トップに戻る

夏季休業につきまして
ビーナスベッドの感謝SALE!

ベッド専門店ビーナスベッドがおすすめするベッドサイズの選び方

ベッドサイズの選び方 - シングルベッドからキングサイズのベッドまで。
暮らしに合わせた選び方のポイントを日本最大級ベッド専門店ビーナスベッドがご紹介。

ベッドサイズの選び方

ベッドサイズの選び方

一般的なベッドのサイズとマットレスの推奨サイズ
暮らしに合わせたベッドサイズの選び方のポイントをご紹介

シングルサイズ・セミダブルサイズ・ダブルサイズ・クイーンサイズ・キングサイズなど……。
一言にベッドといっても様々なサイズが存在します。
家庭にある一般的なベッドのサイズは「シングルサイズ」「セミダブルサイズ」「ダブルサイズ」です。
その他にもお客様の暮らしに合わせたベッドサイズの選び方のポイントを
日本最大級ベッド専門店ビーナスベッドがご紹介いたします。

ベッドサイズ マットレスの推奨サイズ
シングル 幅97cm × 長さ195cm
セミダブル 幅120cm × 長さ195cm
ダブル 幅140cm × 長さ195cm
クイーン 幅160cm(80cm × 2枚) × 長さ195cm
キング 幅180cm(90cm × 2枚) × 長さ195cm
ロング 幅97~180cm × 長さ207cm

Point.1

ベッドのサイズを知ろう

まずは、ベッドのサイズにはどんなサイズの種類があるのか確認しましょう。
主にベッドの基本サイズは5種類。そこに特殊サイズであるロングサイズが加わります。
それぞれのサイズを正確に知ることから、ベッド選びは始まります。

シングルサイズ

一般的なサイズ:横幅97cm × 長さ195cm

シングルサイズは6畳以下のワンルームに住んでいる方や一人暮らしの方などにおすすめのベッドサイズです。

横幅は約97cmとサイズが小さいため、搬入がしやすく、お部屋の模様替えの際にも移動がしやすいというメリットがあります。

シングルベッドを2台並べることで、横幅が約200cmになり、キングサイズよりも大きいベッドになります。
小さいサイズのベッドの2台使いは、搬入がしやすい・将来別々の部屋で眠ることになった際にベッドを買い足す必要がないといったメリットがあります。
また、2台を離して使うことでツインとしてもご利用いただくことができます。

マットレスの中心に横になった際に、両側に約15cmずつの余裕ができますが、寝返りの多い方などにはセミダブルサイズ以上のベッドがおすすめしています。

シングルベッドの利用イメージ

セミダブルサイズ

一般的なサイズ:横幅120cm × 長さ195cm

セミダブルサイズはシングルサイズでは少し大きさが物足りない方におすすめのベッドサイズです。

シングルサイズよりも横幅が20cmほど大きくなっているので、寝返りをうっても落ちてしまう心配がなく、安心感をもってぐっすりと眠ることができます。
また、ダブルサイズよりもコンパクトなので、お部屋を広く使うこともできます。

2台並べて使用すれば横幅が約240cmになり、お子様と一緒でも広々と眠ることができます。
一人暮らしの方などで、部屋に収納を置くスペースがない場合は、引出付のベッドを選ぶことで、スペースを有効に活用することができます。

セミダブルベッドの利用イメージ

ダブルサイズ

一般的なサイズ:横幅140cm × 長さ195cm

ダブルサイズはお一人でくつろぐのに最もおすすめなベッドサイズになります。

当店では、寝室をコンパクトにレイアウトしたい方や、高級ホテルのように1人で贅沢に眠りたいという方にはこのダブルサイズベッドのご使用をおすすめしています。
横幅が約140cmあるので、コンパクトなお二人用としてもご利用いただくことができます。

シングルベッドからダブルベッドまではベッドの一般的なサイズになるので、フレームの種類も多く、一緒に使用するボックスシーツやベッドパッドといった寝具の種類も豊富です。

