ビーナスベッドのオンラインショップへ

テンピュールのマットレスは腰痛持ちにおすすめ?腰痛に効くマットレスの選び方も解説

公開日:2020.01.29

更新日:2021.07.30

お役立ち情報 11,386 views
Pocket
LINEで送る

体の要ともいわれる腰が痛いと、日常生活にストレスがかかりますよね。ベッドやマットレスに原因があるのでは、と見直しを検討している人もいるでしょう。ここでは、テンピュールのマットレスに焦点をあて、腰痛との関連性を解説します。また、腰痛の悪化を防ぐのに向いているマットレスのポイントも説明します。


腰痛持ちにテンピュールのマットレスはおすすめ?

テンピュールマットレスと腰痛の関係性を、テンピュールの基礎知識とメリット・デメリットから解説します

テンピュールとは?

テンピュールの基礎知識とメリット・デメリット

ロケット打ち上げ時に宇宙飛行士にかかる重力の影響を和らげるため、NASAの研究をもとに開発された素材をテンピュール素材といいます。のちに、この素材はマットレスや枕などに商品化されました。

テンピュール素材の特徴は、非常に低反発ということです。この素材は、かけた圧力を分散して小さくしたり、衝撃を吸収したりする特徴もあります。

テンピュールのマットレスの特徴とは?

テンピュール素材は低反発のため、マットレスに横たわると、まるで体を包むように沈み込むのが特徴です。体のラインは人それぞれ違いますが、テンピュール素材は体形、姿勢にかかわらず体にフィットし、柔らかい寝心地をもたらします。また、睡眠を妨害する振動などを吸収しやすくなっています。

メリット

大きなメリットは、なんといっても体にフィットする柔らかい寝心地です。初めて横たわると、自分のために特注したように感じるかもしれません。また、形状記憶素材なので使用後はもとの形に戻り、へたりにくいのもメリットといえます。

テンピュールマットレスの大きなメリットは、なんといっても体にフィットする柔らかい寝心地

デメリット

一般的な低反発素材より工夫されているものの、テンピュール素材は通気性が悪く、さらに、気温が高い季節は柔らかくなるという特徴があります。これにより、暑い季節には密度の高い素材がより体にフィットしてしまい、暑く感じてしまうという人もいます。また、低反発のため体の中でも重量のある腰部が沈み込み、そこに負担がかかるというデメリットもあります。

テンピュールのマットレスの評価とは?

腰痛の問題から見たテンピュールの評価について、整体師、販売員、ユーザーの意見をピックアップしました。

整体師からの評価

整体師のなかには、テンピュールなどの低反発マットレスは腰痛の改善に適していないと評する人もいます。理由としては、あおむけのときも横向きのときも腰部がマットレスに沈み込み、長時間負担がかかるからです。

しかし、テンピュールのマットレスにも硬めのものや、コイルを組み合わせたものがあります。できれば、ショールームなどに足を運び、快眠アドバイザーのサポートを受けながら腰痛への影響を実際に確かめてみるのがよいでしょう。

販売員からの評価

マットレス販売員の評価で目立つのは、体が沈み込み過ぎない高反発のマットレスのほうが、腰痛持ちの人に人気であり、おすすめというものです。

ただし、前述の通りテンピュールにも硬めのものがあるので、気になる人はショールームなどに足を運び、実際の寝心地を試したり、専門スタッフがいるネットショップでマットレス選びについて相談してみるとよいでしょう。

ユーザーからの評価

腰痛の度合いなどにより、テンピュール素材の使用は向き不向きがあります。それを踏まえたうえでユーザーの評価を見ると、やはり筆頭には「寝心地がよい」「フィット感がある」という評価が目立ちます。しかし、お尻の部分などが沈み寝返りがうちにくく、朝起きたときに疲労感があるという声もありました。

また、寝るときは感じなくても、朝起きたときに腰が痛いという評価もあります。これらの評価を総合すると、寝心地はよいが腰痛持ちの人には向かないといえるかもしれません。

テンピュールのマットレスが腰痛持ちにおすすめできない理由とは?

