ビーナスベッドのオンラインショップへ

マットレスの捨て方(処分方法)について|費用、交換時期の目安まで解説!

公開日:2020.02.21

更新日:2022.03.31

お役立ち情報 243,279 views
Pocket
LINEで送る

古いものや体に合っていないマットレスを使い続けると睡眠の質が下がってしまいます。しかし、これまで使用していたマットレスが不要となったとき、どのように捨てればいいのか迷ってしまう人も多いことでしょう。

そこで、今回はマットレスの処分について、その方法を詳しく解説します。ぜひ買い替えをする際の参考にしてください。


不要になったマットレスをどう捨てるか?

今まで使用していたマットレスを家にそのまま残しておくと、場所を取られてしまいます。そのため、新しいマットレスを購入するときには、古いものは処分しなければなりません。

しかし、不要になったマットレスはどのように捨てればいいのでしょうか。ここでは、引き取りや捨てるときにかかる費用の目安とともに、具体的な処分方法を説明します。

新しいマットレスを購入するときには、古いものは処分しなければなりません

粗大ごみ・家庭ごみとして捨てる(各自治体の決まりに従う)

家庭で不要になったマットレスは、自治体で「家庭ごみ」として処分してもらえます。処分する方法は以下の3パターンです。

ゴミシール(有料)を貼り、粗大ごみの日に指定場所に捨てる

家庭ごみは種類により出し方が違います。マットレスのようにサイズの大きなものは粗大ごみになるのが一般的です。粗大ごみの処分方法は自治体によっても違いがあります。

一般的には、事前に自治体で収集日の予約を取り、自治体が指定する販売場所でごみ処理券を購入しておくようにします。さらに、指定日当日になったら、廃棄したいマットレスにごみシールを貼り付けて、指定場所へ置いておくというのがおおまかな流れです。金額は自治体ごとに定められていて、1,000~2,000円が相場となっています。

ゴミ収集センターまで、自分で運ぶ

自治体から指定された場所とはいえ、道などをふさいでしまうほど大きなマットレスを置くことにためらいを感じる人もいることでしょう。そのような場合は、自分で直接、自治体のごみ収集センターへ持ち込む方法もあります。収集センターへの持ち込みは、自治体の管轄地の住人であることが利用条件となります。費用は自治体により異なり、10Kgまでだと100~200円くらいが相場です。

ただし、この方法はマットレスを運べるサイズの車を用意できることが前提となります。レンタカーを借りる場合は、車のレンタル料金が別途かかります

粗大ごみ・家庭ごみとして捨てる(各自治体の決まりに従う)

家庭ごみとして出す方法もある

サイズを小さくすれば一般の家庭ごみとして処分してもらうこともできます。一般の家庭ごみとして捨てれば、処分のための費用は特にかかりません。

ただし、一般のごみの規定サイズ内になるまでマットレスを解体しなければならず、素材によっては難しい作業となります。たとえば、スプリングの入ったマットレスの場合、カッターだけでは対応できません。硬いスプリングを細かくカットしていかなければならないため、手間も体力も必要です。

廃品回収業者に引き取ってもらう

近隣の廃品回収業者に依頼すれば、運搬も含めて処理してもらえます。ただし、なかには不法投棄をするような違法な業者もあるため要注意です。後々のトラブルを防ぐためにも、一般廃棄物許可証がある信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

料金は運び出す場所やサイズによっても変わってきますが、5,000~15,000円くらいが目安となります。業者によって料金に差があるので、複数に見積もりを取り、十分に比較をしたうえで依頼すると安心です。

ネットオークションや、地元の情報掲示板などに出品する

処分しようと考えているマットレスがまだ十分に使用できる状態の場合には、ほしがっている人を探して取引するのも一つの方法です。購入希望者は、地域のさまざまな情報を掲示しているサイトやフリーペーパー、ネットオークションなどで探せます。取引が成立すれば、出費もなく処分でき、場合によっては収入を得られてお得です。

ただし、配送料金が高いことを考慮しても中古のマットレスをほしいという人を見つけることは簡単ではありません。見つけられても、配送作業の手間がかかります。

ネットオークションや、地元の情報掲示板などに出品する

リサイクル業者や買い取り業者に引き取ってもらう

処分するにはもったいなく感じるようなマットレスなら、リサイクルショップや買い取りを行っている専門業者に引き取りを依頼する手段もあります。買い取ってもらえれば、お金を受け取ることはあっても、支払いをする必要はありません。

