ビーナスベッドのオンラインショップへ

おすすめのキングサイズベッドを紹介|選び方のポイントや注意点も解説

公開日:2020.04.16

更新日:2021.07.30

お役立ち情報
Pocket
LINEで送る

大きなキングサイズのベッドを使用すると、ゆったりと眠ることができます。この記事では、大きめのベッドを探している人に向けて、キングサイズのベッドの詳細を解説します。ぜひ自身のベッド選びの参考にしてください。


キングサイズベッドの大きさとは

キングサイズベッドは、シングルサイズを2枚ほど並べたサイズで、大人2人で寝ても余裕があります

キングサイズベッドの大きさは、横が180cm、縦が195cm程度です。サイズ感としては、シングルサイズを2枚ほど並べたサイズで、大人2人で寝ても余裕があります。

ベッドのサイズを紹介

ベッドにはキングサイズ以外にもさまざまなサイズがあります。そこで、キングサイズも含めて、他のベッドのサイズも以下で確認しておきましょう。

ベッドサイズ マットレスの推奨サイズ
シングル 幅97cm×長さ195cm
セミダブル 幅120cm×長さ195cm
ダブル 幅140cm×長さ195cm
クイーン 幅160cm(80cm×2枚)×長さ195cm
キング 幅180cm(90cm×2枚)×長さ195cm
ロング 幅97~180cm×長さ207cm

※参考: ベッド専門店ビーナスベッドがおすすめするベッドサイズの選び方

メーカーによって、サイズに差異がある場合もある

先程キングサイズのおおよその寸法を説明しましたが、メーカーによってサイズが異なる場合もあります。そのため、購入前にベッドフレームとマットレスの大きさがあうか確認しておきましょう。

キングサイズベッドのメリット

ここからは、キングサイズのメリットを3つ解説します。

2人でもゆったりと眠ることができる

キングサイズベッドなら、大人2人で寝る場合でも余裕をもってゆったりと眠ることができます。また、寝返りも打ちやすいため、相手の睡眠を妨げる心配もいりません。2人でゆとりをもって寝たい場合は、クイーン以上を選ぶとよいでしょう。

キングサイズベッドでは家族で一緒に眠ることができる

家族で一緒に眠ることができる

子供が小さいうちは、キングサイズベッドであれば夫婦2人と子供が一緒に寝られます。そのため、これから子供と一緒に寝ることを考えている新婚夫婦にもおすすめです。

部屋がラグジュアリーな雰囲気になる

キングサイズベッドは、高級ホテルのダブルルームに実際に置かれているサイズです。置くだけで、部屋をラグジュアリーな雰囲気に格上げしてくれます。部屋をホテルライクにしたい人におすすめです。

キングサイズベッドのデメリット

ここからは、キングサイズベッドのデメリットを2つ紹介します。

シーツなどのアイテムが限られている

キングサイズはあまり一般的ではないため、シングル~ダブルサイズに比べてシーツやマット類の種類が少ないです。そのため、シーツなどのデザインにもこだわりたい場合、見つけにくいことがあるかもしれません。

キングサイズは非常に大きいサイズになるため、事前に家具のレイアウトを考えておくと安心です

部屋に十分なスペースがない場合は、圧迫感を感じる

キングサイズは非常に大きいサイズになるため、部屋に十分なスペースがない場合、部屋が狭く感じてしまいます。キングサイズのベッドを置く場合は、8畳以上あるとゆとりをもって置けるでしょう。事前に家具のレイアウトを考えておくと安心です。

キングサイズのベッドを選ぶときの注意点

キングサイズベッドを選ぶときには注意したい点があります。ここでは、2点解説します。

搬入経路の確認をする

キングサイズのベッドフレームやマットレスは大きいため、設置する部屋までの搬入経路を事前に確認しておく必要があります。特にマンションの場合は、エレベーターに乗らない、玄関に入らないケースも十分考えられます。そのため、共有部も含めてしっかり確認しておくことが大切です。

