ビーナスベッドのオンラインショップへ

一人暮らしにベッドはいらない?布団と比較した場合のメリット・デメリットを解説

公開日:2021.01.08

更新日:2023.11.13

ベッド 64,511 views

一人暮らしにベッドはいらないという意見を持っている人もいます。しかし、一人暮らしに布団とベッドのどちらが適しているかは、その人次第です。この記事では、一人暮らしにおける布団とベッドのメリット・デメリットをそれぞれ解説します。布団やベッドの上手な使い方とともに、それぞれが向いている人の特徴も解説するため、ぜひ参考にしてください。


※当サイトで紹介している商品の中には一部アフィリエイト広告を利用しているものがあります。


一人暮らしで布団を使うメリット・デメリット

一人暮らしで布団を使う場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここでは、それぞれについて解説します。

一人暮らしで敷き布団を使うメリット・デメリットを解説します。

メリット

まずは、一人暮らしで布団を使うメリットについて解説します。

安く購入できる

布団はベッドよりもリーズナブルな値段のものが多いです。そのため、買い替えが必要になればすぐに新しいものに交換できます。

部屋を広く使える

布団を使わないときは、たたんでコンパクトに収納が可能です。一人暮らしの部屋は狭い場合が多いですが、寝具を収納できれば限られたスペースを有効活用できます。

清潔に保ちやすい

布団は持ち運びが簡単なうえに、頻繁に干して湿気を飛ばすことができます。また、素材にもよりますが、自宅での洗濯が可能です。こまめに手入れができるため、寝具を清潔な状態に保つことができるというメリットもあります。

デメリット

以下では、一人暮らしで布団を使うデメリットについて解説します。

収納場所を確保する必要がある

一人暮らしの収納は限られている場合も多いです。布団を収納すれば部屋のスペースを広くできますが、他のものを収納するスペースを確保しづらくなる恐れもあります。

毎日の出し入れに手間がかかる

布団は毎日出したりしまったりしなければならないため、面倒だと感じる人もいます。面倒だからといって出したままにしておくと、布団がほこりっぽくなってしまいます。

冷えやすい

布団は床に直接敷き、ベッドよりも床に近い位置で寝ることになります。そのため床の冷えが伝わりやすく、特に冬は寒さを感じやすくなります

一人暮らしでベッドを使うメリット・デメリット

一人暮らしでベッドを使う場合も、メリットとデメリットの両方があります。ここでは、それぞれについて解説します。

一人暮らしでベッドを使うメリット・デメリットを解説します。

メリット

まずは、一人暮らしでベッドを使うメリットを解説します。

ほこりっぽくなりにくい

ベッドは布団よりも床から距離があるため、寝具がほこりっぽくなりにくいです。床とベッドの間に隙間があることで、寝具に湿気がたまりにくいというメリットもあります。

インテリア性が高い

ベッドによってデザインはさまざまで、インテリアのひとつとしても楽しめます。部屋のイメージにあうものを選べば、空間がより華やかになります。棚やコンセントがついている機能的なベッドもあるため便利です。

すぐに寝られる

ベッドは部屋の家具として配置するため、使うたびに出し入れする必要がありません。常に寝られる状態で、横になりたいときはすぐに使用できます。

デメリット

ここでは、一人暮らしでベッドを使うデメリットについて解説します。

清潔に保つには手間がかかる

ベッドは、布団のように気軽に日干ししたり洗濯したりできません。手入れをしなくていいというわけではなく、乾燥させないと湿気がたまってカビが生える恐れがあります。

置くためのスペースを確保する必要がある

ベッドを置くためには、ある程度のスペースを確保しなければなりません。もともと一人暮らしの部屋は狭い場合が多く、ベッドを置くとさらに空間が狭くなってしまいます

価格が高い

布団と比較すると、ベッドの価格は高めです。マットレスだけでなく、ベッドフレームも揃える必要があるため、一式をまとめて購入すると高額になる可能性があります。


一人暮らしにおける布団の上手な使い方

一人暮らしで布団を使いこなすには、ちょっとしたコツがあります。以下でくわしく解説します。

すのこを敷いて使用する

布団を敷くときは、下にすのこを敷いておくと、布団と床の間にすき間ができ、湿気がたまるのを防げます。

布団を敷くときは、下にすのこを敷いておきましょう。布団と床の間に隙間ができ、湿気がたまるのを防げます。また、床から布団の距離が少し離れるため、ほこりっぽさも軽減できます。布団専用のすのこも販売されており、折りたたんで収納できて便利です。