ただし、人気のブランド商品や美品でないと金額がつかないケースが多く、買い取ってもらうのは簡単ではないことを知っておきましょう。また、買い取りをしてもらっても、金額は状態や需要などにより大きく変わります

リサイクル業者や買い取り業者に引き取ってもらう

新しいマットレスの購入時に引き取りサービスを利用する

新しいマットレスを買うことが決まっていれば、購入先が行っている引き取りサービスの利用もできます。マットレスの購入と並行して、古いマットレスの処分ができるため便利なサービスです。ただし、引き取りサービスはどこの販売店でも行っているわけでありません。また、手数料もさまざまなので事前に確認しましょう。

例えばマットレス製造・ベッドメーカー「源ベッド」では、買い替え時に今まで使っていたベッドやマットレスが要らなくなった方向けの引き取りサービス(有料)があります。

源ベッドの不要な家具・ベッド引き取りサービス

ベッドやマットレスを購入する際、意外と困るのが今使っているベッド・マットレスの処分。「源ベッド」の引き取りサービスなら、「源ベッド」の商品と同時購入限定で、不要な家具・ベッドの廃棄処分を代行してくれます。

ベッド以外の家具も引き取ってくれてとても便利!引き取り出来ない地域やものもあるので、詳しくは下記の「引き取りサービスはこちら」ボタンより、注意事項を確認してみてください。

「源ベッド」は日本製ベッド・マットレスを多く取り扱っているベッドメーカーです。現在ベッドやマットレス購入を検討している方は一度公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

マットレスの種類とそれぞれの寿命について

丈夫に見えるマットレスでも、長く使用していると劣化が進んでしまうものです。見た目では特に問題がない場合でも、内部にあるスプリングの状態が変化してしまっている可能性があります。スプリングの状態が悪くなれば、必然的に寝心地も悪化するものです。そこで、買い替えのタイミングをしっかりと見極めるために、劣化状況の判別ポイントについて、マットレスの種類ごとに紹介します。

マットレスの種類は大きく分けて2種類

マットレスは、素材や構造の特徴から大きく2つのタイプに分けられます。劣化の進み具合はマットレスの種類によるため、まずは2つの種類についてそれぞれの特徴を知っておきましょう。

スプリングタイプのマットレス

スプリングタイプとは、ばね(スプリング)を使って作られているもので、構造の違いにより、ポケットコイルタイプとボンネルコイルタイプの2種類があります。ポケットコイルとは、マットレスのなかに使用されているすべてのバネが一つずつ袋に包み込まれて配列されているタイプです。一方、ボンネルコイルタイプとは、複数のばねが連結して全面に並んでいるものを指します。

ウレタン・樹脂素材(低反発マットレス、高反発マットレス)のマットレス

ばねを使わず、ウレタンや樹脂を使用して作られているマットレスもあります。ウレタン使用のマットレスには、低反発タイプと高反発タイプがあり、寝ていて体への圧力を分散する力がより大きいのは低反発です。

一方、耐久性は高反発のほうが優れています。どちらも通気性が悪いため、長く使用するには日常のケアが重要です。定期的に風を通して乾燥させたり、置く方向を変えたりしてカビを防ぐことが対策になります。

スプリングタイプのマットレス
ウレタン・樹脂素材(低反発マットレス、高反発マットレス)のマットレス

劣化サイン チェック方法

劣化が進むと、マットレスの見た目や使用感に変化が現れるものです。ここでは、寿命の目安ととともに、劣化が進んでいるときに見られるマットレスの主な状態について、種類別に紹介します。

スプリング使用のマットレスの寿命

中央部が常にへこんでいたり、マットレス上で動くときしみ音が聞こえたりする場合には、相当に使い込んでいる証です。寝心地が悪くなって、以前よりも寝返りの回数が増えたときも替えどきと考えましょう。そのまま放置すると、ばねをカバーしている生地が破れて、スプリングが飛び出す可能性もあるため要注意です。一般的に、スプリング使用のマットレスは10年が替えどきの目安とされています。

ウレタン・樹脂素材のマットレス(低反発マットレス、高反発マットレス)の寿命

ばねを使用していないウレタンや樹脂素材のマットレスは、ばね入りのスプリングタイプに比べて寿命が短いです。一般的に低反発マットレスなら3~5年、比較的耐久性の強い高反発マットレスでも4~6年が寿命の目安とされています。

マットレスは劣化すると体の重さを跳ね返す弾性が低下するので、肩こりや腰痛などを引き起こす可能性もあります。睡眠による体調不良が続いたら買い替えを検討するタイミングです。

