ビーナスベッドのオンラインショップへ

ウレタンマットレスのメリットとは?素材別の特徴やおすすめ商品が丸わかり!

公開日:2021.07.26

更新日:2021.08.02

お役立ち情報
Pocket
LINEで送る

心地よい眠りをサポートするマットレス。布団のように上げ下げする必要がなく、すぐに横になれるのが魅力ですよね。
なかでもウレタンマットレスは種類が豊富で価格も安いので、実際に使っている人や購入を検討している人は多いでしょう。
今回はウレタンマットレスの特徴や他のマットレスとの違い、お手入れ方法をお伝えします。さらにウレタンマットレスの寿命、においを消す方法、処分方法、おすすめ商品も紹介します。


ウレタンマットレスとコイルマットレスの違い

マットレスは寝ている間の体圧を分散する作用があります。材質や形状など種類が多いため、いざ購入するとなると迷ってしまう人も少なくありません。快適な睡眠を手に入れるためには自分に合ったマットレスを選ぶのが大切です。
ここでは、マットレスの主流であるウレタンマットレスとコイルマットレスの違いをお伝えします。

コイルマットレスとは?

コイルマットレスは、内部に金属のコイルがらせん状に巻かれたもの(スプリング)が入っていて、コイルの強弱に合わせて体を支えます。

ウレタンマットレスとコイルマットレスの違い

コイルマットレスは大きく分けてボンネルコイルとポケットコイルの2種類に分けられます。ボンネルコイルマットレスは通気性が良く耐久性があるという特徴がありますが、コイルが繋がっているため、寝返りのたびに振動が伝わってしまいます。またコイルマットレスのきしみ音が気になると眠りが浅くなることも。

ポケットコイルマットレスは体圧分散性に優れており、寝ている間に体の一部に負荷が集中するのを防いでくれます。ただし、ポケットコイルは一般的にボンネルコイルに比べて使用するコイルの数が多くなるのでその分価格が高くなってしまいがちです。

ポケットコイルマットレスは体圧分散性に優れている
ポケットコイル
ボンネルコイルマットレスは通気性が良く耐久性がある
ボンネルコイル

ウレタンマットレスは振動もきしみ音もないため、外部からの刺激を受けずに安眠できます。
また、ウレタンマットレスはコイルマットレスより安価で軽量です。

引っ越しの予定がある人予算を抑えたい人清潔な状態を保つために陰干ししたい人はウレタンマットレスがおすすめです。処分の際もウレタンマットレスは小さく切断し、一般ごみとして廃棄できます。 ただし、コイルマットレスに比べて通気性が低い場合が多いので、それぞれのメリット・デメリットをよく知ってから自分にピッタリなマットレスを選びようにしましょう。

引っ越しの予定がある人、予算を抑えたい人、清潔な状態を保つために陰干ししたい人はウレタンマットレスがおすすめ

高反発・低反発ウレタンマットレスのメリットとデメリット

ウレタンフォームというスポンジ素材を使用するウレタンマットレス。加工の過程で反発力を変えることができ、高反発ウレタンマットレス・低反発ウレタンマットレスの2種類が作られます。
それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

高反発ウレタンマットレスのメリット

元の形に戻ろうとする反発力が強く、耐久性にも優れている高反発ウレタンマットレス。
メリットを紹介します。

快適な寝心地で腰痛対策に最適

反発力が高く、寝返りが打ちやすいので、腰痛対策や改善に最適です。
人間は一晩に10~30回の寝返りを打ちます。寝返りを打つことで負担を分散し、日中の仕事やスポーツなどで体にかかった負荷を軽減するのです。そのため寝返りが打ちにくいマットレスだと、体力や筋力が必要になり腰に負担がかかってしまいます。
高反発ウレタンマットレスは体全体をバランスよく支えるため、腰や背中、首だけに負荷がかからずに理想的な寝姿勢をキープできます。

高反発ウレタンマットレスは快適な寝心地で腰痛対策に最適

リーズナブルで場所をとらない

コイルマットレスより価格が安いものが多いです。また、フローリングや畳などに直接置くことのできる商品も多いため、ベッドフレーム代もかかりません。部屋を占有するベッドフレームがいらないので、就寝時以外はクローゼットに収納したり、壁に立てかけたりとスペースを有効活用できます。

ウレタンマットレスは価格が安いものが多く、リーズナブルで場所をとらないのがメリット

高反発ウレタンマットレスのデメリット

高反発ウレタンマットレスのデメリットを紹介します。

カビが生えるおそれがある

高反発ウレタンマットレスは、ポケットコイルマットレスなどに比べ通気性がそこまでよくありません。しかし、定期的な陰干しによりカビを防ぎ、長く愛用できます。
壁に立てかけることで部屋を有効に使うのはもちろんのこと、カビを防ぎクリーンな状態を保てるのです。