▼ おすすめのすのこマット ▼

三つ折り天然総桐すのこマット

天然の桐材を100%使用した三つ折りすのこマット。1枚1枚にスリットの入ったすのこの通気性と天然桐ならではの調湿、耐熱効果で一年中快適です。

天然総桐だから軽くて、女性やお年寄りの方でも毎日苦労なくサッと手軽に使えます。また、お部屋の床に布団やマットレスを直置きするのではなく、桐すのこマットを1枚挟むだけで、寝具の通気性が改善し、不快なカビやダニ、また冬の結露の発生を抑制します。

このすのこマットは三つ折りにできるだけでなく、さらに縦に二分割できるため、使わないときはコンパクトで省スペース。山折り状態にすれば布団を干すことができ、さらなる湿気対策もできます。

公式サイトはこちら

昼間に干す

布団を干すときは、湿気を取り除きやすい昼間の日差しが強い時間帯を狙いましょう。夏なら10~14時頃、冬なら11~13時頃が最適です。夕方になると湿気が増えてカビが発生しやすくなるため、布団を干すのは控えましょう。

ソファやクッションの代わりとして使う

布団を収納するスペースを確保できない場合は、丸めて大きな布製の袋に入れましょう。そのまま部屋のなかに置けば、ソファやクッションのように使用できます。袋の色やデザインを工夫するとインテリアとしても楽しめるため、一人暮らしの人におすすめです。

▼ おすすめのソファベッド ▼

タモ突板伸長式ソファベッド Reija

優しい木の風合いと美しい木目が楽しめる、北欧ビンテージ調デザイン・ソファベッド 「レイヤ」。天然木タモ突板を使用した木製フレームで、木のある暮らしの心地よさを日常にプラスします。

床面を前方向にスライドさせることで昼は3人掛けのソファ、夜はシングルサイズ相当のすのこベッドとして使え、ミニマムな暮らしにフィットする2WAY・伸長式。

セットのマットレスは、ソファベッド向けのマットレスではなかなかないポケットコイル仕様。一つ一つ独立したポケットコイルが、寝る人の体格や体重に合わせて沈み込み、体圧をうまく分散してくれます。 座っても良し、寝ても良しな画期的なソファベッドです。

公式サイトはこちら

一人暮らしにおけるベッドの手入れ方法

一人暮らしでベッドをきれいに使うには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、ベッドの手入れ方法を解説します。

こまめに掃除機をかける

ベッドは洗濯できないためこまめに掃除機をかけ、マットレスについているほこりを吸い取りましょう。

ベッドは洗濯できないため、そのまま放置しているとどんどんほこりがたまります。こまめに掃除機をかけ、マットレスについているほこりを吸い取りましょう。掃除機をかけた後は消臭スプレーや除菌スプレーを吹きかけると、より清潔な状態を保ちやすくなります。

マットレスを立てかけて乾かす

マットレスの湿気を取るには、定期的に立てかけて乾燥させることが大切です。

マットレスは布団に比べて湿気がたまりにくいですが、毎日使っていれば少なからず湿気がたまります。マットレスの湿気を取るには、定期的に立てかけて乾燥させることが大切です。特にマットレスの底を空気に当てるようにすると、湿気を発散させやすくなります。

シーツは週1~2回交換する

シーツは週に1~2回の頻度で交換すると、ベッドを清潔に保ちやすくなります。

シーツは直接肌に触れるため、ベッドのなかでも特に汚れやすい部分です。そのため、こまめに洗濯して取り替える必要があります。できれば週に1~2回の頻度で交換すると、ベッドを清潔に保ちやすくなります。ベッドパッドやマットレスプロテクターなどを使用している場合も、シーツと同じ頻度で洗濯しましょう。


ベッドはいらない?一人暮らしでは布団とベッドのどちらが向いているか?