価格が高く品質が優れたマットレスであれば、通常のものと比べて寿命が長いものもあるといわれています。しかし、長持ちさせられるかどうかは日ごろの手入れ次第です。通気性に気を付けて、湿気がたまらないように向きを変えるなどの対策を取ることが大切です。


劣化のサインが出ていたら、買い替えを検討してみましょう

劣化したマットレスを使い続けると睡眠の質を下げ、体に悪い影響を与えることもあります。 おすすめのマットレスをいくつか紹介するので、 これまでに紹介した状態が見られたら買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

モットンマットレス

高反発マットレス「モットン」は日本人の体形に合わせて研究開発されたマットレスで、 「腰が重く寝不足が続く」「夜に何度も目が覚める」「寝返りをうてない」といった方におすすめです。

自然な寝返りをサポートする反発力と優れた体圧分散性が特長で、通気性が良く蒸れにくいので快適な寝心地を実現しています。また、3タイプの硬さが用意されているので、自分の体重や好みに合わせて硬さを選べるのも嬉しいポイントです。

返金保証期間内であれば修理保証がついているので、通常使用の範囲内での故障については修理代金がかからず、 90日間のお試し期間もあるので、安心して購入できます。

区分 ウレタンマットレス
サイズ シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
価格 シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
厚み 10cm
硬さ ソフト/レギュラー/ハード
お試し期間 90日間
保証期間 90日間

モットンの特長

  1. 自然な寝返りをサポートしてくれる反発力
  2. 体圧分散性に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
  3. へたりにくい優れた耐久性
  4. 次世代高反発ウレタンフォーム「ナノスリー」による優れた通気性
  5. ダニやノミが発生しにくく衛生的
  6. 思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地
  • 弊社のスタッフが実際にモットンマットレスを試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

ドクタータフィ・プレミアマットレス

「ドクタータフィ・プレミアマットレス」は、腰痛治療専門接骨院が64万人の治療データを分析して作り上げたマットレスです。

優れた体圧分散性と適度な反発力が特長で「仰向けで寝るのも辛い」という方や腰の痛みに悩む方におすすめです。また、日本人に最も適した低反発&高反発の2種類の硬さを組み合わせている二層構造なので、自分に合った硬さを選ぶことができます。

今お使いのマットレスや敷布団の上にそのまま敷いて使えて、3つに折り畳んで収納も可能。さらに8万回もの耐久試験にも合格しているため、へたらず長持ちするのも嬉しいポイント。90日間安心返金保証もついているので「寝てみないとわからない」「高い買い物だから失敗したくない」という方も安心して購入できます。

公式サイトはこちら

エマ・マットレス

「エマ・マットレス」は「寝ている時に腰の痛みで目が覚める」「寝るまでに時間がかかる」「十分に寝ていても疲れを感じる」といった悩みをお持ちの方におすすめなマットレスで、体圧分散性の高さと、通気性の良さが特徴です。寝返りもしやすいので身体の一点に負荷がかかることも少なくなります。

「エマ・マットレス」には100日のお試し期間が設けられているので気軽に試すことが出来るのもポイントです。耐用年数が高く、10年保証も付いているので、安心して購入することができます。

高機能・高品質のマットレスでありながら値段がそこまで高くない点も魅力の1つなので、気になる方は是非一度試してみてください。

区分 ウレタンマットレス
サイズ シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
クイーン:160×195cm
キング:180×195cm
価格 シングル:67,000円
セミダブル:77,000円
ダブル:87,000円
クイーン:97,000円
キング:107,000円
厚み 25cm
硬さ ふつう
お試し期間 100日間
保証期間 10年間

POINT

※現在メルマガに登録するだけで初回限定の「エマ・マットレス」全サイズ20%OFFクーポンがもらえる特別セールを実施しています。

POINT

※下記の期間限定で「エマ・マットレス」快眠セット販売キャンペーン(マットレス+ピロー+プロテクター)で50%OFFの特別セールを実施しているので、気になる方はこのタイミングで購入するのがおすすめです!

2022年6月9日(木) 10:00 ~ 2022年6月21日(火) 23:59

POINT

※下記の期間限定で「エマ・マットレス」全商品40%OFFセールを実施しているので、気になる方はこのタイミングで購入するのがおすすめです!