ダブルベッドの利用イメージ

クイーンサイズ

一般的なサイズ:横幅160cm × 長さ195cm

クイーンサイズは広々としたベッドでお二人でゆっくりと眠りたい方におすすめのベッドサイズです。

当店で取り扱っているクイーンサイズのオリジナルポケットコイルマットレスは、横幅80cmのマットレスを2枚並べて使う仕様になっているので、搬入がしやすく、パートナーの方の振動が伝わりにくいというメリットがあります。

マットレス同士の隙間が気になる方は、ベッドパッドをマットレスの上に敷くことで、隙間が気になりにくくなり、マットレスがずれるのも防止してくれるため、快適にお休みいただくことができます。

クイーンベッドの利用イメージ

キングサイズ

一般的なサイズ:横幅180cm × 長さ195cm

キングサイズは当店で取り扱いのある単体ベッドフレームの中で一番大きなサイズで、家族3人でゆったりとお休みになりたい方におすすめのベッドサイズです。

当店のキングサイズのオリジナルポケットコイルマットレスは、横幅90cmのマットレスを2枚並べて使う仕様になっているので、お互いの振動が気になりにくく、マットレスの陰干しをする際などメンテナンスも行いやすいです。
マットレスを2枚並べた際の隙間が気になる方には、ベッドパッドのご使用をおすすめしています。

キングサイズよりもさらに大きなサイズのベッドをお探しの方は、シングルベッドやセミダブルベッドを2台並べてご利用いただくのがおすすめです。

クイーンベッドの利用イメージ
Check!

ダブルサイズはシングルサイズの2倍だと思っていませんか?

ダブルサイズはシングルサイズ2枚分と思っていませんか?
シングルサイズは幅97cm、ダブルサイズは幅140cm。キングサイズは幅180cmでもシングル2枚分には足りません。
高級ホテルの「ダブル」で使われるゆったりベッドはクイーンもしくはキングなのです。

ロングサイズって?

ロングサイズベッドの長さは通常のベッドに対しておよそ12cmほど長く作られています。(※ベッドによって異なります)
最適なベッドの長さは身長プラス15cm以上と言われています。そこで身長175cm以上の方には、長さ207cmのロングサイズベッドをおすすめしています。枕を置くスペースを考慮したうえで、高身長の方でもゆったりと眠ることができます。
ゆったりと体を伸ばして眠ることは安眠・快眠にとって重要な条件です。ただし一般的なお店だとシーツなどの寝具が少ないこともありますので、ビーナスベッドの寝具売り場も覗いてみてください。

身長175cm以上の方には、長さ207cmのロングサイズをオススメしています。

Point.2

体に合ったサイズを選ぼう

一人用ならシングルベッド、二人ならダブルベッド、そう思っていませんか?
一般的に最低限確保したいのは、体の幅にプラス30cm。
ベッド選びの基本は、自分にぴったりのサイズを知ること。ゆっくり体を休めるには、どんなサイズが理想でしょうか?
購入した後に後悔しないためにも、まずあなたの体に合ったベッドサイズを確認し、一番自分に合ったベッドを見つけましょう。

  • 1人用ベッドの場合
    (体の幅:65cm)

    お一人で寝る際にはシングルサイズよりもセミダブルサイズの方がよりゆったり休むことができます

    たった23cmでよりゆったり

    シングルサイズでも1人で寝ることは充分可能ですが、寝返りを打ったりすると、うっかり落ちてしまうことも。23cm大きいセミダブルサイズにすることで、よりゆったり休むことができます。

  • 2人用ベッドの場合
    (体の幅:65cm)

    お二人で寝る際にはダブルサイズよりもクイーンサイズの方がゆとりをもって寝ることができます

    二人ならダブル……は本当?