一人暮らしには、布団とベッドのどちらが向いているのでしょうか。ここでは、それぞれが向いている人の特徴を解説します。

布団が向いている人の特徴

布団が向いているのは、狭い部屋でなるべくたくさんのスペースを確保したい人・こまめに洗濯や片付けができる人です。

布団が向いているのは、狭い部屋でなるべくたくさんのスペースを確保したい人です。できるだけ費用を抑えて寝具を購入したい人にも向いています。また、使用する毎日のことを考えると、こまめに洗濯や片付けができる人がよいでしょう。布団はこまめに手入れをしないと、湿気やほこりがたまって不衛生な状態になります。布団は洗濯できるため、寝具をいつも清潔に保ちたい人にもおすすめです。

ベッドが向いている人の特徴

ベッドが向いているのは、ベッドを置くためのスペースを確保しても部屋に余裕がある場合・なるべくおしゃれな空間にしたい人・いつでも横になれる状態にしておきたい人です。

ベッドが向いているのは、ベッドを置くためのスペースを確保しても部屋に余裕がある場合です。また、寝具のインテリア性を重視しており、なるべくおしゃれな空間にしたい人にも適しています。布団の上げ下ろしをするのが面倒で、いつでも横になれる状態にしておきたい人にもおすすめです。こまめに寝具の手入れをするのが難しい人にも最適です。

結局どちらを選ぶべき?

一人暮らしのためにわざわざベッドを用意する必要はないという人もいますが、布団とベッドにはいずれもメリットとデメリットの両方があります。そのため、どちらがいいかについては、それぞれの状況によって異なります。好みもあるため、特徴を踏まえつつ自分にとって最適だと思うほうを選びましょう。

一人暮らしにおすすめのベッド(マットレス・フレーム)

一人暮らしでは、どのようなベッドを選ぶといいのでしょうか。ここでは、おすすめのマットレスやフレームを紹介します。

フレーム

ここでは、一人暮らしにおすすめのベッドフレームを紹介します。

2口コンセント付きの木製ベッド LAISIR(レジー)

2口コンセント付きの木製ベッド LAISIR(レジー)の商品ページはこちら

癖のない3枚板デザインのヘッドボードと落ち着いたブラウンカラーが特長の「レジー」。シックなお部屋に馴染むのはもちろん、明るいお部屋には美しいコントラストをつけるので、どのようなお部屋にもよく合います。

適度な厚みがあるヘッドボードには携帯やメガネ、目覚まし時計などベッド周りに集まりがちな小物を置けて便利。また、2口コンセント(スライド式)もついていて機能的です。

床版はスノコ仕様なので、通気性も抜群。サイドレールの取り付け位置と付属の脚の付け外しで2段階の高さ調節も可能。表面は塩ビ素材なので、キズや汚れに強いのもポイントです。

木製棚付すのこベッド Selja

北欧天然木の棚付きすのこベッド「セリヤ」。 フレームには、自然なあたたかみのある風合いが魅力の北欧産天然木をふんだんに使用。シンブルモダンなカントリー調デザインなのでどんなお部屋にもぴったりです。

主張しすぎない、シンプルなカントリー調デザインのヘッドボードには、仕切りの付いた棚があり、小物を仕分けて置くのに便利です。 2口コンセントも備えているため、スマホ等の充電もできます。

床面は通気性の良いすのこ仕様で、オールシーズン快適。 床面下に収納ボックスを入れたりして有効活用することも可能。ベッドのカラーは3色、マットレスセットや収納付きタイプもあります。

公式サイトはこちら

棚・コンセント付収納ベッド LESTER

便利な宮付き・コンセント付きの高機能収納ベッド「レスター」。程よく艶感のあるホワイトのシンプルなシルエットは北欧感もあり、モダンでスタイリッシュな印象もあります。

読みかけの本や観葉植物を置きやすい上段の棚と、メガネやスマホを置くのに便利な下段の2段仕様。下段にはホコリが入りにくく安全なスライド式の一口コンセントとLED照明のスイッチがついています。

洋服やタオルや小物などを収納できる引き出しを2杯装備。奥のスペースも収納場所になっており、引き出しはお部屋のレイアウトに合わせて組み立て時に左右の設置向きを選べます。

公式サイトはこちら

ファブリックベッド ロイールII

布製・ファブリックベッドロイールⅡの商品ページはこちら

クラシカルな趣を持ちながらも、シンプルで飽きのこないデザインの「ロイールⅡ」。ヘッドのボードの裏側・サイドフレーム・フットボードまで、しっとりと手触りの良い上質なファブリック素材で仕上げてあります。

高級ホテルのようなヘッドボードの独特のステッチとボタンも特徴的。約16cmの厚みがあり、スマホや時計など置けて、小物置きとしても便利です。

フレームを固定する金具は幅広のものを使い、強度も抜群。あたたかみのあるファブリック生地が、お部屋に柔らかい印象を与えてくれ、置くだけでハイセンスな高級感のある寝室を演出してくれるおしゃれな布製ベッドです。

おしゃれなデザインパイプベッド OPERA(オペラ)