▽ 開催期間 ▽
2022年6月24日(金)10:00 ~ 2022年7月7日(木)23:59

  • 弊社のスタッフが実際にエマ・マットレスを試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

NELLマットレス

「NELLマットレス」は「株式会社Morght」と「 株式会社ルービックJP 」が共同開発したポケットコイルマットレスです。腰部分に硬めのポケットコイルを配置することで睡眠中の自然な寝返りをサポートしてくれるので、寝ている間に体にかかる負荷を軽減してくれます。また、薄いウレタンと不織布を交互に重ねた詰め物を使用ているので、通気性がよく、寝ている間の深部体温を下げ、気持ちのよい眠りを実現してくれます。

商品が到着してから120日のトライアル期間が設けられているのも嬉しいポイントです。特に、マットレスは実際に何日間か試してみないと寝心地などがわからないので、自分に合うマットレスを探している人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

区分 ポケットコイルマットレス
サイズ シングル:95×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
クイーン:160×195cm
キング:190×195cm
価格 シングル:75,000円
セミダブル:90,000円
ダブル:105,000円
クイーン:130,000円
キング:150,000円
厚み 21cm
硬さ ふつう
お試し期間 120日間
保証期間 10年間

POINT

※現在「NELL マットレス」シングル~キングまでの全サイズ15%OFF(最大22,500円 割引)のHappy New Life SALEを開催しているので、気になる方はこのタイミングで購入するのがおすすめです!

▽ 開催期間 ▽
2022年2月15日 12:00

2022年3月21日 23:59

POINT

※当サイトをご覧になっている方限定で「NELL マットレス」全サイズ10%OFFのスペシャルクーポンを発行していただいています。(最大15,000円 割引)

商品を購入する際、カート画面で次のクーポンコードをコピーして貼り付けてください!


venusbed

  • 弊社のスタッフが実際にNELLマットレスを試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

ビーナスベッド 国産ポケットコイルマットレス

「国産ポケットコイルマットレス」は当店「ビーナスベッド」で人気No.1のオリジナルマットレスです。体を「点」で支えてくれるので、体圧が分散されリラックスした状態の寝姿勢を保つことができ、背中や腰、肩などへの負担が軽減されます。また、 構造的に振動が伝わりにくいため、大切な方の眠りを妨げにくいのも特長です。

硬鋼線よりも規格が厳しいピアノ線のスプリングを使用し、強度や品質を高めました。詰め物にはウレタンフォームや防臭・防菌加工を施した綿などを使用し、側生地は肌触りのいい綿100%となっています。

区分 ポケットコイルマットレス
サイズ セミシングル:80×195cm
シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
ワイドダブル:150×195cm
クイーン:160×195cm
キング:180×195cm
+各種ロングサイズ(長さ207cm)のご用意もあります。
価格 セミシングル:36,900円
シングル:44,800円
セミダブル:52,800円
ダブル:59,800円
ワイドダブル:68,800円
クイーン:73,800円
キング:77,800円
厚み 20cm
硬さ ふつう
お試し期間 なし
保証期間 なし
この商品の詳細はこちら

マットレスを捨てる(処分する)際、事前に注意しておきたいこと

マットレスは家庭ごみとは異なる扱いとなるため、処分の際には注意が必要です。捨てる際には以下の点に気を付けましょう。

搬出方法の確認

実際に処分をすることになった際に欠かせないのが、マットレスのサイズ確認です。どのような方法で処分する場合でも、部屋や家から搬出しなければ処分できません。そのままの形状でも玄関や寝室の扉から出せるか、階段を下ろすことは可能かなどをチェックしておくようにします。

特に、自力で処分しようと考えている場合は、運搬に支障がない大きさであるかを事前に調べておくことが必要です。

搬入・搬出経路の確認はこちら

業者に依頼する場合は値段に注意する

専門の業者であれば、サイズが大きくても窓を外して搬出するなどの対応をしてもらえます。ただし、サービスの内容によって、金額が大きく異なることもあるため要注意です。なかには、引き取り費用として高額な料金を請求するところもあります。作業後に思わぬ追加料金を求められてトラブルに発展するケースもあるため、事前に見積もりなどを取り、金額の確認をしておくと安心です。

まとめ

良質な睡眠を取りたいならマットレスの状態は大事です。しかし、いざ買い替える際には、サイズが大きく運搬がたいへんなマットレスの処分に苦労する人は少なくありません。マットレスの処分方法は複数あるので自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

ベッド・寝具の専門店であるビーナスベッドでは、国産から海外ブランドまで豊富な商品の取りそろえがあり、専門のアドバイザーによる案内も受けられるため、自分に合った商品を探しやすく安心です。マットレスの買い替えを考えているなら、ぜひ利用を検討してみてください。


関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す