ビーナスベッドのオンラインショップへ

夫婦のベッドは一緒・別々どっちがいい?サイズの目安・正しい置き方も解説

公開日:2020.05.01

更新日:2021.11.30

お役立ち情報
Pocket
LINEで送る

夫婦用のベッドを選ぶ際は、一緒にするか、大きさはどうするのかなど迷うことは多いでしょう。もし夫婦で一緒に寝る場合は、ダブルベッドでも寝られますが、余裕をもってゆったり寝るならクイーンサイズ以上がおすすめです。また、ベッドの硬さの好みや生活リズムが違う場合は、ツインベッドもいいでしょう。

この記事では、夫婦のベッドについて、サイズ別の広さの目安やメリット、デメリットを詳しく解説します。さらに、ベッドの正しい置き方や、ベッドを置く部屋の広さについても解説します。


夫婦の寝室・ベッドは一緒が多い?

寝室・ベッドを一緒にしている夫婦は多いのでしょうか。ここで詳しく解説します。

寝室は一緒の夫婦が大多数

結論をいうと、寝室は一緒にしている夫婦が多いようです。ゼクシィが行った調査によると、寝室が一緒である夫婦は8割以上でした。寝室が一緒だと夫婦関係の満足度にもつながっているのです。

同じベッドで寝る夫婦は約半数

同じくゼクシィが行った調査では、同じベッドで寝ている夫婦は46.1%というデータ出ています。そのため、約半数の夫婦は同じベッドで寝ているということになります。

また、ドコモ・ヘルスケアで行った調査では、同じベッドで寝る夫婦は36%、結婚して途中から別々になったという夫婦は38%という結果でした。それでも、最初から別々で寝ている夫婦は24%と少数派だとわかります。

夫婦で寝るならベッドのサイズはどれがいい?その理由は?

ベッドにはさまざまなサイズがあります。夫婦で寝る場合、ベッドのサイズはどれくらいが最適なのでしょうか。ここでは各サイズについて詳しく解説します。

夫婦で一緒に寝られる「ダブルベッド派」

ここでは、ダブルベッドのサイズやメリット、デメリットを解説します。

ダブルベッドのサイズ

ダブルベッドのサイズは、横幅140cm×長さ195cmが一般的です。ダブルベッドは1人でゆったりと寝るのにぴったりの大きさですが、横幅が140cmあるので二人でも利用できます。

ダブルベッドで寝るメリット・デメリット

ダブルベッドで寝るメリットは、相手との距離が近いため温もりを感じられることです。もし夫婦間で喧嘩をしてしまっても、仲直りのきっかけになりやすいでしょう。また比較的シーツの種類も多いため、夫婦で好きなものを選びやすいこともメリットです。

一方、デメリットは、寝返りが打ちにくく、振動が伝わりやすいため、相手の睡眠の妨げになる場合があることです。また、距離が近いことから、夏場は暑く感じられるかもしれません。

ゆったり二人で寝たいなら「クイーン/キングベッド派」

二人でゆったりと寝たいならクイーンベッドやキングベッドがいいでしょう。ここでは、それぞれのサイズや、メリット・デメリットを解説します。

クイーンベッド/キングベッドのサイズ

クイーンベッドのサイズは、横幅160cm×長さ195cm、キングベッドのサイズは、横幅180cm×長さ195cmで、夫婦で広々と寝られるサイズです。

クイーン/キングベッドで寝るメリット・デメリット

クイーンベッドやキングベッドで寝るメリットは、二人で寝ても十分なスペースがあるため、寝返りを打ちやすくストレスなく寝られることです。赤ちゃんが生まれても、3人で寝られるだけの広さがあります。また、サイズが大きいことから豪華なホテルのような雰囲気も味わえるでしょう。

デメリットは、ダブルベッドに比べてシーツの種類が少なく、好きなものを選びにくいことです。また、サイズが大きい分、引っ越しする時や購入時の搬出入に気を使わなければいけません。さらに、大きい分マットレスの手入れも手間がかかります。

生活リズムや好みに合わせられる「ツインベッド(シングル2台)派」

ここでは、生活リズムや好みにあわせられるツインベッドのサイズ、メリット・デメリットを解説します。

ツインベッド(シングル2台)のサイズ

ツインベッドとは、シングルサイズのベッドを2台置くことをいいます。2台をくっつけて1つのベッドのように使用することもできます。シングルベッドを2台つなげた場合のサイズは、横幅約200cm(シングル1台は97cm)×長さ195cmになり、横幅がキングサイズよりも大きいです。

ツインベッドにするメリット・デメリット

ツインベッドのメリットは、つなげた場合でもサイズが大きいため、相手の睡眠を妨げることなく、寝返りを打てることです。二人の起床する時間にずれがあるなど、生活リズムが違っても、相手を起こしてしまうことも少ないでしょう。

一方、デメリットはベッドを二つ置くためのスペースを確保する必要があること、ベッドを二つ並べると圧迫感を感じる可能性もがあること、さらに、ベッドを二つくっつけた場合、少し隙間ができてしまうことなどです。

夫婦のベッド、正しい配置方法・スペースの作り方は?

