ベッドの選び方・ベッドサイズ選びのポイント

ベッドの基本的な構造
ベッドの種類
素材による違い
ベッド選びの基本は、まず自分にぴったりのサイズを知ることが重要です。
お部屋の広さもそうですが、ゆっくりお休みいただくには、どんなサイズが理想でしょうか?
購入した後に後悔しないためにも、 「ベッドが欲しい。」と思ったら、まずあなたの体に合ったベッドサイズを確認し、
ゆっくり休めるベッドを見つけましょう。
ベッドのサイズってどんな種類があるの?
まず、ベッドのサイズにはどんなサイズの種類があるのか確認しましょう。
一般的にマットレスの大きさでベッドのサイズがわかれています。
マットレスのサイズ
サイズの名称 長さ 対応人数 備考
セミシングル 80cm 195cm 1人 小さなお子様にお勧め。
シングル 97cm 1人用の一般的サイズ。
セミダブル 120cm 1人用のお勧めサイズ。★★
ダブル 140cm 2人 2人用の一般的なサイズ。
ワイドダブル 150cm 2人用でちょっとゆとりのあるサイズ。
クイーン 80cm × 2枚 2人用のお勧めサイズ。★★★
キング 90cm × 2枚 2人+お子様=3人でもゆったりサイズ。
ベッドの種類について





お子様が生まれた時の事を考えて、大人二人とお子様でお休みになる場合、 クイーンベッドでも狭いので、キングベッド、もしくはシングル・セミダブルサイズのベッドを2台ならべてのご使用をお勧めしております。

特に、シングル・セミダブルサイズのベッドを2台並べてご使用になる場合、キングサイズよりも横幅にゆとりができるので、お子様を挟んでお休みになる場合でも、かなりゆったりお休みいただけます。
もちろん、豊富なデザインのベッドや寝具をお選びいただけたり、将来、ベッドを分けて別々のお部屋でお使いいただくこともできるため、とてもおすすめです。
■身長の高い方は・・・
ベッドマットレスの横幅はサイズで区分が変わります。長さは一律195cm。
背が高くて、足元がきゅうくつな方は、長さが207cmのロングサイズがお勧めです。
≫ロングサイズのベッドはこちらから
素材による違いについて