キングサイズのベッドフレームやマットレスは大きいため、設置する部屋までの搬入経路を事前に確認しておく必要があります

マットレスが分割されている場合がある

キングサイズのマットレスのなかには、シングルサイズのマットレスが2つになって分割されているものもあります。希望のマットレスの形状かどうか確認しておきましょう。シングルサイズのマットレス2つの場合、隙間が気になって寝心地が悪いと感じることもありますが、寝返りなどの振動が相手に伝わりにくいため、お互いの睡眠を妨げる心配がないというメリットもあります。
どうしても隙間が気になる場合は、ベッドパッドや隙間スペーサーなどの利用をおすすめします。

しかし、自宅の玄関が狭い場合は、シングルサイズのマットレス2枚だと搬入が楽になるケースもあるでしょう。

キングサイズベッドの選び方

キングサイズのベッドを選ぶときは、いくつか意識したいことがあります。ここからは、選び方のポイントを3つ解説します。

マットレスの種類を選ぶ

マットレスは、大きく分けてコイルマットレスノンコイルマットレスにわかれます。コイルマットレスには、「ボンネルコイル」「ポケットコイル」「高密度連続スプリング」があります。

コイルマットレスのなかでもポケットコイルは、振動が伝わりづらいことから、2人以上で寝たい場合に最適です

ボンネルコイルは、コイルが連結しており、体を面で支える硬めなマットレスです。ポケットコイルは、コイルが1つ1つ独立しており、振動が伝わりづらいのが特徴です。高密度連続スプリングは、コイル1列が端から端まで連続しているもので、耐久性が高いことが特徴です。

コイルマットレスのなかでもポケットコイルは、振動が伝わりづらいことから、2人以上で寝たい場合に最適です。また、ノンコイルマットレスは、クッション層にウレタンフォームなどの素材を使用したマットレスで、キングサイズでは数が少ないです。

マットレスの硬さを選ぶ

マットレスの硬さを選ぶ時どちらにするか迷ったら、少し硬めを選ぶとよいでしょう

マットレスを選ぶときは、硬さも意識する必要があります。どちらにするか迷ったら、少し硬めを選ぶとよいでしょう。もし硬すぎても、後にベッドパッドで調節できるからです。一般的には、男性が硬めを好み、女性が柔らかめを好むといわれています。

2人の間であまりにも好みに差があり、1つに絞り込めない場合は、シングルサイズ2つを並べることを検討してもよいでしょう。

ベッドフレームを選ぶ

ベッドフレームを選ぶ際は、まず収納の有無を確認します。収納が少ない部屋の場合は、収納のあるフレームを選ぶと部屋がすっきりとするでしょう。2人以上で寝るなら、安定感があり、振動が伝わりづらいため、ローベッドがおすすめです。

部屋のインテリアになじむ材質やデザインを選ぶことも大切です。

2人以上でキングベッドで寝るなら、安定感があり、振動が伝わりづらいため、ローベッドがおすすめです

おすすめのキングサイズベッドを紹介

ここからは、おすすめのキングサイズベッドを4つ紹介します。

コルツ〔ウォールナット〕

ベッドの高さは低く、飽きのこないシンプルでスタンダードなデザインです。世界三大銘木の一つである高級素材「ウォールナット材」を使用しています。セットで付属しているマットレスは、「国産ポケットコイルマットレス」で、体への負担も軽減され、快眠へとつながります。

ブラン

ヘッドに散り外し可能なクッションが付いたタイプです。ふんわりとしたクッションが優しい印象をもたらし、部屋におしゃれな雰囲気を演出してくれます。
付属の木製の脚は取り外しができ、ロータイプに変更して、部屋を広く見せることもできます。マットレスをのせる床板はすのこ仕様で通気性に優れているため、気持ちよく寝られるでしょう。

ヴェール〔ナチュラル〕

ヴェールのヘッドボードはシンプルなデザインで、落ち着いた上品のある質感に仕上がっています。直線ラインが特徴で、スッキリとした印象です。床板はすのこ仕様で湿気対策も十分にも施されています。
高さを好みにあわせて「ハイタイプ」「ミドルタイプ」「ロータイプ」に調整できます。