ここでは、夫婦で寝るベッドの正しい配置方法、スペースの作り方を解説します。

移動や掃除ができる通路を確保しよう

ベッドを寝室に置く際は、周りにスペースを確保する必要があります。なぜなら、スペースがないと掃除やベッドメイキングがしにくくなるためです。空けるスペースは、人が一人通れるくらいが目安になります。実際にベッドを置いてみて、ストレスなく通れるくらいのスペースがあるか確認しましょう。

ドア・クローゼットの開閉ができるかチェック

ベッドを置いた際に、ドアやクローゼットが問題なく開けられるかも確認しておく必要があります。クローゼットのドアが開けにくいと、物を収納しなくなり、物が部屋に散乱する原因にもなるので注意しましょう。

壁につけるのは頭側だけがおすすめ

ベッドを壁につける際は、頭側だけを壁につけて、左右のスペースを空けるのがおすすめです。なぜなら、左右どちらかを壁につけてしまうと、掛け布団が壁とは反対のほうに落ちてしまうからです。また、定期的にマットレスを持ち上げて換気できるよう、壁とマットレスの間にスペースがあった方がいいでしょう。

頭側を壁につける際は、窓側は避けるべきです。窓からの冷気や隙間風で冷えやすくなる可能性があります。

何畳あればクイーンベッドやツインベッドは置けるの?

クイーンベッドやツインベッドはサイズが大きいため、ある程度スペースを確保しておく必要があります。では、何畳あれば置けるのか、ここで具体的に解説します。

ベッドだけなら6畳でも可能

寝室に他の家具を置かないのなら、6畳でもクイーンベッドやツインベッドを置くことは可能です。6畳の部屋のサイズは、一般的に横360cm×縦270cmです。単純計算すると、もし横幅160cmのクイーンベッドを6畳に置いた場合、残り横幅200cmのスペースが生まれます。

横幅180cmのキングベッドの場合は、残り横幅180cmです。横幅約200cmのツインベッドは、残り横幅160cmのスペースになります。実際にベッドを置くときは、ベッド回りに空間を設けると、さらに残りのスペースは小さくなります。

家具も置くなら8畳はほしい!

寝室に家具も置くなら、8畳以上はほしいところです。8畳は一般的に横360cm×縦360cmになります。仮に部屋に奥行き60cmのクローゼットを置くとしましょう。これで、横幅160cmのクイーンベッドを置いた場合は、残り横幅140cmのスペースです。

横幅180cmのキングベッドの場合は、残り横幅120cm、横幅約200cmのツインベッドの場合は、残り横幅100cmのスペースになります。先程と同じく、ベッドを置く際にベッドの回りに空間をつくると、さらにスペースは少なくなります。

夫婦の衣類をたっぷり収納できる収納付きベッドもおすすめ

寝室にクローゼットのような家具を置くと、どうしてもその分部屋のスペースが狭くなってしまいます。収納付きベッドを利用すれば、家具を置くスペースがない場合でも、夫婦の衣類をたっぷり収納できます。

収納付きベッドには、「引き出しタイプ」と「跳ね上げタイプ」があります。引き出しタイプは、ベッドの下に引き出しがついているタイプで、跳ね上げタイプは、マットレスと床板を跳ね上げて、ベッド下にものを収納できるタイプのベッドです。

まとめ

夫婦で同じベッドで寝る場合は、大きめのサイズのベッドだと寝返りも打ちやすくゆったりと寝られます。しかし、ベッドのサイズが大きくなれば、それだけ部屋の中のスペースを占領してしまいます。部屋のスペースを確保するためにも、収納付きベッドの利用もおすすめです。

ビーナスベッド 」では、収納付きベッドを含め、さまざまな種類のベッドを取り揃えています。ショールームでは快眠アドバイザー、ネットショップでは専門スタッフがいるため、ベッド選びについて気軽に相談ができます。

また、 当店ではベッドやマットレスをご購入いただくと、設置場所までの移動と開梱、組立設置、大量に出るダンボールや発泡スチロールなどの梱包資材の処分まで、配送員が全ての作業を無料で行います。 時間の節約にもなり、組立に自信がない方も安心です。新しいベッド・マットレスを購入し、今まで使っていたベッドやマットレスが要らなくなった方向けの『ご不要ベッド・マットレス引取りオプション(有料)』もあります。

これから夫婦用のベッドの購入を検討している人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す