紹介
  • 寝具専門店がおすすめする高反発マットレス8選!比較ランキングや選び方も紹介
  • ストレートネックの改善におすすめの枕7選|枕選びのポイントも紹介

寝具専門店おすすめのマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレスは、 硬めのウレタンフォームがしっかりと身体を支えつつ、厚み2cmの中綿入りキルティングカバーによりフィット感のある寝心地を実現したマットレスです。

業界トップクラスの反発力73%の高弾性ウレタンが自然な寝返りをサポートしてくれるため、肩こりや腰痛、寝起きの疲れなどのお悩みをお持ちの方にもおすすめです。

キルティングカバーは夏面(吸汗速乾わた使用)と冬面(吸湿発熱わた使用)に分かれているため、1年中快適にご使用いただけます。防ダニ・抗菌・防臭加工を施しており、耐久性も高く、ロール状に三つ折りが可能など、マットレスに欲しい機能を全て詰め込んだ高品質・高機能マットレスに仕上がっています。圧縮梱包でお届けしますので、搬入の心配もいりません。

雲のやすらぎプレミアムマットレス

「雲のやすらぎプレミアムマットレス」 は「リモートワークで腰痛になった」「寝ても疲れがとれない」などのお悩みのある方におすすめな極厚17cm・5層構造のマットレスです。

まるで浮いているような寝心地の秘密は腰・背中・お尻などの負担を徹底研究してつくられた独自の体圧分散製法。また、夏は通気性・防ダニ・抗菌・防臭、冬は抜群の弾力・保温力・吸収力を発揮してくれるリバーシブル設計で、オールシーズン快適。安心の日本製で、へたりにくさ99.9%も実証済。さらにカバーも取り外して洗える新機能を搭載。

寝具業界では最長水準の100日間の返金保証キャンペーンも実施中。まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

エマ・マットレス

商品リンク

「エマ・マットレス」は「寝ている時に腰の痛みで目が覚める」「寝るまでに時間がかかる」「十分に寝ていても疲れを感じる」といった悩みをお持ちの方におすすめなマットレスで、体圧分散性の高さと、通気性の良さが特徴です。寝返りもしやすいので身体の一点に負荷がかかることも少なくなります。

「エマ・マットレス」には100日のお試し期間が設けられているので気軽に試すことが出来るのもポイントです。耐用年数が高く、10年保証も付いているので、安心して購入することができます。

NELLマットレス

「NELLマットレス」は「株式会社Morght」と老舗マットレス会社が共同開発したポケットコイルマットレスです。腰部分に硬めのポケットコイルを配置することで睡眠中の自然な寝返りをサポートしてくれるので、寝ている間に体にかかる負荷を軽減してくれます。また、薄いウレタンと不織布を交互に重ねた詰め物を使用ているので、通気性がよく、寝ている間の深部体温を下げ、気持ちのよい眠りを実現してくれます。

商品が到着してから120日のトライアル期間が設けられているのも嬉しいポイントです。特に、マットレスは実際に何日間か試してみないと寝心地などがわからないので、自分に合うマットレスを探している人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

SOMRESTA マットレス PREMIUM

商品リンク

「SOMRESTAマットレスPREMIUM」は欧米有名ブランドにも劣らない高品質で、日本人に合った寝心地と豊富な機能を持ったプレミアム高反発マットレスです。

高い吸放湿性や消臭・抗菌防臭・防ダニ・低ホルムアルデヒドなどマットレスにあると安心の機能がたくさん詰め込まれています。キルティングカバーも外して洗うことが可能なので、衛生的に使用することができるのも嬉しいポイントです。また、日本のメーカーが企画から生産指示、輸入、直売まで一貫して行うため余計なコストが全てカットされており、 高品質でありながらお買い求め易いお値段になっています。

睡眠不足や不眠、腰痛、肩こり、寝つきが悪い、しっかり寝たはずなのに翌朝疲れている、などのお悩みがある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す