新婚カップルのベッド選び

  • 子どもの人数と成長
  • 03

    子どもの人数と成長

いつか子どもを授かりたいと考える新婚カップルも多いと思います。

そのため、長い目で見たベッド選びが大切になってきます。

将来の家族の人数を想定する

将来の家族の人数を想定する

赤ちゃんが生まれてからの寝かたは考えていらっしゃいますか?

新婚時にダブルベッドを購入した場合、お子様が生まれると別室に布団を敷いたり、シングルベッドを買い足したりする方が多いようです。

買い足す場合は、同じタイプのベッドが売っていなかったり、高さを合わせられないこともありますので、気を付けましょう。

最初からセミダブルを2台で使用していれば、第二子が生まれても4人で充分寝ていただけます。
将来の家族の人数を考えたうえで、新婚時のベッド選びをしましょう。

セミダブル2台の場合

新婚時に購入したセミダブル2台

※マットレスのサイズになりますので、
フレームによってもう少し大きくなることがあります。

セミダブル2台なら家族4人でも十分寝られる

家族3人なら、かなり広々

新婚時から新たに買い足す必要が無い

仮にシングルを買い足したとしても全幅337cmで6畳間でも入る

赤ちゃんの落下防止、パパの寝相などの関係で、子どもを壁側に寝かせるパターンもある

シングル2台にもう1台を買い足した場合

新婚時に購入したシングル2台+買い足したシングル

※マットレスのサイズになりますので、
フレームによってもう少し大きくなることがあります。

第2子が生まれても家族4人で広々寝られる

シングル3台は6畳間でも入るが、部屋が埋まってしまうため他に家具を置かない人にお奨め

子どもが大きくなったら子ども部屋にベッドを移すなど将来的な使い勝手がいい

赤ちゃんの落下防止、パパの寝相などの関係で、子どもを壁側に寝かせるパターンもある

ダブルベッドにシングルを買い足した場合

新婚時に購入したダブル+買い足したシングル

※マットレスのサイズになりますので、
フレームによってもう少し大きくなることがあります。

パパだけ別部屋で寝るパターンもある

子どもとママが別室で布団で寝る人もいるが、ホコリが気になったり出産後の腰痛などがあり、結局ベッドを希望される方が多い

赤ちゃんの落下防止、パパの寝相などの関係で、子どもを壁側に寝かせるパターンもある

買い足す予定がある場合は部屋に入るか事前にチェックしておきましょう。
「④部屋の広さとレイアウト」も参考になさってください。

ベッドと家族の人数シミュレーション

上記のように新婚時から将来の家族の人数を考えて、ベッド選びをするようにしましょう。
お子様が子ども部屋で寝るようになると、シングルやセミダブルならそのまま子ども部屋に移動できますから、
いろいろなパターンに対応ができます。

新婚時から将来の家族の人数を考えて、ベッド選びをするようにしましょう。
現在登録されている商品はありません。

〒701-0165
岡山県岡山市北区大内田715-3

Copyright (C) Venusbed Co., Ltd. All Rights Reserved.