ドミールⅡ 〔 ブラウン 〕

ウォールナットの美しい木目と緩やかな曲線を描いたヘッドボードが高級感を演出するドミール。ヘッドボードの中棚には小物を置けるスペース(奥行き7cm)と2口コンセントがあり、機能面でも大満足。ベッド下のスペースも18cmと高めの設計で腰掛けやすく、細身の脚でスッキリとした空間に見える所もポイントです。

おすすめ快眠マットレス3選

キングベッドの大きさは、マットレスサイズで幅180×長さ195cm。
マットレスは幅90cmのマットレスを2枚並べて180cmにする「2枚仕様」がおすすめです。マットレスが分かれることで隣の人の振動も気にならず搬入やメンテナンスの上で扱いやすいメリットがあります。

ビーナスベッド 国産ポケットコイルマットレス

「国産ポケットコイルマットレス」は当店「ビーナスベッド」で人気No.1のオリジナルマットレスです。体を「点」で支えてくれるので、体圧が分散されリラックスした状態の寝姿勢を保つことができ、背中や腰、肩などへの負担が軽減されます。また、 構造的に振動が伝わりにくいため、大切な方の眠りを妨げにくいのも特長です。

硬鋼線よりも規格が厳しいピアノ線のスプリングを使用し、強度や品質を高めました。詰め物にはウレタンフォームや防臭・防菌加工を施した綿などを使用し、側生地は肌触りのいい綿100%となっています。

区分 ポケットコイルマットレス
サイズ セミシングル:80×195cm
シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
ワイドダブル:150×195cm
クイーン:160×195cm
キング:180×195cm
+各種ロングサイズ(長さ207cm)のご用意もあります。
価格 セミシングル:36,900円
シングル:44,800円
セミダブル:52,800円
ダブル:59,800円
ワイドダブル:68,800円
クイーン:73,800円
キング:77,800円
厚み 20cm
硬さ ふつう
お試し期間 なし
保証期間 なし
この商品の詳細はこちら

エマ・マットレス

「エマ・マットレス」は「寝ている時に腰の痛みで目が覚める」「寝るまでに時間がかかる」「十分に寝ていても疲れを感じる」といった悩みをお持ちの方におすすめなマットレスで、体圧分散性の高さと、通気性の良さが特徴です。
寝返りもしやすいので身体の一点に負荷がかかることも少なくなります。

マットレスの寝心地などは実際に試してみないと分からないものですが、「エマ・マットレス」には100日のお試し期間が設けられているので気軽に試すことが出来るのもポイントです。耐用年数が高く、10年保証も付いているので、安心して購入することができます。

高機能・高品質のマットレスでありながら値段がそこまで高くない点も魅力の1つなので、気になる方は是非一度試してみてください。

区分 ウレタンマットレス
サイズ シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
クイーン:160×195cm
キング:180×195cm
価格 シングル:67,000円
セミダブル:77,000円
ダブル:87,000円
クイーン:97,000円
キング:107,000円
厚み 25cm
硬さ ふつう
お試し期間 100日間
保証期間 10年間

POINT

※現在メルマガに登録するだけで初回限定の「エマ・マットレス」全サイズ20%OFFクーポンがもらえる特別セールを実施しています。

POINT

※下記の期間限定で「エマ・マットレス」全サイズ40%OFFの特別セールを実施しているので、気になる方はこのタイミングで購入するのがおすすめです!