おしゃれなデザインパイプベッド 「OPERAオペラ)」はこちら

「オペラ」は、パイプベッドならではの華奢なラインと高級感あふれるデザインが特長のベッドです。

ヘッドボードは映り込むほど艶やかなゴールド仕上げで、ラグジュアリー感漂う、華やかな空間を演出してくれます。

マットレスを置く床版は通気性のよいスリット仕様。ベッド下は27cmの高さがあるので収納スペースとして空間を有効活用でき、デッドスペースなく快適に過ごせます。ベッド脚の裏にはお部屋が傷つきにくい保護キャップがついています。

マットレス

まずは、一人暮らしにおすすめのマットレスを紹介します。

モットンマットレス

高反発マットレス「モットン」は日本人の体形に合わせて研究開発されたマットレスで、 「腰が重く寝不足が続く」「夜に何度も目が覚める」「寝返りをうてない」といった方におすすめです。

自然な寝返りをサポートする反発力と優れた体圧分散性が特長で、通気性が良く蒸れにくいので快適な寝心地を実現しています。また、3タイプの硬さが用意されているので、自分の体重や好みに合わせて硬さを選べるのも嬉しいポイントです。

返金保証期間内であれば修理保証がついているので、通常使用の範囲内での故障については修理代金がかからず、 90日間のお試し期間もあるので、安心して購入できます。

区分 ウレタンマットレス
サイズ シングル:97×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
価格 シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円
厚み 10cm
硬さ ソフト/レギュラー/ハード
お試し期間 90日間
保証期間 90日間

モットンの特長

  1. 自然な寝返りをサポートしてくれる反発力
  2. 体圧分散性に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
  3. へたりにくい優れた耐久性
  4. 次世代高反発ウレタンフォーム「ナノスリー」による優れた通気性
  5. ダニやノミが発生しにくく衛生的
  6. 思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地
  • 弊社のスタッフが実際にモットンマットレスを試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

SOMRESTA マットレス PREMIUM

「SOMRESTAマットレスPREMIUM」は欧米有名ブランドにも劣らない高品質で、日本人に合った寝心地と豊富な機能を持ったプレミアム高反発マットレスです。

高い吸放湿性や消臭・抗菌防臭・防ダニ・低ホルムアルデヒドなどマットレスにあると安心の機能がたくさん詰め込まれています。キルティングカバーも外して洗うことが可能なので、衛生的に使用することができるのも嬉しいポイントです。また、日本のメーカーが企画から生産指示、輸入、直売まで一貫して行うため余計なコストが全てカットされており、 高品質でありながらお買い求め易いお値段になっています。

睡眠不足や不眠、腰痛、肩こり、寝つきが悪い、しっかり寝たはずなのに翌朝疲れている、などのお悩みがある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

SOMRESTAマットレスの特長

  1. 反発性に優れ、自然な寝返りをサポート
  2. 体圧分散性に優れ、腰や肩への負担を軽減
  3. へたりにくい優れた耐久性

COUPON

※現在、下記の期間で「SOMRESTA マットレス PREMIUM」が15%OFFになる新春セールを開催しているので、気になる方はこのタイミングで購入するのがおすすめです!

▽ 開催期間 ▽
2024/1/1(月) ~ 2024/1/28(日)

※ 商品を購入する際、カート画面で次のクーポンコードをコピーして貼り付けてください!

som10off

POINT

※下記の期間に「ソムレスタ マットレス」を購入するとオリジナルシーツとマルチクッションがもらえる新春お年玉プレゼントキャンペーンを実施しているので、気になる方はこのタイミングで購入するのがおすすめです!

▽ 開催期間(数量限定)▽
2023年1月1日(日) ~ 2023年1月25日(水)

※ 期間中でも数量が上限に達した場合、終了している場合があります。
  • 弊社のスタッフが実際にSOMRESTAマットレスPREMIUMを試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

くじらマットレス

くじらマットレスは「睡眠にこだわり始めた方」「良い寝具に挑戦したい方」「自分に合うマットレスを見つけたい方」におすすめな新提案のウレタンマットレスです。

最大の特長は、硬さの異なる6枚のパーツの組み合わせを変えることで60パターンの中から寝心地を追求できる硬さ調整機能。腰や肩の沈み具合を実際に寝ながら調節できるので、寝姿勢を整え、寝返りがしやすくなります。

また、三つ折りできるため、持ち運び・収納・お手入れもらくらく。しっかりとした厚みがあり1枚でも底つき感なく、ベッドや敷き布団と重ねてもOKなので、生活スタイルが変わっても長く使うことができます。