    2人用ならダブル……、そうお考えの方が多いのが現実ですが、実際2人で寝てみると余裕はほとんどなくなってしまいます。お2人でもゆとりをもって寝るならクイーンorキングがおすすめです。

  • お子様と3人で使用する場合
    (体の幅:65cm)

    お子様と三人で使用する場合はキングサイズのベッドやシングルサイズのベッド2台使いがおすすめです

    お子様の成長を促すゆったりサイズ

    お子様が生まれた時の事を考えて、大人二人とお子様でお休みになる場合、クイーンベッドでも狭いので、キングベッド、もしくはシングル・セミダブルサイズのベッドを2台ならべてのご使用をおすすめしています。
    特に、シングル・セミダブルサイズのベッドを2台並べてご使用になる場合、キングサイズよりも横幅にゆとりができるので、お子様を挟んでお休みになる場合でも、かなりゆったりお休みいただけます。
    もちろん、豊富なデザインのベッドや寝具をお選びいただけたり、将来、ベッドを分けて別々のお部屋でお使いいただくこともできるため、とてもおすすめです。

  • 身長の高い方は「ロングサイズ」を
    (体の幅:65cm)

    身長の高い方には長さが207cmのロングサイズベッドがおすすめです

    長さ207cm ロングサイズのベッド

    ベッドマットレスの横幅はサイズで区分が変わります。長さは一律195cm。背が高くて、足元が窮屈な方は、長さが207cmのロングサイズがおすすめです。
    ビーナスベッドではロングサイズのベッドに合わせたロングサイズのマットレスも販売しておりますので、併せてのご購入も可能です。

Point.3

お部屋のレイアウトを考えよう

ゆったり休める自分の理想のサイズが決まったら、次はお部屋のチェック。
寝室はベッドが入る広さかどうか、ベッドのまわりに歩くスペースは保てているか。購入前の最終チェックです。
しっかりとお部屋のチェックをしてストレスのないレイアウトをしましょう。
一般的な大きさの8畳のお部屋にベッドを置いた場合の雰囲気を確かめられるように図でご説明いたします。

寝室8畳の場合のおすすめ
レイアウト例

寝室8畳の場合は、ベッド周りの歩くスペース、ベッドメイキング用のスペース、壁の間に10㎝のスペースを保つようにしましょう。

1. ベッドの周りには歩くスペースを

ベッド脇には歩くスペースとして、約60cmを確保しましょう。ベッドを脇に寄せる場合は50cm程度のスペースを足元に作ると出入りがスムーズです。

2. ベッドメイキングのスペースも

ベッドを2台並べて使用する場合、中央に50cm程度のゆとりを設けると、スムーズにベッドメイキングができます。2台を付けて使用する場合なら、2台をすっぽりと覆うワイドキングサイズのシーツを使用すると便利です。

3. 壁の間には10cm程のスペースを

ベッドを壁に寄せる場合は、掛け布団がずり落ちやすくなります。布団の厚み分として、10cm程度壁から離して置くのが理想です。

Check!

家具類とベッド間のスペース確保も忘れずに!

  • 引出付ベッドの場合は、出し入れをスムーズにするために160㎝程度のスペースを確保しましょう。

    引出しを引いてものを出し入れするために、引出しの奥行きに合わせて必要なスペースを確保しましょう。およそ160cm程度です。

  • ナイトテーブルを置く場合は、その分のスペースを確保しましょう。

    ベッドボードのないベッドの場合、時計やライトを置くためのナイトテーブルがあると便利です。その分のスペースを考慮しましょう。

  • 近くにクローゼットやタンスなどがある場合は、90㎝程度のスペースを確保しましょう。

    クローゼットやタンス、机・デスクなどがある場合、90cm程度のスペースを設けましょう。蛇腹式の扉なら50cm程度でOKです。

ご参考なりましたでしょうか?
快適な睡眠を得るためにベッドサイズは重要なポイントです。

① ベッドのサイズを知る

② 体に合ったサイズを選ぶ

③ お部屋に合ったサイズを考える

上の3つのポイントをおさえて、
あなたの暮らしに合った快適な睡眠ライフを手に入れましょう!

日本最大級のベッド専門店ビーナスベッドでおすすめのマットレスを探す
日本最大級のベッド専門店ビーナスベッドでおすすめの寝具を探す
日本最大級のベッド専門店ビーナスベッドでおすすめの国産ポケットコイルマットレスを探す

〒701-0165
岡山県岡山市北区大内田715-3
電話番号:0120-231-118

ビーナスベッドのfacebookを見る ビーナスベッドのInstagramを見る

Copyright (C) Venusbed Co., Ltd. All Rights Reserved.

ベッド全品送料無料・組立設置無料