洗えない

ウレタンの性質上、洗濯やクリーニングは基本的におすすめしません。
しかし、マットレスの上にシーツやカバーを敷くことで、汚れやにおいをカバーできます。シーツやカバーをこまめに取り替えると、清潔な状態をキープできるでしょう。またマットレスが汚れないように、購入時に防水プロテクターで保護するのもおすすめです。

防水なのに蒸れにくい
テンピュール® マットレスプロテクター

防水なのに蒸れにくい
テンピュール® マットレスプロテクター

特殊素材を使用した、湿気は通しながらも防水機能を持ったシーツです。薄くて軽く伸縮性があり、お使いの寝具と併用いただくだけで水汚れや寝汗などからマットレスを守ってくれます。

低反発ウレタンマットレスのメリット

体の形に合わせて沈み込み、体圧を均等に分散する低反発ウレタンマットレス。
メリットを紹介します。

やわらかな寝心地

一人ひとりの体にフィットします。それぞれの体型や体重に合わせて適切に沈み込むので、寝心地の良さを感じるでしょう。
体圧を分散させるため、背骨をまっすぐしてくれるような感覚になり、横向きで寝ても安定します。

低反発マットレスはやわらかな寝心地で、一人ひとりの体にフィットする

包み込む暖かさ

柔らかく体が沈み込むため、暖かさに包まれるでしょう。冬場や冷え性の人におすすめです。

安価でベッドフレームいらず

商品にもよりますが高反発ウレタンマットレスと同じく、安価なうえにベッドフレームなしで眠れる商品が多いです。中にはテンピュールというブランドのマットレスのようにやや高めのマットレスもありますが、その分品質が良く長持ちもするのでコスパの良いマットレスと言えます。

テンピュールマットレスは品質が良く長持ちもするので結果的にコスパが良い

低反発ウレタンマットレスのデメリット

低反発ウレタンマットレスのデメリットを紹介します。

腰痛になることも

柔らかさゆえに腰が沈み込んだ状態が続くと、負担が集中し腰痛の原因になることも。
反発力が小さいので、寝返りするにも腰に負担がかかりがちです。寝返りしやすいマットレスを選ぶと、寝心地の良さを感じながら腰への負担を軽減できるでしょう。

洗えない

ウレタン素材は水に弱いため、基本的には洗えません。ただ、シーツやカバーをこまめに洗ったり表面を拭いたりすれば、清潔な状態を保てるでしょう。

カビが生えやすい

通気性はそこまで良くないので、敷きっぱなしにするとカビが発生することも。
しかし、陰干しや風通しの良い場所に立てかけるなど定期的なメンテナンスにより、長く使用できるでしょう。

へたりやすい

同じ姿勢で寝ると形状が記憶されてしまうため、へたりやすくなります。
「高密度」の表記があるマットレスを選んだり、体に接する面をローテーションすることでへたりをカバーできるでしょう。

ウレタンマットレスのお手入れ方法

水に弱い素材のため、洗濯やクリーニングは基本的に不向きです。しかし、手入れをすれば長く使用できます。
手間や時間がかかるお手入れ方法ではありません。ウレタンマットレスのお手入れ方法を紹介します。

定期的に陰干しする

風通しの良い場所に3~4時間立てかけると、カビやダニの発生を防げます。軽量なので立てかけるのもさほど負担にはなりません。
湿気が溜まりやすいウレタンマットレスですが、定期的にしっかり陰干しすることでクリーンな状態を保てるのです。

シーツや敷パッドはこまめに取り替える

マットレス自体は洗濯できないものの、シーツや敷パッドをこまめに取り替えることで、寝汗や汚れを落とせます。

ウレタンマットレス自体は洗濯できないものの、シーツや敷パッドをこまめに取り替えることで、寝汗や汚れを落とせる

へたり防止にはローテーションが有効

マットレスの上下、表裏をローテーションすることで、へたりを防止できます。
1ヶ所に負担を集中させないため、ウレタンマットレスを長持ちさせるのです。

ウレタンマットレスの寿命と買い替えのタイミング

ウレタンマットレスのメリット・デメリット、お手入れ方法は分かっても、寿命や買い替えのタイミングは気になりますよね。

ウレタンマットレスの寿命

一般的に低反発ウレタンマットレスの方が劣化しやすく、特に頭やお尻の部分がへこみがちです。低反発ウレタンマットレスの耐久性は3~5年、高反発ウレタンマットレスだと5~7年が目安でしょう。
ただし、体重や使い方によって寿命は前後します。先ほど説明したローテーションを行うことでへたりを防止することができ、長く使うことができます。