くじらマットレスの特長

  1. 60パターンから自分好みの硬さに調整可能
  2. お手入れしやすいコンパクトな三つ折り
  3. 簡単着脱で洗える紺色のカバー
  4. ベッドや敷布団に重ねても、畳・床に直置きしてもOK
  5. 安心の高品質な日本製
  • 弊社のスタッフが実際にくじらマットレスを試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

ブレインスリープマットレス

「ブレインスリープマットレス」は「寝ても日中眠くてしかたない」「朝起きても疲れがとれない」「朝起きたら腰が痛い」「脚がむくみやすい」 などのお悩みがある方におすすめなマットレスです。

脚・腰・肩を支える三次元構造体の「フロートテクノロジー」で究極のリラックス姿勢を実現。また、独自の三次元構造体「グリーンファイバー(特殊素材)」を採用し、圧倒的な通気性で熱がこもらないことで快適な睡眠環境を整えます。

「フロートオーバーレイ」は極上の寝心地でありながら、三つ折りができて軽量・省スペース。手持ちのマットレスや敷布団の上に重ねても、床や畳に直接敷いても使えます。

サイズ シングル:100×195cm
セミダブル:120×195cm
ダブル:140×195cm
クイーン:160×195cm
キング:180×195cm
価格 シングル:88,000円
セミダブル:99,000円
ダブル:110,000円
クイーン:132,000円
キング:176,000円
※フロートオーバーレイの価格です
厚み ■フロートオーバーレイ
肩腰部5cm / 脚部9cm

■プレミアムマットレス
肩腰部20cm / 脚部24cm
硬さ やや硬め

ブレインスリープマットレスの特徴

  1. 脚を上げることで全身の循環を高め、むくみや疲れの解消効果を促進
  2. 中央から肩に向かって段階的に反発力を高めることで肩が内側に入り呼吸しやすい
  3. 深部体温をコントロールする超通気性
  4. 100%再生素材でエコかつシャワーで丸洗い可能
  • 弊社のスタッフが実際にブレインスリープマットレスを試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

一人暮らしにおすすめの敷き布団

最後に、軽くて持ち運びも簡単に行える、一人暮らしの方におすすめの敷き布団を紹介します。

雲のやすらぎプレミアム敷布団

「雲のやすらぎプレミアム敷布団」 は「リモートワークで腰痛になった」「寝ても疲れがとれない」などのお悩みのある方におすすめな極厚17cm・5層構造の敷布団です。

まるで浮いているような寝心地の秘密は腰・背中・お尻などの負担を徹底研究してつくられた独自の体圧分散製法。また、夏は通気性・防ダニ・抗菌・防臭、冬は抜群の弾力・保温力・吸収力を発揮してくれるリバーシブル設計で、オールシーズン快適。安心の日本製で、へたりにくさ99.9%も実証済。

寝具業界では最長水準の100日間の返金保証キャンペーンも実施中。まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

POINT

※2023年1月31日(火)までの期間限定で「雲のやすらぎプレミアム敷布団」を含むセットが 最大半額 となる「新春快眠フェア」を開催しているので、気になる方はこのタイミングで購入するのがおすすめです!

  • 弊社のスタッフが実際に雲のやすらぎプレミアム敷き布団を試してみたレビュー記事がこちらにありますので、開封の様子や使ってみた感想が気になる方はチェックしてみてください!

まとめ

ベッドにも布団にも、それぞれメリットやデメリットがあります。一人暮らしをする際は、それぞれの特徴を理解したうえで自分により適しているものを選ぶことが大切です。実際に暮らす部屋の様子を考慮しながら、最適な寝具を選びましょう。

ビーナスベッドは日本最大級のベッドショールームを持つ専門店です。オリジナルベッドに加えて、国内外のブランドベッドを取り揃えています。

また、 当店ではベッドやマットレスをご購入いただくと、設置場所までの移動と開梱、組立設置、大量に出るダンボールや発泡スチロールなどの梱包資材の処分まで、配送員が全ての作業を無料で行います。 時間の節約にもなり、組立に自信がない方も安心です。