ここでは、腰痛への影響という視点から、テンピュール素材の特徴について改めて整理してみましょう。

低反発素材

テンピュールは低反発の素材であり、重さを加えると沈み込むという特徴を持っています

テンピュールは低反発の素材であり、重さを加えると沈み込むという特徴を持っています。また、重いものほど深く沈み込むのも特徴です。そのため、前述したように、体を横たえると重量のある腰部が深く沈み込んでしまい、そこに負担が集中してしまいます。長時間負担がかかり続けることで、腰痛が悪化してしまう可能性が高いと考えらます。

寝返りが減る

テンピュールなどの低反発素材は、高反発素材に比べて寝返りの回数が減るといわれています。頻繁な寝返りは睡眠の妨げになるため、これはメリットに思えるでしょう。しかし、寝返りの回数が減ると、腰部に負担がかかる姿勢で長時間過ごすことにもなってしまうのです。

また、低反発素材は高反発素材よりも寝返るときに筋力が必要となります。筋力が弱っていると、寝返りの際に体に負担をかける可能性もあります。

温度による寝心地の変化

テンピュール素材は温度により硬さが変化するという特徴を持っており、寒い時期は硬く、暑い時期は柔らかくなります。そのため、購入時はベストだと思ったテンピュールマットレスの硬さも、季節が変われば体に合わなくなる可能性があります。体に合わない硬さに変化したとき、その季節は寝心地のよくないマットレスで寝ることになるので、腰痛にも影響すると考えられます。

通気性があまりよくない

低反発素材の通気性の悪さは、寝苦しさの一因になる可能性があります。人は寝ている間にコップ1杯ほどの汗をかくといわれており、通気性の悪いマットレスを使うと寝具に湿気がこもってしまいます。この状態に耐えながら寝ていると、睡眠の質が悪くなってリラックスできず、体に力が入って筋肉に負担がかかるようになるでしょう。筋肉に負担がかかれば、腰痛にもよくない影響が出る可能性があります。


腰痛持ちに向くマットレス!選ぶ際に覚えておきたいキーワードとは?

腰痛持ちの場合、どんなマットレスを選ぶべきでしょうか。キーワードをピックアップして、解説します。

体圧分散

人の背中はS字にカーブしており、あおむけになると、膨らみにあたる肩甲骨部分や腰部に体圧がかかります。体圧は負荷となるため、この体圧を分散してくれる構造のマットレスが腰痛の悪化を防ぐと考えられるでしょう。

体圧を分散してくれる構造のマットレスが腰痛の悪化を防ぐと考えられる

理想的な体圧分散には、負荷がかかる部分ほどしっかり支えてくれる硬さがポイントです。マットレスの硬さはニュートン値という値で表現されており、75ニュートン未満が「柔らかめ」、75~110ニュートン未満が「普通」、110ニュートン以上のものが「硬め」となっています。

低反発と高反発

低反発と高反発、どちらのマットレスを選ぶかもポイントです。反発とは「跳ね返す力」のことなので、低反発マットレスは体圧を跳ね返さずに沈み込み、高反発マットレスは跳ね返すとイメージするとわかりやすいでしょう。

腰痛持ちには高反発のマットレスが向いている

この反発力があると、沈み込んで負荷がかかりがちな腰部をしっかり支えてくれるため、理想的な寝姿勢を保ちやすくなります。負担のかからない姿勢で寝ていることは、腰痛の悪化を防ぐポイントなので、腰痛持ちには高反発のマットレスが向いているといえます。

寝返り

寝返りがうちやすいことも重要なキーワードです。長時間腰部に同じ負荷がかかると、血行が滞って筋肉がこってしまい、それが腰痛悪化の引き金になる可能性もあります。寝返りも一種の体圧分散といえるので、適度な寝返りをうてることが大切です。

寝返りがうちやすいことも重要なキーワード

実際に試す

低反発マットレスが腰痛に影響するかは、体重などによって個人差があります。新しいものを試してみたいならまずはショールームなどに足を運びましょう。快眠アドバイザーのサポートを受けながら実際に売り場で寝転がってみることによって自分の腰との相性がわかり、納得のいくマットレスを選べるでしょう。

まとめ

テンピュールマットレスの特徴や各方面からの評価、腰痛の悪化を防ぐマットレスのポイントについて解説しました。腰痛持ちの場合は高反発のマットレスが向いていますが、テンピュールのマットレスが気になる場合はショールームなどに足を運び、快眠アドバイザーのサポートを受けながら相性を確認してみるのもよいでしょう。

ビーナスベッド 」 では、腰に負担がかかりにくいマットレスやベッド、睡眠の質を上げる寝具を豊富に取り揃えています。日本最大級のショールームには、国内外のブランドのベッドやデザインと機能にこだわったオリジナルベッドなど、常時100台以上を展示しています。

また、 当店ではベッドやマットレスをご購入いただくと、設置場所までの移動と開梱、組立設置、大量に出るダンボールや発泡スチロールなどの梱包資材の処分まで、配送員が全ての作業を無料で行います。 時間の節約にもなり、組立に自信がない方も安心です。新しいベッド・マットレスを購入し、今まで使っていたベッドやマットレスが要らなくなった方向けの『ご不要ベッド・マットレス引取りオプション(有料)』もあります。

ショールームでは快眠アドバイザーが、ネットショップでは専門スタッフが、最高の寝具選びをアシストします。身体に優しいベッドで、毎日の眠りを快適なものにしていきましょう。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す