2021年11月22日(月) 10:00 ~ 2021年12月5日(日) 23:59

NELLマットレス

「NELLマットレス」は「株式会社Morght」と「 株式会社ルービックJP 」が共同開発したポケットコイルマットレスです。腰部分に硬めのポケットコイルを配置することで睡眠中の自然な寝返りをサポートしてくれるので、寝ている間に体にかかる負荷を軽減してくれます。また、薄いウレタンと不織布を交互に重ねた詰め物を使用ているので、通気性がよく、寝ている間の深部体温を下げ、気持ちのよい眠りを実現してくれます。

商品が到着してから120日のトライアル期間が設けられているのも嬉しいポイントです。特に、マットレスは実際に何日間か試してみないと寝心地などがわからないので、自分に合うマットレスを探している人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

区分 ポケットコイルマットレス
サイズ シングル:95×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
クイーン:160×195cm
キング:190×195cm
価格 シングル:75,000円
セミダブル:90,000円
ダブル:105,000円
クイーン:130,000円
キング:150,000円
厚み 21cm
硬さ ふつう
お試し期間 120日間
保証期間 10年間

POINT

※現在「NELL マットレス」全サイズ15%OFFのスペシャルSALEを実施しています。(最大22,500円 割引)

▽ 開催期間 ▽
2021年8月20日 12:00

2021年9月20日 23:59

POINT

※当サイトをご覧になっている方限定で「NELL マットレス」全サイズ10%OFFのスペシャルクーポンを発行していただいています。(最大15,000円 割引)

商品を購入する際、カート画面で次のクーポンコードをコピーして貼り付けてください!


venusbed

キングサイズのベッド・マットレスにあわせるアイテムとは

ここからは、キングサイズのベッド・マットレスにあわせるアイテムを紹介します。

ベッドパッド

ベッドパッドとは、マットレスの上に敷くパッドのことです。厚みのあるものを使用すればマットレスの硬さを調節できます。さらに、汗を吸い取る機能を持ったものなど、さまざまな種類があります。マットレスを清潔に保つほか長持ちさせる効果もあるため、使用するのがおすすめです。

マットレスを連結させる場合は、キングサイズのベッドパッドを使うことで、隙間を感じにくくなるメリットがあります。

ポリエステル ウォッシャブル ベッドパッドの商品ページはこちら

ポリエステル ウォッシャブル ベッドパッド

表面生地をピーチスキン調に加工する事で、柔らかくてなめらかな肌触りに仕上げました。ポリエステル100%でへたりにくく乾きが早いので、ご家庭で手軽にお洗濯可能です。

隙間スペーサーと固定ベルト

隙間スペーサーや固定ベルトを使用することで、2枚のマットレスの間の隙間を埋めることができます。もしベッドパッドを敷いても隙間が気になるのなら、使用してみましょう。

マットレスすき間解消 すき間パッド (洗える制菌速乾タイプ)はこちら

マットレスすき間パッド(洗える制菌速乾タイプ)

マットレスの隙間を解消する、すき間パッドの洗える制菌速乾タイプ。ボリュームを抑えた仕様でフィット感抜群!さらに洗濯可能なので、いつでも清潔にご使用いただけます。

2枚のマットレスをしっかりと固定する「マットレス固定ベルト」はこちら

マットレス固定ベルト

2枚のマットレスをしっかりと固定するマットレス固定ベルト。最大でダブルサイズのマットレス2枚分(周囲最大10mまで)の多くのサイズに対応可能!長さ調節はバックルとアジャスターで簡単に調節可能です。

まとめ

キングサイズのベッドは、サイズが大きいため余裕を持ってゆったりと寝られます。実際にキングサイズのベッドを選ぶ際には、マットレスの硬さやベッドフレームなども自分にあったものを選ぶことが大切です。

ビーナスベッド」では、キングサイズのベッドを豊富に取り扱っています。さらに、睡眠の質を上げるマットレスや枕なども豊富にあり、ショールームをご利用の方はもちろん、ネット販売でも専門アドバイザーに相談しながら選ぶことが可能です。

また、 当店ではベッドやマットレスをご購入いただくと、設置場所までの移動と開梱、組立設置、大量に出るダンボールや発泡スチロールなどの梱包資材の処分まで、配送員が全ての作業を無料で行います。 時間の節約にもなり、組立に自信がない方も安心です。新しいベッド・マットレスを購入し、今まで使っていたベッドやマットレスが要らなくなった方向けの『ご不要ベッド・マットレス引取りオプション(有料)』もあります。

これからキングサイズのベッドの購入を検討している人は、利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す