ウレタンマットレスの買い替えタイミング

頭や腰、お尻など加重部分がへこんだまま、反発力が弱くなっている場合は買い替えのタイミングです。
また、寝心地の悪さや寝起きに体が痛い場合も買い替えを検討した方が良いでしょう。

ウレタンマットレスのにおいについて

新品はウレタン独特のにおいがしばらく続きます。掃除機でウレタン臭の原因であるアミンを吸い込んだり、風通しの良いところで半日陰干しすると、においを軽減できるでしょう。

においを消す方法

タオルに重曹水を染み込ませ、においや汚れが気になる部分に押し当て陰干しします。
おねしょの場合はクエン酸水が有効です。

ウレタンマットレスの処分方法

ウレタンマットレスの処分方法をお伝えします。

粗大ごみに出す

自治体が実施している粗大ごみ処分に申し込みます。費用や回収方法は自治体によって異なるため、前もって確認するのがおすすめです。

家庭ごみとして廃棄する

細かくカットして一般ごみとして処分します。手間はかかりますが、コストも面倒な手続きも不要です。

新品購入時に引き取ってもらう

新しくマットレスを購入する際、下取りや引き取りをしてくれる店舗もあります。新品が届くタイミングで古いマットレスを回収してもらえると、保管場所にも困りません。

ベッド・寝具の専門店である「ビーナスベッド」ではベッドやマットレスを購入していただいた方限定で古いベッドやマットレスの引き取りを行う有料のサービスをご用意しています。

ベッド・マットレス引き取りサービスを見る

おすすめの商品

種類が豊富なウレタンマットレスのおすすめの商品を紹介します。

モットンマットレス

高反発マットレス「モットン」は日本人の体形に合わせて研究開発されたマットレスで、 「腰が重く寝不足が続く」「夜に何度も目が覚める」「寝返りをうてない」といった方におすすめです。

自然な寝返りをサポートする反発力と優れた体圧分散性が特長で、通気性が良く蒸れにくいので快適な寝心地を実現しています。
また、3タイプの硬さが用意されているので、自分の体重や好みに合わせて硬さを選べるのも嬉しいポイントです。

返金保証期間内であれば修理保証がついているので、通常使用の範囲内での故障については修理代金がかからず、 商品受け取り日から90日間のお試し期間もあるので、安心して購入できます。

区分 ウレタンマットレス
サイズ シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
価格 シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
厚み 10cm
硬さ ソフト/レギュラー/ハード
お試し期間 90日間
保証期間 90日間

モットンの特長

  1. 自然な寝返りをサポートしてくれる反発力
  2. 体圧分散性に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
  3. へたりにくい優れた耐久性
  4. 次世代高反発ウレタンフォーム「ナノスリー」による優れた通気性
  5. ダニやノミが発生しにくく衛生的
  6. 思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地
国産 高反発ウレタン ノンスプリングトッパーマットレスの商品ページはこちら

国産 高反発ウレタン ノンスプリングトッパーマットレス

波型カットのプロファイル加工を施した高密度ウレタンにより、しっかりと体圧分散を行い、理想の睡眠姿勢を整えます。敷布団としてはもちろん、マットレスの上に重ねて寝心地改善のためのトッパーとしてもご使用いただけます。圧縮梱包でお届けしますので、搬入の心配もいりません。

テンピュールマットレス フトンシンプルの商品ページはこちら

テンピュールマットレス フトンシンプル

テンピュール® 素材の寝ごこちやサポートを感じられる、3分割された折りたたみやすいデザイン。テンピュール® 素材が身体に沿ってサポートし、厚さ6cmでもより良い寝ごこちです。スリムで折りたたみやすく、収納に便利!清涼感あるカバーは取り外して洗えます。収納に便利な専用ケース付き。

シーリーマットレス コンフォーム パフォーマンス

シーリー・コンフォーム パフォーマンス

高密度のメモリーフォームと最新のジェルメモリーフォームを組み合わせ、包み込むようなサポートを実現したシーリーマットレスです。独自のポスチャーペディックテクノロジーにより、身体の一番重い部分を重点的に強化し、あなたにぴったりのサポートを提供します。

まとめ

ウレタンマットレスには高反発と低反発があります。メリット・デメリット、お手入れ方法なども踏まえて、自分の寝心地の好みや健康状態、体型に合わせて適切なマットレスを選ぶのが大切です。

創業50年以上の歴史がある寝具専門店の「ビーナスベッド」は、マットレスも豊富に取り揃えています。国内最大級のショールームで実際に寝心地を体感し、ぜひ最適なマットレスを選んでください。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す