一人暮らしで使用するベッドについてぜひ専門アドバイザーに相談してみてください。

おすすめ記事

  • 腰痛におすすめのマットレスとは?選び方や注意ポイントも紹介
  • 枕なしで寝るのはOK?メリット・デメリットや質のよい睡眠環境を整えるコツを解説
  • 寝る前のコーヒーは睡眠改善に効果的?よりよい睡眠のために知っておきたい正しい飲み方
  • 横向き寝の人におすすめなマットレスとは?正しい選び方やおすすめ商品を紹介
  • マットレスにそのまま寝るのはNG?何を敷くのが正解?原因と対処法を解説
  • 寝ている時にビクッとなるのはどうして?原因と対策を紹介
  • 寝具専門店がおすすめする高反発マットレス8選!比較ランキングや選び方も紹介
  • ストレートネックの改善におすすめの枕7選|枕選びのポイントも紹介

寝具専門店おすすめのマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレス

NERUSIA高弾性ウレタンマットレスは、 硬めのウレタンフォームがしっかりと身体を支えつつ、厚み2cmの中綿入りキルティングカバーによりフィット感のある寝心地を実現したマットレスです。

業界トップクラスの反発力73%の高弾性ウレタンが自然な寝返りをサポートしてくれるため、肩こりや腰痛、寝起きの疲れなどのお悩みをお持ちの方にもおすすめです。

キルティングカバーは夏面(吸汗速乾わた使用)と冬面(吸湿発熱わた使用)に分かれているため、1年中快適にご使用いただけます。防ダニ・抗菌・防臭加工を施しており、耐久性も高く、ロール状に三つ折りが可能など、マットレスに欲しい機能を全て詰め込んだ高品質・高機能マットレスに仕上がっています。圧縮梱包でお届けしますので、搬入の心配もいりません。

雲のやすらぎプレミアムマットレス

「雲のやすらぎプレミアムマットレス」 は「リモートワークで腰痛になった」「寝ても疲れがとれない」などのお悩みのある方におすすめな極厚17cm・5層構造のマットレスです。

まるで浮いているような寝心地の秘密は腰・背中・お尻などの負担を徹底研究してつくられた独自の体圧分散製法。また、夏は通気性・防ダニ・抗菌・防臭、冬は抜群の弾力・保温力・吸収力を発揮してくれるリバーシブル設計で、オールシーズン快適。安心の日本製で、へたりにくさ99.9%も実証済。さらにカバーも取り外して洗える新機能を搭載。

寝具業界では最長水準の100日間の返金保証キャンペーンも実施中。まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

エマ・マットレス

商品リンク

「エマ・マットレス」は「寝ている時に腰の痛みで目が覚める」「寝るまでに時間がかかる」「十分に寝ていても疲れを感じる」といった悩みをお持ちの方におすすめなマットレスで、体圧分散性の高さと、通気性の良さが特徴です。寝返りもしやすいので身体の一点に負荷がかかることも少なくなります。

「エマ・マットレス」には100日のお試し期間が設けられているので気軽に試すことが出来るのもポイントです。耐用年数が高く、10年保証も付いているので、安心して購入することができます。

NELLマットレス

「NELLマットレス」は「株式会社Morght」と老舗マットレス会社が共同開発したポケットコイルマットレスです。腰部分に硬めのポケットコイルを配置することで睡眠中の自然な寝返りをサポートしてくれるので、寝ている間に体にかかる負荷を軽減してくれます。また、薄いウレタンと不織布を交互に重ねた詰め物を使用ているので、通気性がよく、寝ている間の深部体温を下げ、気持ちのよい眠りを実現してくれます。

商品が到着してから120日のトライアル期間が設けられているのも嬉しいポイントです。特に、マットレスは実際に何日間か試してみないと寝心地などがわからないので、自分に合うマットレスを探している人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

SOMRESTA マットレス PREMIUM

商品リンク

「SOMRESTAマットレスPREMIUM」は欧米有名ブランドにも劣らない高品質で、日本人に合った寝心地と豊富な機能を持ったプレミアム高反発マットレスです。

高い吸放湿性や消臭・抗菌防臭・防ダニ・低ホルムアルデヒドなどマットレスにあると安心の機能がたくさん詰め込まれています。キルティングカバーも外して洗うことが可能なので、衛生的に使用することができるのも嬉しいポイントです。また、日本のメーカーが企画から生産指示、輸入、直売まで一貫して行うため余計なコストが全てカットされており、 高品質でありながらお買い求め易いお値段になっています。

睡眠不足や不眠、腰痛、肩こり、寝つきが悪い、しっかり寝たはずなのに翌朝疲れている、などのお悩みがある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Profile プロフィール

Item カテゴリーで商品を探す

Ranking 人気の記事

New 新着記事

NELLマットレスクーポン

Tags タグで記事を探す